« 米でソーラー・デカ スロン(十種競技)2005、ワシントンD.C.で開催中 | トップページ | グリーンピース・チャイナが風力エネルギー普及活動を開始 / クリッピング JANJAN »

Solar-Powered Charging Systems to Help Hurricane Recovery Efforts (ハリケーンカトリーナの被災地で活躍する独立系太陽電池システム)/ プレスリリース National Renewable Energy Laboratory ( U.S.A.)

" Golden, Colo. ム The U.S. Department of Energy's National Renewable Energy Laboratory (NREL), working in partnership with the Florida Solar Energy Center (FSEC), is providing solar electric charging stations to help residents of Kiln, Miss., recover from the devastation of Hurricane Katrina. The systems will provide much needed power to this town of about 2,000 people, located 13 miles north of Bay St. Louis, Miss., and the Gulf of Mexico.
..........
The solar panels and batteries for the system are mounted on a trailer and can be towed by a pickup truck. A smaller mobile unit that can power up to a 600-watt electrical load will provide enough power to charge mobile phones, laptop computers and hand-held radios. The Florida Solar Energy Center will provide a 2-kilowatt photovoltaic system that is also on a portable trailer. "-----The U.S. Department of Energy's National Renewable Energy Laboratory (NREL), Friday, September 23, 2005

-----pop辞書エンジンを使って読む-----マウスカーソルを単語に合わせるだけで自動的に意味が表示されます。(便利なのでリンク)

コメント

 カトリーナの被害は、全世界にハリケーンの恐ろしさ、そして先進国とていかに自然の猛威の前には無力であるのかを知らしめた。そして、被害の最前線に立たされるのは、弱者であることを強く印象づづける”事件”だった。車や建物に設備されたせいぜい2kwpのシステムでも、照明、無線、医療器具、ポンプなどの電源として機能できる。メンテナンスも簡単で、無音、無排気である点などもおそらく評価されたのだろう。
 ハリケーンからの復興に太陽電池のシステムが活躍している写真などを検索したがみつからなかった。ご存知の方がおられましたら是非教えてください。(t_t)

|

« 米でソーラー・デカ スロン(十種競技)2005、ワシントンD.C.で開催中 | トップページ | グリーンピース・チャイナが風力エネルギー普及活動を開始 / クリッピング JANJAN »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Solar-Powered Charging Systems to Help Hurricane Recovery Efforts (ハリケーンカトリーナの被災地で活躍する独立系太陽電池システム)/ プレスリリース National Renewable Energy Laboratory ( U.S.A.):

« 米でソーラー・デカ スロン(十種競技)2005、ワシントンD.C.で開催中 | トップページ | グリーンピース・チャイナが風力エネルギー普及活動を開始 / クリッピング JANJAN »