« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012/04/30

再生可能エネルギーの固定価格買取制度、経産省が既存分組み入れを検討!? 日経報あり

 本日、4月30日に、連休のこのタイミングで、日本経済新聞が大詰めを迎えている、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度の枠に、新設だけでなく、これまでの既設分を加えることの検討を開始したと発表しました。

 既存風力の業界から申し入れが入っているという話はネットでも流れていました。

 こんな形で話が進むのなら、お手盛りからおいてかれている感がある、一般住宅用太陽光発電の既存も含めた全量24円-15年、程度での買い上げなども検討の余地があったのでは、、、。などいろいろ考えてしまいますぜ。

再生エネ買い取り拡大 経産省検討、既存設備分も  家庭や企業の負担膨らむ-----日本経済新聞、2012/4/30 2:00

" 経済産業省は29日、太陽光など再生可能エネルギーで発電した電気を電力会社が固定価格で買い取る新制度について、すでに事業者が販売している既存の発電設備分も買い取り対象に含める方向で検討に入った。新設の発電設備分だけを対象に準備を進めていたが、発電事業者の要望に応じ、方針を転換する。既存分は価格を低めに設定するが、買い取る電気の量が増えるため、家庭や企業が支払う電気料金への費用の上乗せは膨らむ。

 今…
.......... "

 ところで、日経だけの報道ですが、他社追従のタイミングしだいでは、この報道のやりかたに嫌な感じを受けます。

 続報待ちます。あー、なんか不透明感あります。

関連
再生可能エネルギー発電量とは-----日本経済新聞、2012/4/30

"再生可能エネルギーの発電量と予測
(単位:キロワット)
2011年度
(既存設備分) 12年度の導入
見込み(新設分)
太陽光 480万 200万
風 力 250万 38万
中小水力 955万 6.5万
バイオマス 210万 6万
地 熱 50万 0万
合 計 1945万 250万
(注)経産省資料から作成、出力ベース、概算
.......... "

関連エントリー


再生可能エネルギーの固定価格買取制度、議論まとまる。委員会報告書作成へ2-----ソフトエネルギー、2012/04/27

経済産業省 調達価格等算定委員会 #fitjapan #politicsjp #renewjapan-----自然エネルギー、2012/04/11

固定価格買い取り制度 FIT(Feed-in tariff) 再生可能エネルギーまめ知識

GreenPost - しなやかな技術研究会 2012/4/27-30 拡大版(Naverまとめ利用)

続きを読む "再生可能エネルギーの固定価格買取制度、経産省が既存分組み入れを検討!? 日経報あり"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/26

再生可能エネルギーの固定価格買取制度、議論まとまる。委員会報告書作成へ

追加情報

再生可能エネルギーの固定価格買取制度、議論まとまる。委員会報告書作成へ2-----ソフトエネルギー、2012/04/27

 当初のエントリーは以下、


 7月1日からの導入が決まっている再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)の”買取価格”と”期間”、そして重要な制度の見直し方法と時期などを議論してきた、経済産業省 調達価格等算定委員会は、4月25日、昨日第六回会合を開きました。
 そして、委員長案として、この”買取価格”、つまり電力会社が再生可能エネルギーで発電した電気を購入する際の価格の原案と期間などを示しました。

 今後の予定は、27日に再度会合を開き、この案を軸に報告書をまとめ、さらに国民の意見を聞いたうえで、枝野幸男経産相が最終決定をする、ということになるようです。

再生可能エネ参入に追い風 買い取り価格、企業の要望くむ-----日本経済新聞、2012/4/25

 テレビを見ていたら、この制度を解説していた識者といわれる人が、太陽光発電はこの制度により、現在の数百倍の規模で導入が進むかもしれない。それも3年程度の期間とおっしゃっていたのを聞いて、ちょっとびっくり。
 それが本当なら、大きな導入促進策に、は、なりますね。ただ、くれぐれも発電量とコスト、可能な限りリーズナブルにする努力だけは、してください。3年とか以降の太陽光発電などの再生可能エネルギーの未来に係わってくる問題ですから、、、、

関連
経済産業省 調達価格等算定委員会 #fitjapan #politicsjp #renewjapan-----自然エネルギー、2012/04/11

再生可能エネルギーの全量買い取り制度の設計、最終段階へ-----ソフトエネルギー、2012/04/24

しなやかな技術研究会 GreenPost 2012/4/25

固定価格買い取り制度 FIT(Feed-in tariff) 再生可能エネルギーまめ知識

おすすめエントリー
第2回小水力発電アイデアコンテストが、三重県いなべ市で開催されます-----再生可能エネルギー GreenPost、2012-04-26

GreenPost  2012/4/26版

続きを読む "再生可能エネルギーの固定価格買取制度、議論まとまる。委員会報告書作成へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/24

Sun Catalytix (MIT : ダニエル・ノセラ教授 Daniel Nocera)

 MITの名物教授、ダニエル・ノセラ Daniel Nocera さんの話題を2008年にクリッピングした時以来、この人の話題、動画をなんども見てきました。時には、胡散臭さを感じることもあったりして、興味が離れることがあっても、メディアに登場するたびに、結局情報を見てしまうという具合なんです。

'Major discovery' from MIT primed to unleash solar revolution / プレスリリース MIT(太陽光発電システムの革命的な運用を可能にするシステム)-----ソフトエネルギー、2008/08/07

 気になる人、教授なのです。ということで、Naverまとめを使い始めたので、まとめてみました。

Sun Catalytix (MIT : ダニエル・ノセラ教授 Daniel Nocera)-----Naverまとめ、2012年04月24日初出

 下をみると、埋め込んでありますので内容をご覧になれます。


続きを読む "Sun Catalytix (MIT : ダニエル・ノセラ教授 Daniel Nocera)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国家戦略室 需給検証委員会議 #politicsjp #enrgy #electricity #再稼動

 4月23日、国の需給検証委員会議の第一回会合が開催されました。これまで、再稼動問題やエネルギー問題でいろいろと議論されてきた、電力の需給関連の話。この国家戦略室 需給検証委員会議が、総括的な議論を進めることが期待されています。この夏については、5月初旬には政府としての、電力需給見通しを結論として報告にまとめるということです。

 ニコ生中継中です。-http://live.nicovideo.jp/watch/lv90528193

国家戦略室 需給検証委員会議

" .......... (6回が最終のようです。)
  第6回会議(平成24年5月12日)
  第5回会議(平成24年5月10日)
  第4回会議(平成24年5月7日)
第3回会議(平成24年5月2日)
  第2回会議(平成24年4月26日)
  第1回会議(平成24年4月23日)
..........  "

