« ブリヂストンが太陽電池用接着フィルムの生産能力を増強 / プレスリリース | トップページ | イベント 12/1 小水力利用シンポジウム  - 農業用水を活かして農村をエネルギー基地に -(大分県日田市) »

次期アメリカ大統領は? とりあえず、ヒラリー・クリントンの”エネルギー政策”

 次期アメリカ大統領はだれになるのか? 2008年11月4の決戦投票などの日程が明らかになりました。次期米国大統領(第44代)選挙の候補者のうち最有力候補は、ヒラリー・クリントン元大統領夫人というところのようです。来年末の1年後には新しい大統領が決定しているわけです。2008年はアメリカ大統領選挙の年、かの国の今後の環境政策がその後の世界に与える影響を考えるとその重要性が重みを増します。

温室効果ガス排出「80%削減」 ヒラリー氏が環境政策-----asahi.com,2007年11月06日

" 米大統領選の候補指名レースで民主党のトップを走るヒラリー・クリントン上院議員は5日、温室効果ガスの排出を2050年までに1990年レベルから80%削減することを柱とする包括的な環境・エネルギー政策を発表した。京都議定書後の国際的な温暖化対策の枠組みづくりでも米国がリーダーシップをとり、国際的な指導力を回復させるとしている。 "

 温暖化効果ガス削減のプランには、再生可能エネルギーへの積極的な追加対策をあげ、本格的なテコ入れを狙うようですね。

Hillary Clinton announces $150B energy, climate change plan -----NYDaily News,November 6th 2007
 Hillary Clinton's lead drops in latest polls-----NYDaily News,November 6th 2007

 交通、輸送部分にも注力するとのことです。当選すれば、アメリカ社会は大きく変化する可能性があります。

Hillary Clinton Proposes 55 MPG by 2030 Through Flex-Fuel Plug-in Hybrids-----EV WORLD NEWSWIRE,Nov 06, 2007

" New Technologies to Help Cut Oil Imports 66% by 2030

Transportation accounts for nearly 70% of U.S. oil consumption. Hillary’s plan to cut oil
imports by two-thirds?or more than 10 million barrels per day?by 2030 centers on setting
tough new fuel efficiency standards for cars and trucks and providing retooling assistance to the automakers to help them meet these standards. Her plan also reduces oil demand by increasing biofuels production and improving the efficiency of industrial oil use. "

 とはいえ単純ではない、また問題はいずれの国も山積しています。財源も限られている上に、すでに原油の先物価格は、100ドル/バレルをにらむように、史上初の高値97ドルをすでに経験しています。また、世界の政治、紛争、テロなど、この1年で大統領選挙の結果を左右しかねない事件が起こる可能性もあります。再生可能エネルギーの未来は、化石燃料の代替エネルギーという文脈ではなく、世界の文化、経済、社会のあり方をも変える可能性のある大変革を迫ってきます。この事体に冷静に対処できるアメリカであってほしいと願い、その大統領選挙にも淡い期待をもっています。他の候補のことは、よくわかりませんが、再生可能エネルギーにも積極的に取り組む姿勢を見せている候補もいるようです。そのあたりにも注目してこの1年、アメリカを見ていきたいと思います。(t_t)

Clinton talks energy policy in NH-----boston.com,Video News

Hillary Clinton on Energy, Global Warming in Las Vegas

参考

AFP BB News特集 : 2008年 米大統領選挙

プレスリリース / US Department of Energy,October 18, 2007

Third U.S. Climate Change Science Program Report Issued
関連-----US Climate Change Science Program / Effects of Climate Change on Energy Production and Use in the United States



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン2 --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)-----しなやかな技術研究会のGoogleマップ

-- [ しなやかな技術研究会のタイムライン1 ]--

|

« ブリヂストンが太陽電池用接着フィルムの生産能力を増強 / プレスリリース | トップページ | イベント 12/1 小水力利用シンポジウム  - 農業用水を活かして農村をエネルギー基地に -(大分県日田市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次期アメリカ大統領は? とりあえず、ヒラリー・クリントンの”エネルギー政策”:

» CNAS:ヒラリー・ロッダム・クリントン候補の外交政策を支える知の力 [グローバル・アメリカン政論]
2008年の選挙ではヒラリー・ロッダム・クリントン氏が民主党の大統領指名の最有力 [続きを読む]

受信: 2007/11/09 10:57

« ブリヂストンが太陽電池用接着フィルムの生産能力を増強 / プレスリリース | トップページ | イベント 12/1 小水力利用シンポジウム  - 農業用水を活かして農村をエネルギー基地に -(大分県日田市) »