« 鳩山首相を本部長とする、総合海洋政策本部、2020年までに洋上ウィンドファームを大規模に展開する”素案”を発表 | トップページ | 富士電機ホールディングス、地熱および太陽熱対応の2MWバイナリー発電設備の販売開始について »

米University of Central Florida (UCF)、地下水を貯め昼間の空調に利用する蓄熱槽の運用により奨励金を州より受け取る

 University of Central Florida (UCF)は、大学施設内に昨年完成した地下水を貯め熱エネルギーを貯蔵することができる蓄熱槽により、昼間の冷房の運用においてエネルギーの消費を大幅に下げることに取り組んできました。4月11日にこのシステムとその運用が、州に認められ、$637,000もの奨励金を受け取ったということです。このシステムは、直径110フィート(33m)高さ42フィート(13.2m)の巨大な蓄熱槽に貯めた水を夜の間に、別の場所に設置した冷たい地下水を汲み上げてある施設に、地下を通して水を送り循環させることで成立している。その別の場所には、汲み上げられた地下水が貯められ、水はさらにコイル状のパイプを通ることで冷やされ、蓄熱槽に戻る。この蓄熱層にためた”冷熱”を使い昼間の空調に必要とされるエネルギーを半分にすることができるのだということです。

プレスリリース / University of Central Florida (UCF),April 14, 2010
Cold Cash: UCF Earns $637,000 Energy Rebate

" Progress Energy Florida presented the University of Central Florida a record-breaking $637,000 rebate check today for UCF’s long-term, energy-efficient investment in a facility that can store 3 million gallons of chilled water.

The new Thermal Energy Storage Facility ? the only one of its kind at a Florida university ? allows UCF to chill water at night, taking advantage of Progress Energy’s off-peak energy rate. The off-peak rate, available to a large percentage of the company’s commercial and industrial customers, is approximately 50 percent lower than the utility’s peak rate.
.......... "

関連
New Thermal Energy Storage Facility Will Save UCF Hundreds of Thousands in Energy Costs-----UCF,June 17, 2009

Thermal_tank_drawing_main_full_size
-----image(”The new UCF thermal energy storage facility will have an attractive brick exterior when completed this fall.”) : 上記リリースより : 下(”The insulated thermal energy storage facility can keep stored water chilled for 12 hours. During the day, the chilled water will be pumped out of the thermal tank and channeled into the underground cooling system.”)-----
Thermal_tank_photo_full_size

UCF : Thermal Energy Storage Facility

コメント続き

 今回のUCFのシステムは、地中熱を利用したクールチューブと地下水のタンクの中を循環させることで、蓄熱槽の温度をさげ、昼間の空調に利用し、大きな省エネ効果を発揮できるというシステムです。日本でも、同様のシステムはあるようですが、運用の情報はまだ調べていません。比較的単純なシステムに思えますので、国内での状況も調べてみたいと思います。

 以前に紹介した夜氷のシステムも再生可能エネルギーの発電を温度に変えて”エネルギーとして貯える”というシステムでした。熱の運用で、実際かなりの電力が使用されています。これらのシステムの賢い運用、日本でも期待できそうです。(t_t)

CALMAC社、オフピークの電力で作った夜氷で、昼間に建物を冷やす空調システム IceBank(R)16基をフロリダの高校に導入し10%の省エネを実現-----ソフトエネルギー、2010/04/01



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----



[テーマ別インデックス]


[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 鳩山首相を本部長とする、総合海洋政策本部、2020年までに洋上ウィンドファームを大規模に展開する”素案”を発表 | トップページ | 富士電機ホールディングス、地熱および太陽熱対応の2MWバイナリー発電設備の販売開始について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米University of Central Florida (UCF)、地下水を貯め昼間の空調に利用する蓄熱槽の運用により奨励金を州より受け取る:

« 鳩山首相を本部長とする、総合海洋政策本部、2020年までに洋上ウィンドファームを大規模に展開する”素案”を発表 | トップページ | 富士電機ホールディングス、地熱および太陽熱対応の2MWバイナリー発電設備の販売開始について »