- 議事次第 第6回 需給検証委員会 平成24年5月12日(土) 14:00~16:30 合同庁舎4号館共用1208特別会議室

" 議題

1.前回委員会における指摘事項等
2.需給検証委員会報告書(案)について
配布資料

資料1 前回委員会における指摘事項等
資料2 需給検証委員会報告書(案)
別冊1 ヒアリング対象者提出資料

第1回配布資料
資料3-1-1 飯田哲也氏提出資料
資料3-1-2 小笠原潤一氏提出資料
資料3-3 エネット提出資料
資料3-4-1 パナソニック提出資料
資料3-4-2 住友電工提出資料
資料3-4-3 日本商工会議所提出資料
資料3-4-4 日本経済団体連合会提出資料
第2回配布資料
資料3 東京都における電力対策について
第3回配布資料
資料2-1 八田達夫氏提出資料
資料2-2 環境経営戦略総研提出資料
第4回配布資料
飯田哲也氏提出資料
小笠原潤一氏提出資料
別冊2
 
第1回配布資料
資料3-2-5 各電力会社提出資料
北海道電力    東北電力    東京電力
中部電力    関西電力    北陸電力
中国電力    四国電力    九州電力
大島堅一委員提出資料 "

- 議事次第 第4回 需給検証委員会 平成24年5月7日(月) 13:00~16:00合同庁舎4号館共用1208特別会議室

"議題

1.前回委員会における指摘事項等
2.需給ギャップについて(討議事項Ⅳ)
3.コスト抑制策について(討議事項ⅥⅦ)
4.これまでの議論の整理
配布資料

資料1-1~1-3 前回委員会における指摘事項等
資料2      融通と予備率の関係について(前回資料5)
資料3      電力コストの抑制策について(前回資料6)
資料4-1     今夏の需給見通し(9電力会社合計)と論点
資料4-2     これまでの議論の整理
資料4-3     各地域・電力会社毎の供給力
飯田哲也氏提出資料
小笠原潤一氏提出資料 "

- 議事次第 配布資料  第3回 需給検証委員会 平成24年5月2日(水) 13:30~16:30合同庁舎4号館共用1208特別会議室

"議題

1.前回委員会における指摘事項等
2.八田達夫大阪大招聘教授及び環境経営戦略総研からのヒアリング
3.需給ギャップ解消の対策について(討議事項Ⅴ)
(1) 構造的な需給ギャップ解消のための対策について
―エネルギー需給安定行動計画の実施状況
(2) 新しいピークカット対策について
4.需給関係のまとめ
(1) 供給
(2) 需要
5.需給ギャップについて(討議事項Ⅳ)
6.コスト抑制策について(討議事項ⅥⅦ)
配布資料
.......... "

"第2回会議(平成24年4月26日 議事次第 配布資料 .......... "

- 議事次第 第2回 需給検証委員会 平成24年4月26日(木) 9:00~12:00 合同庁舎4号館1208特別会議室

"第1回会議(平成24年4月23日 議事次第 配布資料 .......... "

- 議事次第 第1回 需給検証委員会 平成24年4月23日(月)16:00~19:00 合同庁舎4号館1208特別会議室

"議題

1.これまでの経緯と需給検証委員会の進め方について
2.需給検証委員会の論点について(討議事項Ⅰ)
3.関係者ヒアリング
4.供給力について(討議事項Ⅱ)
5.需要想定について(討議事項Ⅲ)
6.需給ギャップについて(討議事項Ⅳ)
配布資料

資料1-1 需給検討委員会の開催について
資料1-2 これまでの経緯と需給検証委員会の進め方について
資料2 需給検証委員会の論点について(討議事項Ⅰ)
資料3-1-1 飯田哲也氏提出資料
資料3-1-2 小笠原潤一氏提出資料
資料3-2-1 関西電力提出資料 報告徴収の内容について
資料3-2-2 東京電力提出資料 関西電力提出資料
資料3-2-3 中部電力提出資料 各電力会社提出資料
資料3-2-4 九州電力提出資料
資料3-2-5 各電力会社提出資料
北海道電力    東北電力    東京電力
中部電力    関西電力    北陸電力
中国電力    四国電力    九州電力
資料3-3 エネット提出資料
資料3-4-1 パナソニック提出資料
資料3-4-2 住友電工提出資料
資料3-4-3 日本商工会議所提出資料
資料3-4-4 日本経済団体連合会提出資料
資料4 供給力について(討議事項Ⅱ)
資料5 需要想定について(討議事項Ⅲ)
資料6 これまでの需給に関する整理 需給ギャップについて(討議事項Ⅳ)
資料7 需給ギャップについて(討議事項Ⅳ)
参考資料

参考資料1 当面のエネルギー需給安定策
 (平成23年7月29日 エネルギー・環境会議)
参考資料2 エネルギー需給安定行動計画
 (平成23年11月1日 エネルギー・環境会議)
参考資料3 今冬の節電総括 大口需要家・小口需要家・家庭のご協力に関する
 ヒアリング・アンケート調査結果
.......... "

関連報道
「夏の電力不足」各社報告 「丼勘定」専門家が批判-----東京新聞、2012年4月24日

今夏の電力不足予測、猛暑でも0.4% 政府の見通し-----SankeiBiz,2012.4.24

".....猛暑の場合でも沖縄電力を除く電力9社合計の電力不足は0.4%にとどまる。電力各社が供給力を上積みした結果、昨年秋時点の見通しよりも電力不足が大幅に緩和されたかたちだ。

 ただし電力各社は火力発電の増強などの対応で燃料費コストが増加し、経営の重荷となっている。また原発依存度が高い関西電力管内では16.3%の電力不足が想定されるなど、電力安定供給への不安は払拭されていない。
...... "

-----Google ニュース検索 : 需給検証委員会-----

続きを読む "国家戦略室 需給検証委員会議 #politicsjp #enrgy #electricity #再稼動"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/23

世界最大のメガソーラー ウクライナ PEROVO 太陽光発電所 100MWp

 日本でも最近さまざまなところで、そして内容で話題の大規模太陽光発電所、メガーソーラー。今、設備規模で世界一は、なんとウクライナにあります。ウクライナ PEROVO 太陽光発電所 100MWpです。

 情報をまとめてみました。

世界最大のメガソーラー ウクライナ PEROVO 太陽光発電所 100MWp


参考
Top 10 World's Largest Solar PV Power Plants-----SolarPlaza

pvresources : World's largest photovoltaic power plants - ranking

話題の大規模太陽光発電所 メガーソーラー 世界一とアジア一の規模の発電所はどこに?-----再生可能エネルギー GreenPost、2012-04-24

続きを読む "世界最大のメガソーラー ウクライナ PEROVO 太陽光発電所 100MWp"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国は福島県に、廃炉に向けた技術開発、再生可能エネルギー、放射線の影響に関する医学・健康管理の研究拠点の整備などの計画案を示した

 福島県と国は、復興についての協議(原子力災害からの福島復興再生協議会)を行い、国は福島県に対して、
 
- 除染をはじめ、福島第一原発の廃炉を着実に行うための技術開発
- 太陽電池や風力発電などの再生可能エネルギーの研究開発
- 最先端の放射線医学の研究や最先端の放射線医学の研究やがん治療の開発・実証

 以上、3つの分野に重点的に取り組む研究拠点を県内に整備する考えを示したということです。

政府 福島に開発研究拠点整備へ-----NHK,4月22日

" .....福島県の復興の在り方について国と県内の自治体が話し合う協議会が開かれ、政府は、東京電力福島第一原子力発電所の廃炉を着実に行うための技術開発や、再生可能エネルギーの開発などに取り組む研究拠点を県内に整備する考えを伝えました。..... "

 この国の政策の財政の根拠となる、福島県の復興推進のための税制上の優遇措置などを盛り込んだ「福島復興再生特別措置法」の具体的な基本方針の骨子案も合わせて示されたということです。

関連
福島県 : 福島県復興計画
- 原子力災害からの福島復興再生協議会

首相官邸 : 復興庁 / 福島復興再生特別措置法[平成24年3月30日]

福島:政府、「再生方針」提示…再生エネ研究拠点に-----毎日新聞、2012年04月22日

福島復興方針、5月決定へ 平野復興相-----河北新報、2012年04月22日

".....平野達男復興相は閉会後、「議論を踏まえて内容を具体化し、できるだけ早く閣議決定したい。5月中を念頭に置いている」と記者団に語った。....."

