« 出光、薄膜太陽電池材料の開発、風力発電事業へ向けての共同事業に着手 | トップページ | 太陽光発電の規模を、2020年までに今より20倍に-麻生首相の新エネ拡大策とは? »

東大がチリで天体観測施設と地域にも貢献できる大型太陽光発電所を建設プランを発表

 東京大学が南米のチリの赤外線透明度が高いアタカマ砂漠の高山で計画している先端の大口径望遠鏡への電力供給を主眼に、大型光発電と送電の研究にまで取り組むSolar-TAOプロジェクトが動きだしたそうです。さらに、そして温暖化ガス測定までを含めた研究施設と地域への配電のために必要な技術の研究という異分野の複合的な研究のために建設される太陽光発電所の規模は、なんと約20ヘクタールの土地に2万キロワット程度の太陽光発電所と以下の報道は告げています。びっくりするぐらいの規模です。20MWの太陽光発電所を赤道から2000km程度の場所で高地で温度も低い土地で運用するということとですから、日本とはまったくことなる発電量が期待できそうですね。

Mt_chajnantor-----image : GoogleEarthキャプチャー画像。[Google MapでMt.chajnantor山麓]-----
Mt_chajnantor1

ソーラーパワー、動け大望遠鏡 東大がチリで発電計画-----asahi.com,2009年4月12日
" 東京大が、南米チリ北部のアタカマ砂漠で世界最大級の太陽光発電を始める。14年ごろの観測開始を目指す赤外線望遠鏡の電力をまかなうほか、近くの市にも供給する計画だ。 "

関連
Solar-TAOプロジェクト

東京大学アタカマ天文台 TAO計画

コメント続き
 チリのこの地域、アタカマ砂漠にあるチャナントール高原には、国際的な協力の下に大型の天体観測プロジェクトが行われてきたのですね。

自然科学研究機構 国立天文台 ALMAプロジェクト

 上のサイトのパノラマ写真では、10kWp程度の太陽電池も映像に収まっています。まるで月のような土地で空気も澄んでいるのが写真でもわかります。(t_t)

参考

Wikipedia : 東京大学アタカマ天文台

ALMA-EU Site Testing

ALMA-US Site Testing

ALMA - General Info

(almaobservatory,2008年07月08日)



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--



[テーマ別インデックス]


[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 出光、薄膜太陽電池材料の開発、風力発電事業へ向けての共同事業に着手 | トップページ | 太陽光発電の規模を、2020年までに今より20倍に-麻生首相の新エネ拡大策とは? »

コメント

追加情報
・砂漠で太陽光発電、超電導で効率送電 東大、チリで試験計画 / クリッピング NIKKEI NET-----自然エネルギー、2009/04/16

https://greenpost.way-nifty.com/k/2009/04/nikkei-net-31cd.html

投稿: 追加情報 砂漠で太陽光発電、超電導で効率送電 東大、チリで試験計画 | 2009/04/16 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東大がチリで天体観測施設と地域にも貢献できる大型太陽光発電所を建設プランを発表:

» カスミの部屋 [カスミの部屋]
カスミの部屋 [続きを読む]

受信: 2009/04/13 09:27

« 出光、薄膜太陽電池材料の開発、風力発電事業へ向けての共同事業に着手 | トップページ | 太陽光発電の規模を、2020年までに今より20倍に-麻生首相の新エネ拡大策とは? »