« JX日鉱日石エネルギー、独自開発の1.2kWのパワコンでマンション向け戸別太陽光発電システムを販売 | トップページ | 米ソラジン社 Solazyme、2015年までにコロンビアでセルロースを材料に、緑藻で作るバイオ燃料の量産化計画をスタート »

ソーラーフロンティア、10メガワットのCISモジュールをサウジアラムコのノースパーク・プロジェクトに供給

ソーラーフロンティアが、10メガワットのCISモジュールをサウジアラムコのノースパーク・プロジェクトに供給することが決まった。オフィス複合施設ノースパークの4,450 台収容の駐車場の屋根に10MWpの太陽電池を設置、この施設で昼間に消費する電力分を賄う能力がるということです。

 サウジアラビアの日射条件は、7 キロワット時/平方メートル以上あるということです。日本の平均が3.8キロワット時/平方メートル程度ということですから、倍ということです。

プレスリリース / ソーラーフロンティア、2010年10月28日
ホームページ / ソーラーフロンティア、10メガワットのCISモジュールをサウジアラムコのノースパーク・プロジェクトに供給

Sfsaudiarabia10mw
-----image(ノースパーク・プロジェクトのイメージ図) : 上記リリースより

" 中東における供給拡大に向け、サウジアラビア王国の大規模太陽光発電所にモジュールを本格供給
.....合意にもとづき、サウジアラビア王国ダーラン市にあるサウジアラムコのオフィス複合施設「ノースパーク・コンプレックス」へ電力を供給するため、敷地内の駐車場の屋根上にカドミウムや鉛を含まない CIS 薄膜太陽電池モジュールを設置します。完成は 2011 年末を予定しており、太陽電池が設置された駐車場として世界最大規模となる見込みです。

今回のプロジェクトへの参画により、ソーラーフロンティアは、サウジアラビア王国において CIS 太陽電池モジュールを本格的に供給することになります。モジュールは車両 4,450 台収容の駐車場(16~18 ヘクタール)の屋根上に設置され、発電電力は敷地内のオフィスビルで日中に使用される全ての電力量を賄うことができます。なお、発電が見込まれる電力量は一般家庭 6,000 戸分の電力に相当します。

サウジアラビア王国は、一日あたりの日照時間が 12 時間と長く、エネルギー量にすると 1 ㎡あたり7 キロワット時であり、これは「太陽の国」と言われているスペインを上回ります。そのため、太陽光事業には最適の地と言えます。
.......... "

関連
Saudi_arabianorthparkgoogle 
-----image : Google map "North Park Office Complex(サウジアラビア ザフラーン)"より

Order Focus: Solar Frontier tapped to supply 10MW of CIS solar modules for Saudi project-----pv-tech.org,28 October 2010

コメント続き

 ソーラーフロンティアは、前身が昭和シェル石油の太陽光発電の子会社昭和シェルソーラーです。以前は、単結晶の太陽電池などを製造していました。現在は、ソーラーフロンティアとなり、CIS薄膜太陽電池の製造販売に特化し、現在は国内だけでなく、海外への積極展開の動きを見せています。

 発表された最近のプレスリリースには、

-2010年10月13日ソーラーフロンティアとGE、CIS太陽電池モジュールの供給で提携
-2010年10月19日ソーラーフロンティアとIBM、CZTS太陽電池の共同開発で合意

 というようなものがあります。CZTS太陽電池とは、Wikipediaによると、最近開発が始まった材料系、Cu2ZnSnS4という化合物からなる太陽電池で、CIS系に似ているが、利用する材料がより豊富かつ安価であるのが特長、ということです。IBMでは、今年のはじめに変換効率9.6%のCZTS系太陽電池の開発に成功しています。ソフトエネルギーでも2月に取り上げました。

レIBMラボ、地球上に豊富にある材料で化合物系の太陽電池を開発。世界記録となる変換効率9.6%を達成-----ソフトエネルギー、2010/02/16

 この時の記事では、「IBMが銅(Cu)、錫(Sn)、亜鉛(Zn)、硫黄(S)、セレン(Se)という比較的豊富にある材料から高い効率の化合物系の太陽電池を開発したと発表しました。発表によれば、これまでより40%も効率をあげ、変換効率9.6%を達成し、既存の化合物系太陽電池と競合できるレベルに達したということです。」と紹介しています。

 材料が豊富であり安価という特徴をもった新しい化合物系の太陽電池の開発に期待がもてそうです。(t_t)

Ibmczts20102
-----image : IBM-Made in IBM Labs: IBM Sets World Record by Creating High-Efficiency Solar Cell Made from Earth-Abundant Materials,11 Feb 2010より



[PR GreenPostの自然エネルギー関連機器情報-GreenPost Blog & GreenPostのホームページ PR]




ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク----------掲示板



[テーマ別インデックス]


|

« JX日鉱日石エネルギー、独自開発の1.2kWのパワコンでマンション向け戸別太陽光発電システムを販売 | トップページ | 米ソラジン社 Solazyme、2015年までにコロンビアでセルロースを材料に、緑藻で作るバイオ燃料の量産化計画をスタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソーラーフロンティア、10メガワットのCISモジュールをサウジアラムコのノースパーク・プロジェクトに供給:

« JX日鉱日石エネルギー、独自開発の1.2kWのパワコンでマンション向け戸別太陽光発電システムを販売 | トップページ | 米ソラジン社 Solazyme、2015年までにコロンビアでセルロースを材料に、緑藻で作るバイオ燃料の量産化計画をスタート »