続きを読む "国は福島県に、廃炉に向けた技術開発、再生可能エネルギー、放射線の影響に関する医学・健康管理の研究拠点の整備などの計画案を示した"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/21

河野太郎衆議院議員がエネルギー基本計画のデタラメぶりを告発!

 資源エネルギー庁の 審議会、総合資源エネルギー調査会 回基本問題委員会が4月16日に第19回が開催されました。わが国の次代のエネルギー政策の姿を描くために非常に重要な議論が繰り広げられています。ニコ生でも中継、録画も公開されています。
 エネルギー問題に以前からコミットされている、自民党の河野太郎衆議院議員がご自身の有名なブログで、この基本問題委員会での議論について、そのデタラメぶりを告発される内容の記事をアップし、注目されています。

エネルギー基本計画見直しのデタラメ----- 河野太郎公式ブログ ごまめの歯ぎしり、2012年04月20日-----Blogos版

" 現行のエネルギー基本計画を「ゼロベースで見直し」、「原発への依存度低減のシナリオを具体化する」はずの経産省の総合資源エネルギー調査会基本問題委員会の運営のデタラメぶりが度を超している。
.......... "

 この議員の告発は、軽々に扱われるべきものではありません。国民は当然のこと、いまほどエネルギー、原子力政策に関心をもった時期はないのですから! 民主党は問題があれば、正すべきですが、野田さんにはその気持ちも余裕もないようです。
 このままでは、”議論”はなおざりに、この夏に原発への「依存割合を明記したエネルギー基本計画」がとんでもの議論を経て、上程されてしまう可能性があります。

 いまここ、自然エネルギー、再生可能エネルギーの未来にとってもとても大事です。注目しましょう。

関連エントリー
資源エネルギー庁 審議会 : 総合資源エネルギー調査会 基本問題委員会 #politicsjp-----自然エネルギー

参考エントリー
しなやかな技術研究会 GreenPost 2012/4/20-21

続きを読む "河野太郎衆議院議員がエネルギー基本計画のデタラメぶりを告発!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/18

NISSAN e-NV200 ”Key Technologies” e-NV200 映像ライブラリーより



-----NISSAN e-NV200 website > e-NV200 映像ライブラリーより

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファーストソーラー、全従業員の30%にあたる2000人を削減。ドイツ工場の閉鎖も

米ファースト・ソーラーが全従業員の30%削減へ、独工場も閉鎖-----ロイター、2012年 04月 18日

".....
人員整理で今年3000万─6000万ドル、将来的には年間1億─1億2000万ドルのコスト圧縮につながるという。
....."

 朝から気になっていたファーストソーラーのリストラのニュース。ここにクリッピングしておきます。

 世界的に太陽電池メーカーは、中国も台湾も含めて再構築の状況にあります。利益がでなくても増産を続ける中国メーカーが、この嵐を乗り切る保証もないと言われています。

 気になるのは、日本のメーカーの動向ですが、固定価格買取制度の施行により、大丈夫かもしれません。是非この間に、世界にも通じる日本の太陽電池製造の位置を確保していただきたいところです。

関連
First Solar Restructures Operations to Align With Sustainable Market Opportunities(April 17, 2012リリース)

" Frankfurt (Oder) Manufacturing Facility to be Closed;

Four Production Lines in Kulim, Malaysia, to be Indefinitely Idled;

Expected Savings of $100-120 Million Annually; 2012 Restructuring Charges of $245-370 Million; Company Pays Down $145 Million of Debt "



追加情報
ファーストソーラー First Solar、カリフォルニアで 550MWpの大規模太陽光発電所 Topaz Solar Farmの建設中-----ソフトエネルギー、2012/05/10

参考エントリー
太陽電池業界の熾烈な競争と業界の拡大。ファースト・ソーラーの太陽電池?-----ソフトエネルギー、2009/08/13

2011 太陽電池メーカーシェア / 自然エネルギーの世界----自然エネルギー、2012/04/05

おすすめエントリー

続きを読む "ファーストソーラー、全従業員の30%にあたる2000人を削減。ドイツ工場の閉鎖も"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3.11以降の、電力化石燃料の焚き増しについて #energy #oil #lng #politicsjp120417

3.11以降の、電力化石燃料の焚き増しについて
 石油、天然ガス、石炭

 下のツィートへのレスからはじまった、情報のまとめ

準備中
 しなやかな技術研究会 GreenPost 2012/4/18

参考
2010、2011年 月別発電量、燃料消費量の比較-----環境を考える、2012-03-14

"..........火力発電は9月から増加量が大きくなり、12月には前年同月比約42%増(2011年全体では18.3%増)。原子力の減少分を火力と節電でまかなった形です。
..........
関連ページ
LNG輸入が過去最高=火力発電で需要拡大-昨年
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201203/2012030800831
電力10社の燃料消費、重原油2.1倍・LNG1.3倍に
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819696E3E1E281968DE3E1E2E1E0E2E3E08698E2E2E2E2
.......... "

2011年の原子力発電は前年比37.1%に減少。火力は25.8%増加-----家電ウォッチ、2012年4月16日

" 電気事業の業界団体である電気事業連合会は、2011年度の発受電電力量の速報を発表した。電力会社10社合計の発電量は、9,372.0億kWhで、対前年比で94.9%に留まった。連合会では、東日本大震災および節電活動の影響としている。
..........
電気事業連合会
http://www.fepc.or.jp/
■2011年度発受電速報(PDF)
http://www.fepc.or.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2012/04/16/hatsuju_fy2011_0416.pdf
■2010年度発受電速報(PDF)
http://www.fepc.or.jp/library/data/hatsujuden/__icsFiles/afieldfile/2011/04/15/hatsuju_fy2010_0315.pdf
.......... "

