« 環境省のH26年度概算要求。潮流発電技術実用化推進事業に6億円を計上 | トップページ | パナソニック、225Wp両面発電型太陽電池モジュール 新・HITダブルの受注開始 »

2016年完成予定の北海道電力新岩松発電所、水力-出力16,000kW。重要電源開発地点に指定

 北海道電力が6月に申請していた「重要電源開発地点」としての指定が、経済産業省により認められました。重要電源開発地点とは、今後の電力の需給の要請に基づき、総合的な判断により、電源開発に係る地元合意形成や許認可の円滑化などを目的として、重要電源関係府省協議会の審議を経て、経産省が定めるものです。水力の場合は、出力1万kW(10MW)以上の規模で、ダムの設置を伴うものなどが対象とされるようです。
 今回の指定により、各種許認可手続きの円滑化が図られ、迅速な発電所建設に向けて動きだすことになります。

 北海道電力新岩松発電所は、十勝川に建設される、出力16,000kW(16MW)の調整池式・ダム水路式の水力発電所です。営業運転開始は、2016(平成28)年1月の予定です。

 今回の新設に伴い、1941年に完成して、2015年4月まで運用される岩松発電所 (12,600kW、12.6MW)は取り壊されるということです。岩松発電所と新岩松発電所の入れ替えには、ちょっと現場を是非みてみたいという思いが募ります。興味深い工事です。
 

プレスリリース / 経済産業省、平成25年9月18日
北海道電力新岩松発電所を重要電源開発地点として指定しました

"本件の概要
経済産業省は、9月18日付けで、北海道電力株式会社新岩松発電所を重要電源開発地点として指定しました。

”1.重要電源開発地点の指定とは
 重要電源開発地点の指定は、電源開発に係る地元合意形成や許認可の円滑化などを目的として、経済産業大臣が行うものであり、指定にあたり重要電源関係府省協議会(経済産業省、内閣府、総務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、国土交通省、環境省が構成員)において審議を行うこととされています。(「重要電源開発地点の指定に関する規程」(平成17年2月18日経済産業省告示第31号))

2.重要電源開発地点の指定の内容
 事業者の名称:北海道電力株式会社
 発電所の名称:新岩松発電所
 発電所の位置:北海道上川郡新得町
 方式:調整池式・ダム水路式
 発電施設の最大出力:1.6 万 kW
.......... ”-----発表資料「北海道電力新岩松発電所を重要電源開発地点として指定しました(PDF)より
.......... "

関連
新岩松発電所に係る重要電源開発地点指定申請について-----北海道電力、2013年6月28日

"..........新岩松発電所(水力、出力16,000kW、平成28年1月運転開始予定)について、本日、経済産業大臣に対し、重要電源開発地点指定に向けた申請を行いました。

 このたびの申請は、「重要電源開発地点の指定に関する規程(平成17年2月18日経済産業省告示第31号)」に基づくものです。
 重要電源開発地点は、推進することが特に重要な電源開発に係る地点について、電気事業者等の申請に基づき、地元合意形成や関係省庁における許認可の円滑化などを図るために、経済産業大臣が指定を行うものです。

 今後、国において、地点指定に向けての検討が進められることとなりますが、当社は、引き続き新岩松発電所の立地に向けて、地域のみなさまにご理解をいただけるよう努めてまいります。

【添付資料】
”..........
申請理由
 水力発電は、CO2を排出しない再生可能エネルギーのひとつであり、エネルギーセキュリティーの確保および低炭素社会の実現の観点から注目されていることに加え、当社では、以下の観点から新岩松発電所を電力需給対策上重要な発電所と位置づけている。

・道内における将来的な電力需要の増加に対し、さらなる供給力の確保が必要な状況にあること
・当該発電所は相応の出力を有しており、北海道の需要規模を踏まえると重要な供給力であること

 このことから、同発電所が地点として指定されることにより、高いアナウンスメント効果が得られるほか、発電所の建設および運転に必要となる各種許認可手続きの円滑化が図られるなど、今後の立地促進に高い効果が見込まれるため、このたび申請を行うものである。
..........
3.新岩松発電所の概要
 所在地 上川郡新得町
 水系及び河川名 十勝川水系 十勝川
 発電方式 調整池式・ダム水路式
 最大使用水量 45.00㎥/s
 最大出力 16,000kW
 工事着工 平成25年7月(予定)
 営業運転開始 平成28年1月(予定)
..........


Hepco_hydro_iwamatsu_plan
-----image : 上下とも同資料より-----

Hepco_hydro_iwamatsu_plan2
.......... ”-----重要電源開発地点指定申請の概要[PDF:482KB]より

重要電源開発地点の指定制度の概要[PDF:85KB]
.......... "

・Wikipedia : 岩松ダム

参考
Hepco_hydro_iwamatsu
-----image : Googleマップで、岩松発電所をみる。

・北海道 : 新岩松発電所新設工事環境影響評価準備書に係る審議



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« 環境省のH26年度概算要求。潮流発電技術実用化推進事業に6億円を計上 | トップページ | パナソニック、225Wp両面発電型太陽電池モジュール 新・HITダブルの受注開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016年完成予定の北海道電力新岩松発電所、水力-出力16,000kW。重要電源開発地点に指定:

« 環境省のH26年度概算要求。潮流発電技術実用化推進事業に6億円を計上 | トップページ | パナソニック、225Wp両面発電型太陽電池モジュール 新・HITダブルの受注開始 »