« シリコン・ジェネシスがmono c-Si PVフォイルでウェーハ厚みの最小記録20umを達成。そのセル切り出しのためのカーフフリー技術も極まれり! | トップページ | 富士電機システムズ、太陽光発電事業に本格参入 »

通信誌 / 「地球号の危機ニュースレター」(2月号)344号

Img344
-----市民エネルギー研究所の記事  2009-01-30より----imageも

" 地球号の危機ニュースレター』No.344(2009年2月号)<発行・大竹財団/編集・市民エネルギー研究所>を発行しました。
目次
資料・本紹介
シベリアは核の廃棄物処理場にはならない!

〈メール通信 iho-netより〉
・パレスチナに寄せて
・パレスチナ爆撃に関して
 
イタリア政府、退役軍人への「劣化ウラン被害一括補償」を閣議決定――補償総額3000万ユーロ(約40億円)
 
CO2の排出権取引は金融のまやかしである Ulrich Jochinsen(ウルリッヒ ヨヒムセン)

CO2削減量を評価するにあたって 中川 修治

エジプトの新エネルギー(1)太陽熱発電とザファラーナ大規模風力 井田 均 "

関連
経産省の新たな「日本型」太陽光発電買取制度はヨーロッパとは違ったごまかしだ 太陽光発電など分散型システムの大規模導入への新たな妨害-----市民エネルギー研究所、」No.346(2009年4月)掲載より

定価 200円(送料90円)
年間購読料 2,000円(送料込)
発行元 財団法人 大竹財団

詳細、お問い合わせは、
市民エネルギー研究所の記事  2009-01-30をご覧ください。



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--



[テーマ別インデックス]


[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« シリコン・ジェネシスがmono c-Si PVフォイルでウェーハ厚みの最小記録20umを達成。そのセル切り出しのためのカーフフリー技術も極まれり! | トップページ | 富士電機システムズ、太陽光発電事業に本格参入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通信誌 / 「地球号の危機ニュースレター」(2月号)344号:

« シリコン・ジェネシスがmono c-Si PVフォイルでウェーハ厚みの最小記録20umを達成。そのセル切り出しのためのカーフフリー技術も極まれり! | トップページ | 富士電機システムズ、太陽光発電事業に本格参入 »