時間をかけて進めるべき「脱原発」火力頼みの社会に潜む大きなリスク-----JB Press,2012.02.01

コメ-グラフがたくさんあり、わかりやすい。  しかし、前門の虎。地震、津波、原発の複合震災のリスクが考慮されていないか、私が思っているより低いと考えておられるようだ。もし、地震のリスクがこれほど高くなければ、日本でも段階的な脱原発など時間をかけた検討が望ましかった。しかし、3.11以前の私も含めた日本人の危機意識は、3.11の現実により打ち砕かれたと考えている。地震と原子力による、原発震災による文明崩壊さえありうると考えています。この点については、前門の虎でお題を後日くくるつもりです。

資料
電気事業連合会
/ 電力需要実績
/ 発受電速報

石油天然ガス・金属鉱物資源機構
/ 石油・天然ガス資源情報 - 世界LNG: 2011年の日本のLNG輸入、および世界LNG需給の状況 (Text) 2012/01/20

総務省統計局  :  世界の統計  第6章 エネルギー

続きを読む "3.11以降の、電力化石燃料の焚き増しについて #energy #oil #lng #politicsjp120417"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/17

日本の自然エネルギー

 今年は、日本の自然エネルギー、再生可能エネルギーの世界にとって、まさに肝の年です。
 はっきりいって、情報と経過についていけていません、、、、。ただ見守るのがせいいっぱいという状況です。

これは、FIT固定価格買取制度の話
再生可能エネルギーの全量買い取り制度の設計、最終段階へ-----ソフトエネルギー、2012/04/24

こちらは、エネルギー政策の話
国のエネルギー政策の議論 ”今ここ” 総合資源エネルギー調査会 基本問題委員会に注目しよう!-----自然エネルギー、2012/04/03

日本の自然エネルギー(Naverまとめ)

関連
日本の自然エネルギー Naverまとめ との連動

資源エネルギー庁 審議会 : 総合資源エネルギー調査会 基本問題委員会 #politicsjp-----自然エネルギー

イベント10/3 経産省はエネルギー基本計画見直しに際し、総合資源エネルギー調査会基本問題委員名25人を公開-----ソフトエネルギー、2011/09/28

続きを読む "日本の自然エネルギー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/16

世界一の風力発電機メーカー、ヴェスタスが中国企業に買収! ???

追加情報
[FT]三菱重工は風力発電大手を救えるか-----日本経済新聞、2012/9/4

"..........
ヴェスタスが三菱重工業と「戦略提携の可能性」について交渉中という先週のニュースは、投資家にいちるの望みを与えた。一部の株主の見るところ、洋上風力発電市場でシーメンスやゼネラル・エレクトリック(GE)などと戦おうとするヴェスタスが切に必要としている資本を与えることで、三菱重工は同社の救世主になる可能性がある。
.......... "

Vestas reaches 50GW of installed capacity-----Vestas,17 Apr. 2012

Vestas Drops as Investors Doubt Takeover News: Copenhagen Mover-----Bloomberg,Apr 17, 2012

Vestas Jumps as Denmark Declines Action on Bid: Copenhagen Mover-----SFGate,April 16, 2012

"Vestas Wind Systems A/S rose as much as 22 percent after Danish Energy Minister Martin Lidegaard said the government wouldn't block a possible bid for the world's largest wind-turbine maker.
.......... "

 当初の記事は以下、


中国2社、デンマークの風力発電用タービン最大手にTOB検討=報道-----ロイター、2012年 04月 16日

 世界最大の風力発電機メーカー、デンマークのヴェスタスに、株式公開買い付け(TOB)による買収の可能性。可能性は低いと見るむきもあるものの、なんと買収希望が、中国の企業。以前から、ヴェスタスの業績悪化の話は伝えられていたものの、ショックだわ、、、

関連
風力発電の設備容量において、中国が世界の首位に [株式会社グローバルインフォメーション]-----朝日新聞(News2u)、2012年04月06日

関連エントリー
ヴェスタス Vestas、世界で総計50GW、46000基を越える風力発電機を設置したと発表-----ソフトエネルギー、2012/04/18

ヴェスタス Vestas、累計1000基の3MW風力発電機 V112-3.0MW を販売。1機種1GW越えの快挙-----ソフトエネルギー、2011/11/25

巨大化する洋上風力発電機。ヴェスタス Vestas V164-7.0 MW-----自然エネルギー、2011/05/10

ヴェスタス Vestas、翼の直径164mの7MW洋上風車 Vestas V164 offshore wind turbine を発表-----ソフトエネルギー、2011/05/10

ヴェスタス Vestas、初の浮体式プラットフォーム WindFloatはこうして軽快に作られる! / YouTubeから-----自然エネルギー、2012/03/14

-----Google 関連サイト内検索 : ヴェスタス-----

参考
しなやかな技術研究会 GreenPost 2012/4/16

続きを読む "世界一の風力発電機メーカー、ヴェスタスが中国企業に買収! ???"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/14

期待される地熱発電

関連
出光などの地熱発電計画、地元に期待と不安 福島で説明会-----日本経済新聞、2012/4/11

" 出光興産などが福島県で計画する大規模地熱発電に地元で期待と不安の声が上がっている。国立公園内での採掘を認める規制緩和で増加が見込まれる地熱開発の試金石となるが、地元の温泉旅館などから慎重な声が相次ぐ。再生可能エネルギーの利用拡大と雇用増への期待もあるなか、開発側と地元がいかに共存を図るかが進展の鍵を握る。 "

コメント
■国内の地熱開発の今後の動きが気になります。
 規制緩和の動きがあり、急速に開発への意欲が業界、自治体に生まれる中での相克?

 日本経済新聞の記事より-----「出光興産などが福島県で計画する大規模地熱発電に地元で期待と不安の声が上がっている」-----環境省は3月にまとめた地熱開発の指針で、地熱開発業者は自治体や住民、温泉事業者との合意形成が必要と決めた。リスク管理や地元温泉街の振興策など判断材料を事業者側がどう提示できるかが焦点

●メリット
・再生可能エネルギーの利用拡大と雇用増への期待
・県は開発をテコにした産業活性化-----1千億円の投資で2千億円の波及効果と1.6万人の雇用創出効果

●デメリット
・地元の温泉旅館などから慎重な声が相次ぐ
・温泉の枯渇や成分変化が本当にないのか
・温泉側の意見が反映されないのは不公平-----温泉事業者は警戒感-----悪影響がないと言われても信じられない-----一定の賠償・補償があれば源泉を提供して廃業したいとの意見もある

参考
Twilog:最近の国内の地熱関連の情報のクリッピング

関連エントリー
しなやかな技術研究会 GreenPost 2012/4/14(Naver まとめ)

参考エントリー
人に愛される、世界一の地熱発電所- ニュージーランド ヌアワプルア 132MW-----再生可能エネルギー GreenPost,2012-04-13



