« 山梨県、東京電力、甲府市米倉山にメガソーラー太陽光発電所建設計画を発表 | トップページ | 三洋電機、新日本石油が薄膜太陽電池メーカー、三洋ENEOSソーラーを設立 »

すべての電力を太陽電池による発電でまかなう格納庫が米に登場

 太陽光発電は未利用なスペースの有効活用ということから、広い屋上を備えた建物やこれまで利用されないままで放置されてきた空き地に向いています。さらに、昨年の原油価格の激しい上下動は、単に原油価格を眺めるだけで、右往左往しなければならない状態からの脱出の方法としても太陽電池を利用した発電、今アメリカで盛んに開発されている太陽熱発電システムなどの開発に新たな意味を付け加えたといえます。値上がりも、そして価格の激しい上下も企業経営にとっても、そして、国のエネルギー安全保障上でも対策を考慮すべき重要な課題となったのです。

 京セラのリリースによると、カリフォルニア州バーバンク(Burbank, California)の空港の格納庫の屋上に268kWの太陽電池をのせ、利用する電力のすべてをこの太陽光発電でまかなう施設が完成したそうです。
 鉄道、道路、そして空港関連施設などにおいて、その未利用な日射条件の良好な場所を積極的に利用するという傾向は、世界的に話題になっているグリーン・ニューディール的な景気浮揚策の中でのびていく分野に思えます。

プレスリリース / KYOCERA,December 19, 2008
KYOCERA and Independence Power Announce Completion of 268 kW Solar Power System in Burbank, California
Burbank1
-----image : 同リリースより

" As part of the construction of a new private aviation hangar at the Bob Hope Airport in Burbank, Calif., Independence Power has completed a 268 kW solar power system which meets 100% of the requirements for the new hangar and attached office building. The structure was built by Shangri-La Construction, and is occupied by Avjet Corporation.

The structure has been certified at a LEED Platinum level, and is the first aircraft hangar to be entirely powered by solar power.

The system consists of 1,530 Kyocera 175 watt panels, which are mounted on a custom steel superstructure. The steel was designed to meet appearance goals of the building architect, as well as an angle which supports energy conversion in the solar panels. Power conditioning is provided by a Xantrex GT-250 inverter.
.......... "

関連
3030 N Clybourn Avenue
/ Press
 / Pictures & Video

Shangri-La Develops Solar-Powered, LEED Platinum Aviation Hangar-----Clean Technica,December 16th, 2008

Green: Real Life Captain Picard controls 1st ever 'green-means-business' Aviation Hangar

(michaelgonline,2008年12月12日)

コメント続き
 この格納庫は、業界団体などで構成される米国グリーンビルディング協議会の建築のLEEDと呼ばれる基準でプラチナレベルということです。

LEEDは、Leadership in Energy and Environmental Designの略で、省エネ、建築材料の健康に及ぼす影響、再生可能エネルギーの利用など環境面でのマイナス要因を総合的にとりのぞくための基準で、ポイント性での採点が採用されているようです。

U.S. Green Building Council : LEED Rating Systems

 調べているところですが、公共の建物、交通関連、教育関連の施設、企業、そして一般家庭にまでこの基準は参照され、活用されてきているようです。なかなか興味深い基準のようですね。(t_t)



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--



[テーマ別インデックス]


[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 山梨県、東京電力、甲府市米倉山にメガソーラー太陽光発電所建設計画を発表 | トップページ | 三洋電機、新日本石油が薄膜太陽電池メーカー、三洋ENEOSソーラーを設立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: すべての電力を太陽電池による発電でまかなう格納庫が米に登場:

« 山梨県、東京電力、甲府市米倉山にメガソーラー太陽光発電所建設計画を発表 | トップページ | 三洋電機、新日本石油が薄膜太陽電池メーカー、三洋ENEOSソーラーを設立 »