« イベント 6/3 G8エネルギー大臣会合に向けて -2050年自然エネルギービジョンとその実現には | トップページ | 世界初のフロート風力発電所は、2009年にStatoilHydro社、ノルウェイ、、、 »

通信誌 / 「地球号の危機ニュースレター」(5月号)335号

Img4823dfd4348f9
-----市民エネルギー研究所の記事 2008-05-09 より----imageも

" 地球号の危機ニュースレター』No.335(2008年5月号)<発行・大竹財団/編集・市民エネルギー研究所>を発行しました。
" 目次
資料・本紹介
2030年需給見通し策定、需要縮小でエネルギー産業激変様相
~石油と都市ガス系販売量減り、電力シェア大幅拡大。
原発新増設9~13基巡り対立~

ヒッピー・コミューンの今(2)
~コミューンは自治体だ~ 岡部一明

<海外ニュースEIC>より
・自然エネルギー
・地球温暖化
・バイオマス

反省的『教育支援NGO』論
~『カンボジア・日本友好学園』との支援協力の解消と今後について~(3) 阿木幸男

<大竹財団講演会のお知らせ>
「安全審査」では安心できない柏崎刈羽原発 講師:小泉好延さん、菅井益郎さん

<メール通信>
自然エネルギーは普及させられず、何故、原発は止まらないか より(8)
中川修治 "

定価 200円(送料90円)
年間購読料 2,000円(送料込)
発行元 財団法人 大竹財団

詳細、お問い合わせは、
市民エネルギー研究所の記事 2008-05-09をご覧ください。



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン2Ico_rss --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1 ]--




[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« イベント 6/3 G8エネルギー大臣会合に向けて -2050年自然エネルギービジョンとその実現には | トップページ | 世界初のフロート風力発電所は、2009年にStatoilHydro社、ノルウェイ、、、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通信誌 / 「地球号の危機ニュースレター」(5月号)335号:

« イベント 6/3 G8エネルギー大臣会合に向けて -2050年自然エネルギービジョンとその実現には | トップページ | 世界初のフロート風力発電所は、2009年にStatoilHydro社、ノルウェイ、、、 »