2012 4月のクリッピング

クリッピング 2012

続きを読む "期待される地熱発電"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/12

資源エネルギー庁 審議会 : 総合資源エネルギー調査会 基本問題委員会 #politicsjp

 次代のエネルギー政策にとって重要な議論がここにある

資源エネルギー庁 審議会 : 総合資源エネルギー調査会
- 基本問題委員会について

"○委員名簿

○委員会の開催(議事要旨 議事録 配付資料 録画映像)
平成23年10月3日   第1回
平成23年10月26日  第2回
平成23年11月9日   第3回
平成23年11月16日  第4回
議事録(英語版)                    
平成23年11月30日  第5回
平成23年12月6日   第6回
議事録(英語版)
平成23年12月12日  第7回
平成24年1月18日   第8回
平成24年1月24日   第9回
平成24年2月1日    第10回
平成24年2月9日    第11回 
平成24年2月14日   第12回
平成24年2月22日   第13回
平成24年3月7日    第14回
平成24年3月14日  第15回
平成24年3月19日  第16回
平成24年3月27日  第17回
平成24年4月11日  第18回
平成24年4月16日  第19回 配付資料
平成24年4月26日  第20回 配付資料 録画映像
平成24年5月9日   第21回 配付資料 録画映像
平成24年5月14日  第22回 配付資料 録画映像
平成24年5月21日  第23回 配付資料 録画映像
平成24年5月24日  第24回 配布資料 録画映像
平成24年5月28日  第25回 
平成24年6月5日   第26回
平成24年6月19日  第27回
平成24年7月5日   第28回
平成24年7月11日  第29回
平成24年7月30日  第30回
平成24年8月23日  第31回
平成24年9月18日  第32回
.......... "

- 第18回基本問題委員会 配付資料

"■配付資料
配付資料一覧・議事次第
基本問題委員会委員名簿
座席表
資料1 「エネルギーミックスの選択肢に関する整理(案)」(事務局提出資料)
資料2 「『エネルギー需給の観点から見た新たな社会像』及び『それを実現する政策の基本方針』に関わる議論の整理」(事務局提出資料)
資料3 「エネルギーミックスにおける再生可能エネルギー及び火力発電に係る課題」(事務局提出資料)
資料4 「各選択肢における一次エネルギー供給とエネルギー起源CO2排出量の試算」(事務局提出資料)
資料5 「系統対策コストの試算方法について」(事務局提出資料)
資料6-1 「これまでの議論を受けて(選択肢の議論に関する国民からの御意見について②)」(事務局提出資料)
資料6-2 「これまでの議論を受けて(自動車用燃料としてのバイオ燃料・水素の活用について)」(事務局提出資料)
資料7 「2030年の原発依存度について」(大島委員提出資料)
資料7-2 「『エネルギーミックスの選択肢に関する整理(案)』(第17回会合の資料3-1)に関する質問とお願い」(大島委員提出資料)
資料8-1 「エネルギーミックスの選択肢に関する整理(案)についての意見」(阿南委員提出資料)
資料8-2 「原子力発電所事故に係る政府の施策に対する意見、並びに電気料金値上げに係る意見」(阿南委員提出資料)
資料9-1 「国民的議論に資する選択肢について」(枝廣委員提出資料)
資料9-2 「国民的議論に向けて」(枝廣委員提出資料)
資料10 「政策の選択肢について」(飯田委員提出資料)
資料11 「選択肢シナリオに関する意見」(植田委員提出資料)
資料12 「原子力に関する日本の選択肢-熟慮すべき視座-」(寺島委員提出資料)
資料13 「3.11後のシステム選択~定性的な選択肢の在り方~」(高橋委員提出資料)
資料14 「原発依存度と省エネに関する意見」(伴委員提出資料)
資料15 「省エネの選択肢について」(河野委員提出資料)
参考資料1 「基本問題委員会(第13・第14回会合)の議事録」(机上のみ)
第13回会合
第14回会合
参考資料2 「新しいエネルギー基本計画の策定に向けた国民からの御意見」
.......... "

関連情報・報道
エネルギー基本計画見直しのデタラメ----- 河野太郎公式ブログ ごまめの歯ぎしり、2012年04月20日-----Blogos版

" 現行のエネルギー基本計画を「ゼロベースで見直し」、「原発への依存度低減のシナリオを具体化する」はずの経産省の総合資源エネルギー調査会基本問題委員会の運営のデタラメぶりが度を超している。
.......... "

風力30倍必要…自然エネの割合35%なら 経産省試算-----朝日新聞、2012年4月12日

" ..........30年時点で発電量の35%を自然エネでまかなうと考えた場合、風力発電の比率はいまの30倍必要としている。
自然エネのなかで大きく伸ばす余地がある風力発電は現在、発電量の0.4%を担っている。自然エネ比率を35%とみた場合、風力の発電量は今の30倍の12%に高める必要がある。30%だと今の18倍、25%だと今の8倍と試算された。

 また、太陽光発電は3通りの案すべてで、今の0.3%を20倍の6%にする必要があるとはじいた。今は約90万戸の住宅の屋根に設置されているが、約1千万戸につける計算になる。
.......... "

経産省総合資源エネ調、「脱原発」「維持」論点示す-----日本経済新聞、2012/4/11

関連エントリー
河野太郎衆議院議員がエネルギー基本計画のデタラメぶりを告発!-----自然エネルギー、2012/04/21

国のエネルギー政策の議論 ”今ここ” 総合資源エネルギー調査会 基本問題委員会に注目しよう!-----自然エネルギー、2012/04/03

あ、ここ大事です。日本の次代のエネルギー政策が変わります。みんなでニコ生みよう!-----再生可能エネルギー GreenPost、2012-03-31

イベント10/3 経産省はエネルギー基本計画見直しに際し、総合資源エネルギー調査会基本問題委員名25人を公開-----ソフトエネルギー、2011/09/28


追加情報
2012/9/14 政府は「革新的エネルギー・環境戦略」を決定し発表 再生可能エネルギー豆知識

エネルギー政策の三択問題を解く 国の8月12日までのパブコメ対応



2012 4月のクリッピング

クリッピング 2012

続きを読む "資源エネルギー庁 審議会 : 総合資源エネルギー調査会 基本問題委員会 #politicsjp"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/11

経済産業省 調達価格等算定委員会 #fitjapan #politicsjp #renewjapan

追加情報

再生可能エネルギーの固定価格買取制度、経産省が既存分組み入れを検討!? 日経報あり-----自然エネルギー、2012/04/30

再生可能エネルギーの固定価格買取制度、議論まとまる。委員会報告書作成へ2-----ソフトエネルギー、2012/04/27

再生可能エネルギーの固定価格買取制度、議論まとまる。委員会報告書作成へ-----自然エネルギー、2012/04/26

再生エネ買い取りはきめ細かな設計で-----日本経済新聞、2012/4/26

 当初のエントリーは以下、


経済産業省 : 審議会
/ 調達価格等算定委員会

" 調達価格等算定委員会
平成24年3月6日 第1回 第1回議事要旨 第1回議事録 第1回配付資料
平成24年3月15日 第2回 第2回議事要旨 第2回配付資料
平成24年3月19日 第3回 第3回議事要旨 第3回配付資料
平成24年4月3日 第4回 第4回議事要旨 第4回配付資料
平成24年4月11日 第5回 第5回配付資料
平成24年4月25日 第6回 第6回配付資料
平成24年4月27日 第7回 第7回配付資料
.......... "

