« 「近畿地域における新エネルギー白書」について / プレスリリース 近畿経済産業局 | トップページ | Konarka to Develop Photovoltaic Fabric With Leading Swiss University / プレスリリース Konarka Technologies »

海外向け「無鉛はんだ太陽電池モジュール」新製品発売のお知らせ /プレスリリース 三菱電機

" 多結晶シリコン太陽電池セルでトップクラスの変換効率、大規模発電用途に最適な大出力タイプ
 三菱電機株式会社(執行役社長:野間口 有)は、無鉛はんだ太陽電池モジュールの海外市場向け戦略商品として、欧米を中心に拡大が見込まれる大規模発電用途に最適な高効率大出力タイプを、2005年4月1日から新発売します。
 無鉛はんだ太陽電池モジュールPV-MF170EB3多結晶シリコン (変換効率15.1%)170W13.5%
 【発売の狙い】

 太陽光発電システムの市場は、地球温暖化防止に向けたCO2排出削減など国際的な環境保全の高まりを背景に、2004年には前年比30%増の960MW(メガワット)へと急速に拡大しています。
 太陽光発電システムの用途は現在、日本・欧米を中心に発電所などの商用電力と連系して送受電できる電力系統連系形システムが主流となっています。
 特に、ドイツでは2004年1月の改正再生可能エネルギー法施行により市場が拡大しており、数メガワットクラスの大規模発電用途の需要が伸びています。
 当社は今回、大規模発電用途に最適な高効率大出力タイプの太陽電池モジュールを開発しました。従来よりも少ない枚数で大型システムを構成できるため、モジュールを支える架台の部材量削減等、発電システムトータルでのコスト低減が可能になります。
 当社は、今後も生産体制を強化するとともに、市場ニーズに合わせた商品ラインアップの拡充を図り、クリーンエネルギーの普及拡大に努めてまいります。"
-----三菱電機、2005年2月16日

コメント
 国産の太陽電池が太陽光発電に積極的なヨーロッパでのシェア確保のためにどんどん輸出されています。この傾向は今年度末までは少なくとも続きそうです。

|

« 「近畿地域における新エネルギー白書」について / プレスリリース 近畿経済産業局 | トップページ | Konarka to Develop Photovoltaic Fabric With Leading Swiss University / プレスリリース Konarka Technologies »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海外向け「無鉛はんだ太陽電池モジュール」新製品発売のお知らせ /プレスリリース 三菱電機:

« 「近畿地域における新エネルギー白書」について / プレスリリース 近畿経済産業局 | トップページ | Konarka to Develop Photovoltaic Fabric With Leading Swiss University / プレスリリース Konarka Technologies »