« ホンダソルテック、薄膜太陽電池の販売を開始 / プレスリリース HONDA | トップページ | 「再生可能エネ協」設立 専門家が横の連携、技術情報など一元的に発信 / クリッピング FujiSankei Business i »

CO2、120トン削減 徳島市庁舎の太陽光発電稼働3年 / クリッピング 徳島新聞

" 徳島市が二〇〇四年四月から市庁舎屋上で運用している太陽光発電システムの稼働から丸三年が過ぎた。毎年、当初の想定を上回る約十万キロワット時を発電。 "
-----徳島新聞、2007/06/13

関連サイト
徳島市 : 徳島市庁舎太陽光発電システム

コメント
 設備が約一億三千八百万円
 年間500万円の電気代
 これがイコールなら、27.6年分となり。たぶん太陽電池そのものの寿命を考えるといい投資でしたね。単に電気代だけということだけでなく、環境、非常時にも対応したシステムと考えればかなり積極的に評価することもできるはずです。これだけの大きさだと、Google マップにもはっきりと表示できます。(t_t)

Google マップ : 徳島市役所



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





しなやかな技術研究会のタイムライン --- グリーン・ポストのおすすめ”本”(amazon.co.jpインスタントストア)

|

« ホンダソルテック、薄膜太陽電池の販売を開始 / プレスリリース HONDA | トップページ | 「再生可能エネ協」設立 専門家が横の連携、技術情報など一元的に発信 / クリッピング FujiSankei Business i »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CO2、120トン削減 徳島市庁舎の太陽光発電稼働3年 / クリッピング 徳島新聞:

« ホンダソルテック、薄膜太陽電池の販売を開始 / プレスリリース HONDA | トップページ | 「再生可能エネ協」設立 専門家が横の連携、技術情報など一元的に発信 / クリッピング FujiSankei Business i »