- 調達価格等算定委員会(第7回)‐配付資料

" 議事次第(PDF形式:65KB)
資料1 委員名簿(PDF形式:87KB)
資料2 平成24年度調達価格及び調達期間 に関する意見(案)(PDF形式:1,675KB)
別添 調達区分・調達価格・調達期間についての調達価格等算定委員会案(PDF形式:151KB) "

- 調達価格等算定委員会(第6回)‐配付資料

"議事次第(PDF形式:73KB)
資料1 委員名簿(PDF形式:87KB)
資料2 調達価格等算定委員会意見書作成に当たっての合意事項(案)(PDF形式:574KB)
資料3 特に議論が必要な論点(PDF形式:351KB)
資料4 回避可能費用について(PDF形式:284KB)
資料5 バイオマス発電について(農林水産省説明資料)(PDF形式:1.56MB)
資料6 下水道におけるバイオガス発電について(国土交通省説明資料)(PDF形式:255KB)
資料7 買取区分・買取価格・買取期間についての委員長案(PDF形式:149KB)"

- 調達価格等算定委員会(第4回)‐配付資料

" 議事次第(PDF形式:77KB)
資料1 委員名簿(PDF形式:87KB)
資料2 ヒアリング順(PDF形式:96KB)
資料3 水力発電の全量買取制度に対する要望(PDF形式:326KB)
資料4 FITによる小水力発電拡大の条件(PDF形式:134KB)
資料5 全量買取制度における木質バイオマス資源別電力単価シミュレーション総括(PDF形式:945KB)
資料6 清掃工場発電の買取価格等の要望について(PDF形式:770KB)
資料7 事業者ヒアリング(PDF形式:337KB)
資料8 バイオガス電気のIRRと買取価格(PDF形式:218KB)
資料9 バイオマス資源の種類とその利用コスト(PDF形式:557KB)
資料10 再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)における木質バイオマス発電に対する要望(PDF形式:504KB)
資料11 再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)における木質バイオマス発電に関する要望について(PDF形式:764KB)
資料12 再生可能エネルギーの固定価格買取制度について(PDF形式:562KB)
参考資料1 再生可能エネルギー電気の調達による賦課金等問題点の指摘と要望について(PDF形式:1.01MB)
参考資料2 前回の御指摘事項について(PDF形式:163KB) "

- 調達価格等算定委員会(第5回)‐配付資料

"議事次第(PDF形式:67KB)
資料1 委員名簿(PDF形式:89KB)
資料2 ヒアリングの結果について(PDF形式:1.01MB)
資料3 住宅用太陽光発電の買取方法について(PDF形式:798KB)"


関連報道
太陽光42円・風力23.1円 再生エネ買い取り価格案-----日本経済新聞、2012/4/25

太陽光発電は税込み42円 買い取り価格、経産省調整-----日本経済新聞、2012/4/23 2:02

UPDATE 1-Japan panel to set solar power fee at 51 cents/kwh -Nikkei-----Reuters,Apr 22, 2012

経産省の算定委、きょうから再生可能エネ買い取り価格・期間のとりまとめ議論-----日刊工業新聞、2012年04月11日

関連エントリー
しなやかな技術研究会 GreenPost 2012/4/25

"固定価格買取制度の大筋、今日決まってしまうのか!?
*4/25日のニコ生中継は冒頭の報告のみ、審議は非公開。その後、お昼ごろに記者会見が開かれ各社報道となっています。"

再生可能エネルギーの全量買い取り制度の設計、最終段階へ-----ソフトエネルギー、2012/04/24

再生エネルギー特別措置法案審議入り-----ソフトエネルギー、2011/07/14

[ Twilog : #fitjapan ]

[ Twilog : 調達価格等算定委員会 ]




2012 4月のクリッピング

クリッピング 2012

続きを読む "経済産業省 調達価格等算定委員会 #fitjapan #politicsjp #renewjapan"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/10

前日本地熱学会長江原幸雄・九州大名誉教授、地熱発電の普及および啓蒙活動を行うNPO 地熱情報研究所を設立

追加情報
地熱情報研究所

 コメント(2012/10/1)- ホームページが公開されていました!


 当初のエントリーは以下、


地熱発電応援NPO、手弁当で旗揚げ 前地熱学会長-----朝日新聞、2012年4月10日

".....前日本地熱学会長の江原幸雄・九州大名誉教授(64)が、地熱発電の普及を後押しするNPOを手弁当で立ち上げた.....市民向けの情報発信に専念する道を選んだ。

 このNPOは「地熱情報研究所」。研究者や技術者の有志を募り、地熱発電の意義やしくみを社会に広く知らせるネットワーク組織に育てる構想....."

コメント
 前日本地熱学会長の九州大名誉教授江原幸雄さんが、地熱発電の普及および啓蒙活動を行うNPO 地熱情報研究所を設立するとの発表がありました。

 今後の情報発信が期待されます。

関連
地熱情報研究所

"地熱情報研究所は2012年10月1日から活動を開始します。ご期待下さい。正式な開設までの間、予告として、以下の活動概要をお知らせ致します。
....."(トップページのみ公開されました。4/25)

地熱エネルギーブームに乗り遅れる日本 九州大学の江原教授に聞く-----日本経済新聞、2011/8/31

"..... ――日本の状況は。

 「日本はいったい何をやっているのかと海外からよく言われる。地熱の資源量では日本はインドネシアと米国に次いで世界3位だが、発電能力では8位だ。
.......... "

日本地熱学会

参考エントリー
環境省、国立・国定公園内における地熱開発の取扱い、および温泉資源の保護に関するガイドラインを発表-----自然エネルギー、2012/03/28

[ カテゴリー : 地熱 国内情報 ]

再生可能エネルギーに関する内閣府行政刷新会議の規制緩和内容、まもなく閣議決定か?-----ソフトエネルギー、2012/03/28

JFEエンジニアリング、福島県土湯温泉における温泉バイナリー発電の事業化調査に着手-----ソフトエネルギー、2012/02/07

[ ソフトエネルギー カテゴリー : 温泉、地熱、地中熱 ]



2012 4月のクリッピング

クリッピング 2012

おすすめエントリー

続きを読む "前日本地熱学会長江原幸雄・九州大名誉教授、地熱発電の普及および啓蒙活動を行うNPO 地熱情報研究所を設立"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/7/29 国家戦略室 当面のエネルギー需給安定策 #再稼動

国家戦略室
/ 革新的エネルギー・環境戦略

- 当面のエネルギー需給安定策
当面のエネルギー需給安定策(PDF)

" 当面のエネルギー需給安定策 ~エネルギー構造改革の先行実施~
平 成 2 3 年 7 月 2 9 日 エネルギー・環境会議決定 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原子力発電所に関する四大臣会合(経済産業省) #再稼動

追加情報
平成24年6月16日 原子力発電所に関する四大臣会合-----首相官邸

- GreenPost 2012/6/14-16日版-----しなやかな技術研究会、2012/06/15

平成24年6月8日野田総理会見-「国民生活を守る責務。 大飯原発3、4号機は 再起動すべき」記者会見(Naverまとめ利用)

