« JR西日本、福井県北陸トンネルの湧水で1.2kWの小水力発電試験を実施 | トップページ | どのように進む、買い取り(調達)価格の改定。注目は、太陽光と洋上風力 »

東芝、トルコ西部のアラシェヒル地熱発電所向け40MW級発電設備一式を受注

 東芝は、トルコ西部のアラシェヒル地熱発電所向け40MW(4万kW)級発電設備一式を受注しました。トルコの大手電力事業者のゾルルエナジー社が、トルコ西部に建設を予定しているアラシェヒル地熱発電所向けのタービン向けの地中からの蒸気を直接利用する3万kW級のフラッシュ型発電設備と、沸点の低い媒体で加熱した蒸気を利用する1万kW級バイナリー型発電設備を組み合わせた4万キロワット級の発電システム、そして腹水器など一式の受注です。
 トルコでは、国内の企業が地熱関連の事業を受注していますが、東芝にとって今回のシステムが初の地熱発電システムの受注となります。
 2014年10月に設備を納入、そして2015年10月から運転開始の予定です。

プレスリリース / 東芝、2014年01月08日
トルコにおける地熱発電所向け発電システムの受注について

" ......トルコの大手電力事業者のゾルルエナジー社から、同社がトルコ西部に建設を予定しているアラシェヒル地熱発電所向けのタービン、発電機、復水器など発電設備一式を受注しました。当社の性能や納期、機器の信頼性などが評価されたもので、2014年10月から順次納入する予定です。

 今回受注したのは、地中からの蒸気を直接利用する3万キロワット級のフラッシュ型発電設備と、沸点の低い媒体で加熱した蒸気を利用する1万キロワット級バイナリー型発電設備を組み合わせた4万キロワット級の発電システムで、当社としてはトルコで初めての地熱発電設備の受注となります。

 トルコでは、今後の人口の増加や内需の拡大に伴い発電需要が増加することが見込まれています。トルコ政府は、地熱資源が豊富な西部を中心に開発を進め、2023年までに国内の地熱発電量を現在の30万キロワットから倍増させる計画です。

 当社は北米、東南アジア、欧州など世界各国に52台、約280万キロワットの地熱発電設備を納入し、世界トップの23%注のシェアを占めています。去年8月にはトルコおよび周辺国における電力システム事業の強化に向け、東芝トルコ社を設立しました。今回の受注を機に、トルコに加え、東アフリカ地区で計画されている地熱発電案件への参画に向け、営業活動を加速するとともに、火力発電をはじめ、水力発電、風力発電など多様なエネルギーの安定供給に取り組んでいきます。

注:発電設備容量ベース(当社調べ)

受注の概要
発電所名 アラシェヒル地熱発電所
発注者 ゾルルエナジー社
所在地 トルコ マニサ県アラシェヒル
納入設備 フラッシュ型3万キロワットタービン、バイナリー型1万キロワットタービン、発電機、復水器、冷却塔、ガス抽出装置 
設備納入予定 2014年10月(予定)
運転開始予定 2015年10月(予定)
.......... "

関連
地熱発電とは? - 東芝地熱発電の歴史と実績


参考
住友商事、トルコにて地熱発電所向け60MWの富士電機製蒸気タービン&発電機を受注-----ソフトエネルギー、2011/07/26

トルコ ゲルメンチック地熱発電所2号機向け蒸気タービンを受注 1号機向けに続き連続受注-----三菱重工、2013年6月27日

参考ツィート
・Twilog : #renewturkey(トルコの再生可能エネルギーに関する情報)

・Twilog : #renewgeothermal(地熱発電に関する情報)



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« JR西日本、福井県北陸トンネルの湧水で1.2kWの小水力発電試験を実施 | トップページ | どのように進む、買い取り(調達)価格の改定。注目は、太陽光と洋上風力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東芝、トルコ西部のアラシェヒル地熱発電所向け40MW級発電設備一式を受注:

« JR西日本、福井県北陸トンネルの湧水で1.2kWの小水力発電試験を実施 | トップページ | どのように進む、買い取り(調達)価格の改定。注目は、太陽光と洋上風力 »