« 日本は世界第三位の地熱エネルギー大国。経産省、地熱発電促進で国立公園からの利用も提案? | トップページ | reegle 再生可能エネルギーと省エネ情報専門のサーチエンジンが登場 »

台湾に100%太陽光発電のスポーツスタジアムが完成。高雄市ワールドゲームスタジアム

  台湾の高雄に太陽光発電を大々的に設備した高雄ワールドゲームス2009メインスタジアムがあるそうです。7/16-26に開催されるワールドゲームズ2009に合わせて伊東豊雄とおおしゃる、高名な日本人の建築家のデザインで完成したKAOHSIUNG STADIUMは、洗練されたデザインと先進のエネルギーの利用技術により8割から十割の電力を太陽光発電でまかなうことができるということです。World games 2009 Main Stadiumの姿は、あちこちで紹介されています。でもはやり動画がわかりやすい。

高雄世運廣告 The World Games 2009 in Kaohsiung CF

(lawrenceyu66,2009年02月10日)
Taiwanworldgames2009
-----image : 上記コマーシャルのキャプチャー画像。[スタジアムの太陽電池の上で太極拳]

THE WORLD GAMES 2009 Kaohsiung (TPE) / Main Stadium

日本ワールドゲームズ協会 / ワールドゲームズ2009高雄大会(第8回大会)

" .....
競技種目(公式競技)
エアスポーツ、アーチェリー、ビリヤード、ボディビルディング、ブールスポーツ、ボウリング、カヌー、フリークライミング、ダンススポーツ、フィンスイミング、フィストボール、フライングディスク、体操、柔術、空手、コーフボール、ライフセービング、オリエンテーリング、パワーリフティング、ラケットボール、ローラースポーツ、ラグビー(7人制)、スカッシュ、相撲、綱引き、水上スキー
競技種目(公開競技)
ビーチハンド、ドラゴンボート、ソフトボール、チュックボール、武術
..... "

参考
Wikipedia : 伊東豊雄

Panoramio : World Games 2009 Main Stadium

World’s First 100% Solar-Powered Stadium-----Metaefficient,MAY 15, 2009

KAOHSIUNG STADIUM TO BRING GREEN ENERGY TO THE 2009 WORLD GAMES-----Stadiatech,March 27, 2009

コメント続き

 肝心の太陽電池の詳細をさがしてみましたが、公式のものやまとまった情報がみつかりません。情報の断片をつないでみると、8,844台の太陽電池で114万キロワット時の発電量、5.6sunぐらいの日射条件ということですから、、、、5MWpぐらいの設設備容量でしょうか?

Solar-powered 'dragon' stadium is world's first to supply all its power needs from the sun-----mail online,14th May 2009

"A Taiwanese official said the panels will generate 1.14 million kWh of electricity per year, preventing 660 tons of annual carbon dioxide from being pumped into the
atmosphere from traditional power stations."

 ところで、ワールドゲームズってあまりよく知らなかったのですが、岩登りやチアリーディングや合気道などオリンピックとはことなるスポーツが行われるのですね。日本では、テレビ放映されるのでしょうか。してほしいですね。(t_t)



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--



[テーマ別インデックス]


[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 日本は世界第三位の地熱エネルギー大国。経産省、地熱発電促進で国立公園からの利用も提案? | トップページ | reegle 再生可能エネルギーと省エネ情報専門のサーチエンジンが登場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台湾に100%太陽光発電のスポーツスタジアムが完成。高雄市ワールドゲームスタジアム:

» 台湾で里帰り出産、それまでの道のり。 [マダム スンの台湾と日本の片隅で]
リーの言い分も妥当ではある。坐月子中心に入室できる最低期間は10日間で、標準的なシングルルームでも日本円で10万円くらいかかるのだ。もちろんそれは私もイタいところだったが、産後10日というと自分の休養と赤ちゃんの世話で大変な時期だ。まして、里帰り出産ではない。義母には頼みにくいこと、気を遣うことは山ほどある。自宅にいるより気が楽だ。それに、ランが生まれた10月末と異なり、台北でも最も寒い時期に当たる1月のこと、不安も大きかった。坐月子中心の行き届いた看護とサービスは大きい魅力...... [続きを読む]

受信: 2009/05/29 10:54

« 日本は世界第三位の地熱エネルギー大国。経産省、地熱発電促進で国立公園からの利用も提案? | トップページ | reegle 再生可能エネルギーと省エネ情報専門のサーチエンジンが登場 »