首相官邸 : 大飯原発は安全性・必要性を確認。今、地元と話し合っています。

" 原子力発電所に関する四大臣会合を、
4月初めから6回にわたって、総理官邸にて連続して開催しました。
第6回会合の終了直後の会見で発表された概要は、次の通りです。

(会見者=枝野経済産業大臣) 発言要旨はこちら/全文はこちら

政府は「脱・原発依存」の方針。今回の会合も、その枠内で行われたもの。
昨年来、原発の安全確保対策を確実に積み上げてきた。
徹底的な事故検証から得られた知見の集大成として、「再起動に当たっての安全判断基準」3点を整理した。
大飯3、4号機は、その3基準を満たしていると確認した。
「安全性」が確認できても、「必要性」が認められなければ、再起動の判断には至らない。
関西電力の供給力積み増しを加えてもなお、このまま夏を迎えた場合、厳しい電力不足の可能性。
代わりに火力発電を最大限活用するとなると、コスト増で、遠からず電力料金値上げも避けられない。そのため、「必要性」はあると判断。
政府として、国民の皆さまや立地自治体の理解が得られるよう全力を挙げる。
理解が得られた後、再起動の是非を最終決断する。
今後も各発電所について、その都度判断していく。
今後も脱・原発依存の方針に沿って、具体的取組みを積み重ねていくことをお約束する。

※これまでの四大臣会合の開催日時は、以下の通りです。


第1回:4月3日19時-20時10分 第2回:4月5日18時10分-19時30分 第3回:4月6日17時30分-18時20分
第4回:4月9日19時-20時20分 第5回:4月12日17時20分-18時50分 第6回:4月13日18時30分-19時20分
出席者:野田総理、藤村内閣官房長官、枝野経済産業大臣、細野原発事故担当大臣
.......... "

大飯再稼働問題 民主が合同会議 主導・仙谷氏に批判続出-----東京新聞、2012年4月18日

".....政府の役職に就いていない仙谷氏が、再稼働をめぐる首相と関係閣僚の協議に出席していることについて、仙谷氏は「菅政権で官房副長官だった時に電力問題を担当していた経緯から官邸に呼ばれている」と説明した。....."

大飯再稼働:閣僚会合での協議「議事録なし」-----毎日新聞、2012年04月17日

"藤村修官房長官は17日の記者会見で、関西電力大飯原発3、4号機の再稼働を判断する関係閣僚会合をめぐり、事務方が退席した後の政治家のみによる協議について「自由討議であり、記録を残すような話し合いではない」と述べ、議事録を作成していないことを明らかにした。野田佳彦首相が原発の再稼働を「政治判断する」と明言している意思決定の場で、核心の議論を記録に残さない手法には批判が出そうだ。
..... "

*3/14日の枝野経済産業相の福井県知事訪問については、Twilog : 2012/4/14を「再稼動」で検索して単語をハイライトさせてクリッピング記事を拾ってください。

原子力発電所に関する四大臣会合(第6回)-----首相官邸、平成24年4月13日(資料あり)-----原子力発電所に関する四大臣会合-平成24年4月13日

原子力発電所に関する四大臣会合(第5回)-----首相官邸、平成24年4月12日(資料などの公開なし)


原子力発電所に関する四大臣会合(経済産業省)

" 原子力発電所に関する四大臣会合(第6回)終了後枝野経済産業大臣記者会見配布資料 (4月13日)
原子力発電所に関する四大臣会合(第4回)終了後枝野経済産業大臣記者会見配布資料 (4月9日)
原子力発電所に関する四大臣会合(第3回)終了後枝野経済産業大臣記者会見配布資料 (4月6日)
原子力発電所の再起動にあたっての安全性に関する判断基準(骨子) (4月5日)
原子力発電所に関する四大臣会合(4月3日開催) (4月9日更新) "

-原子力発電所に関する四大臣会合(第6回)終了後枝野経済産業大臣記者会見配布資料

 -原子力発電所に関する四大臣会合(第4回)終了後枝野経済産業大臣記者会見配布資料

"原子力発電所に関する四大臣会合(第4回)終了後の枝野経済産業大臣記者会見にて、配布しました資料は以下のとおりです。

判断基準に対する大飯発電所3、4号機の対応状況(PDF形式:1,317KB)
原子力発電所を再起動しない場合の関西電力管内の電力需給見通し、燃料費の増加について(PDF形式:362KB)
原子力発電所を再起動しない場合の関西電力管内の電力需給見通し(供給力内訳)(PDF形式:95KB)
.........."

関連報道
運転再開の必要性 福井知事に説明-----NHK,4月14日

" 枝野経済産業大臣は、14日、福井県の西川知事と会談し、関西電力大飯原子力発電所について運転再開の必要性があると伝えました。
これに対し西川知事は、県議会などの意見を聞いたうえで県としての判断をまとめたいと述べました。 "

大飯原発「再稼働妥当」 政権が安全性確認、地元要請へ-----朝日新聞、2012年4月13日

" ..野田政権は13日夜の関係閣僚会合で安全性を最終確認し、再稼働することが妥当だと判断した。これを受けて、枝野幸男経済産業相は14日に福井県を訪問し、再稼働を要請する.. "

経産相 再稼動ないと厳しい節電要請-----NHK,4月13日

「チーム仙谷」再稼働主導 首相・閣僚4者協議 形だけ-----東京新聞、2012年4月11日

" 関西電力大飯(おおい)原発の再稼働問題で、野田佳彦首相と関係三閣僚が頻繁に会合を開き、議論している。だが、再稼働問題は実質的には仙谷由人党政調会長代行が中心となる通称「五人組」が、水面下で議論を仕切っている。そして首相らの四者の協議は、それを追認するような形だ。まさに政府・与党、さらに財界、霞が関が一体となって「再稼働ありき」を進めようとしている構図が浮かび上がる。
..........
四者協議のメンバーでもある枝野、細野の両氏と、仙谷氏、古川元久国家戦略担当相、斎藤勁官房副長官の五人組。リーダー格は仙谷氏で「チーム仙谷」とも呼ばれている。
.......... "

関電大飯3・4号機の安全性確認、再稼働は動向みて判断=4大臣-----ロイター、2012年 04月 10日

"..野田佳彦首相と枝野幸男経済産業相ら関係3閣僚は9日午後、原子力発電所の再稼働問題で4回目の協議を行い、関西電力(9503.T: 株価, ニュース, レポート)大飯原子力発電所3、4号機(福井県おおい町)の安全性を事実上、確認した。"

関連エントリー
大飯原子力発電所、拙速な政治判断による #再稼動 方針に抗議し、撤回を求めます-----しなやかな技術研究会

大飯原発再稼動めぐる4大臣会合。全員一致まで議論の意味がわからない-----再生可能エネルギー GreenPost、2012-04-03



2012 4月のクリッピング

クリッピング 2012

続きを読む "原子力発電所に関する四大臣会合(経済産業省) #再稼動"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/06

プラネットソーラー PLANETSOLAR、世界初の大型ソーラー船による世界一周の旅、残り30日を切る!

