« 東京大学中村栄一教授らのチーム、新型有機薄膜太陽電池の開発に成功 | トップページ | 経済産業省が、再生可能エネルギーの全量買取に関するご意見の募集を開始 »

秋の夜長は、原子力政策や環境税をにらみながら「日本のエネルギー 2009」を読もう!

 政権が変わり、いよいよ環境税という言葉が大臣の口からもれ始めました。日本は、温暖化効果ガス削減で高い目標を掲げていますが、その具体策となると、かなりあいまいです。まさにこれからですし、危うい局面も見えています。しかし、前政権下では、すべてが閉塞感に包まれていたことを考えれば、僥倖とさえいえそうな変化も期待できそうです。見守る国民も、腹をくくって是々非々の態度で、しかも暖かく、時には熱く批判し、支持していく必要があります。

「環境税」導入、暫定税率の廃止後に…環境相-----YOMIURI ONLINE,2009年11月5日

懸念材料としては原子力政策を堅持し、前政権よりも積極的とさえいえる態度が見られる点です。

国内初、プルサーマル開始=九電の玄海原発3号機-当初計画より10年遅れ・佐賀-----時事ドットコム、2009/11/05 [Twitter : greenpost]

九電、プルサーマル発電へ準備着々 核燃サイクル、踏み出す「悲願」-----FujiSankei Business i.,2009/10/27

" 九州電力が佐賀・玄海原発でプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料の装填(そうてん)作業を着々と進め、国策「核燃料サイクル」の柱であり、業界の悲願といえる国内初のプルサーマル発電が目前に迫ってきた。関係者には「これで風穴が開く」と静かな興奮が広がっている。一方、安全面の不安や使用済み核燃料の扱いなど根本的な問題は先送りしたまま。視界不良の船出に課題も少なくない。
..... "

鳩山首相「核燃料サイクル推進したい」-----MSN産経ニュース、2009.10.30

 とはいえ、良くも悪くもすべての動きに時間のかかる原子力という技術の性質を考えると、現政権が劇的にエネルギー政策を原子力推進へとシフトさせるにも時間がかかります。来年の参議院選までに社民党の存在感への評価ということもあわせてみていく時間的な余裕があります。
 民主党政権は、自民党とそれほど変わらないエネルギー政策をもっているようです。温暖化効果ガス削減では、大きな削減枠を国際的にも打ち出すことができた点は評価できますが、その具体的な施策としては、不透明です。旧態然としたヴィジョンのまま政権交代の勢いそのままに、原子力政策を推進されることにでもなれば、地震国日本では原子力の推進は自殺行為であると考えています。日本の原子力産業がいかに高い技術と信頼性を獲得しようが、”未曾有の国難”と表現された原発震災という脅威を無視し、技術を妄信し、原子力政策を推進することは、自殺行為です。

原子力発電で閣僚間に温度差-----サーチナ、 2009/11/04 [Twitter : greenpost]

" .....鳩山首相は「社民党の意見も伺いながら、原子力発電の必要性を有していることも含めて、国民の理解を得ながら(原子力の利用をはかる)」姿勢を示した。..... "

 環境税という大きな財源を設ける議論の中では、その使途について、多くの国民による広範な議論が不可欠です。幸い、そうした議論が前の政権よりははるかに可能だということは間違いがないようです。予算のの”仕分け”についても、政治が機能しつつある兆しがあります。官僚主導を廃し、使途の不明確な予算についての洗い出し、再検討が、どのように行われていくのか? まさに現実の政治に対して高い関心をもって日々をすごすことができる点は大きな進歩です。

 さて、こうした状況でいい資料、エネルギーの学習のためのイベントで使える資料があります。国が作ったものですから、現行のエネルギー政策を反映したものですが、基底の情報の確認には大いに活用できると思います。

資源エネルギー庁 パンフレット : 「日本のエネルギー 2009」(PDF)
 資源エネルギー庁 パンフレット : 「日本のエネルギー 2009」(html版)

Eij_top
-----image : 日本のエネルギー 2009より、[上 : カバー、下 : P.14部分-----
Japanenergy2009p14

 2008年版の英語版、「Energy in JAPAN 2008」(PDFファイル)も用意されていて、海外向け資料としても使えて便利です。(t_t)

関連
「日本のエネルギー2009」配布のお知らせ及びアンケートのお願い-----資源エネルギー庁

関連エントリー
”日本のエネルギー 2008”(資源エネルギー庁発行)をみて / おすすめサイト-----しなやかな技術研究会、2008/10/16

参考エントリー
民主党のマニフェスト-----しなやかな技術研究会、2009/09/01

GreenPostサイト横断検索 : 地震 原子力



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン4Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2しなやかな技術研究会のタイムライン3]--



[テーマ別インデックス]


[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 東京大学中村栄一教授らのチーム、新型有機薄膜太陽電池の開発に成功 | トップページ | 経済産業省が、再生可能エネルギーの全量買取に関するご意見の募集を開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長は、原子力政策や環境税をにらみながら「日本のエネルギー 2009」を読もう!:

« 東京大学中村栄一教授らのチーム、新型有機薄膜太陽電池の開発に成功 | トップページ | 経済産業省が、再生可能エネルギーの全量買取に関するご意見の募集を開始 »