 モナコを出発して、555日、のべ57549kmを旅してきた世界初の大型ソーラー船、プラネットソーラー PLANETSOLAR は、最終目的地であるモナコまであと30日を切ったということです。

Solarplanet1204map
-----image : PLANETSOLARのサイトより

 下のビデオクリップは、2月に撮影されたアブダビから紅海へと向かう航海の様子です。1年の疲れが船にもクルーにも感じられません。いい旅だったのですね。
 (危険なところを通過するということで、”武装”! そんなシーンも映っています。)

Minute PlanetSolar - Février/February 2012

(planetsolar, 2012/03/07 )

追加情報
プラネットソーラー PLANETSOLAR、世界初の大型ソーラー船による世界一周の旅を達成-----ソフトエネルギー、2012/05/07



関連
PLANETSOLAR / log book

プラネットソーラー PLANETSOLAR、ソーラー船での世界一周までのこり約2000km!-----再生可能エネルギー GreenPost,2012-03-14

プラネットソーラー PLANETSOLAR、世界初の大型ソーラー船を2月25日に公開。2011年4月から世界一周の旅へ-----しなやかな技術研究会、2010/03/04



2012 4月のクリッピング

クリッピング 2012

続きを読む "プラネットソーラー PLANETSOLAR、世界初の大型ソーラー船による世界一周の旅、残り30日を切る!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[備忘録] 太陽光発電、太陽電池 #renewsolar #pv #renew2012

・Twilogでのタグ検索

[#renewsolar #pv]

[#renew2012]

[国内・太陽光発電&太陽電池]

[USA・太陽光発電&太陽電池]

[ドイツ・太陽光発電&太陽電池]





太陽光発電600万キロワットは、100万キロワットの原発1基分の発電に相当は、考え方として正しいか? #renewpv120321

ドイツの自然エネルギー / おまとめサイト #renewgermany120404






おすすめエントリー
Solarbuzz、世界の太陽光発電の現状と2012年度を分析。2012年は13%増にとどまる低い水準との予測も-----ソフトエネルギー、2012/04/04

2011 太陽電池メーカーシェア / 自然エネルギーの世界-----自然エネルギー、2012/04/05

続きを読む "[備忘録] 太陽光発電、太陽電池 #renewsolar #pv #renew2012"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bookmarks「ドイツの自然エネルギー / おまとめサイト」用

ドイツの自然エネルギー / おまとめサイト #renewgermany120404用のブックマーク集です。



資料

環境エネルギー政策研究所 ISEP / 2012/04/18 【ブリーフィングペーパー】ドイツは自然エネルギーへのシフトを継続する
- ドイツ環境省プレスリリース(4月5日)「ドイツのエネルギーシフトは達成可能である –利益も生む」(Die Energiewende ist machbar - und zahlt sich aus)(ドイツ語)が紹介されている。

・新エネルギー財団 : 2012/3/6 国際シンポジウム「自然エネルギーを支える政策枠組 - ドイツは固定価格買取制度をいかに構想・実現したのか」 配布資料および録画(貴重な資料です。)

A Base Load Free Power System-----Consumer Energy Report,2012/04/05(コメ-ドイツの電力オペレーショナルの問題点を指摘。ドイツ国内でも再生可能エネルギーの再評価への動きがあり、なかなか興味深い内容です。)

参考
100%Village  STUDY 太陽光発電 その2-----マガジンハウス、2012.4.3

"日本とドイツの太陽光発電の導入量の推移(作成:ISEP)"

フライブルクから地球環境を考える~村上 敦のエコ・エッセイ~ 

Development of renewable energy sources in Germany in 2011 - Graphics and tables-----Federal Ministry for the Environment, Nature Conservation and Nuclear Safety,March 2012

Federal Environment Ministry : Renewable Energy Downloads

[ ドイツの再生可能エネルギーへの取り組み / 資料 (「BMU Brochure: Innovation Through Research(May 2011)」より●1974-2010 ドイツ連邦のエネルギー関連予算 2010-2020 ドイツのエネルギー供給計画・再生可能エネルギー) ]


BDEW-----Energiedaten-----BDEW : About us


●関連エントリー
Q-cells 堕つ! ドイツの太陽電池大手のQセルズが経営破綻-----ソフトエネルギー、2012/04/03

アメリカの半ば完成前の集光型太陽熱発電(CSP)建設プロジェクト Blythe power plants が資金難で頓挫-----自然エネルギー、2012/04/04

ドイツの再生可能エネルギーの電力に占める割合は20%を超えた模様。エネルギー消費比では、約12%を達成-----ソフトエネルギー、2012/01/11

ドイツ、全原発廃止を閣議決定。7月の上下院審議でも通過の見通し-----ソフトエネルギー、2011/06/07

ドイツの再生可能エネルギー、2010年に電力の17%、総エネルギーに対して11%を達成。さらに、広がる脱原発の動きに注目!-----ソフトエネルギー、2011/05/06

Renewable_energy_sources_20104f1
-----image(”Renewable energy sources as a share in final energy consumption in Germany
- 2010”) : 「Renewable energy sources 2010」-P.4より

[ ソフトエネルギー カテゴリー : ドイツ ]

[ カテゴリー : ドイツ ]

-----European Energy Exchange:(電気のお取引内容)

-----Twilog GreenPost : #renewgermany-----(ドイツの主に再生可能エネルギーに関するツィート)



2012 4月のクリッピング

クリッピング 2012



ドイツの自然エネルギー / おまとめサイト #renewgermany120404用のブックマーク集です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/05

2011 太陽電池メーカーシェア / 自然エネルギーの世界

追加情報
2012 太陽電池メーカーシェア / 自然エネルギーの世界-----自然エネルギー、2013/02/01


 当初のエントリーは以下、


[ Google : 太陽電池 グローバル シェア ]

 このエントリーも20092010、そして今回と3回目になりました。毎年参照するWikipediaのデーターは、単独で利用できるほどに充実したものになり、助かります。

Wikipedia : List of photovoltaics companies

"top 10 solar module players
2011 Ranking, Solar Module Company, 2010 ranking, Marketshare

No.1 Suntech (1) 8.1%
No.2 First Solar (2) 7.9%
No.3 Yingli (4) 6.4%
No.4 Trina (5) 6.1%
No.5 Canadian (6) 5.3%
No.6 Sharp (3) -
No.7 Sunpower (8) -
No.8 Hanwha
Solarone (7) -
No.9 Jinko (10) -
No.10 REC (10) -

Source PVinsights "

Wikipediaには、さらにさまざまなランキング情報などが掲載され、そちらを参照されることをお勧めします。以前は、これだけの情報を集めるとなると大変でした。

 ただし、最新の出荷量MW値付のデーターでは、No.10に京セラが食い込んでいます。今はこちらのデーターを使ってます。

Suntech Tops 2011 PV Module Rankings as Chinese Dominance Continues-----IMS Research,27 February 2012

" 2011 Photovoltaic Modules Supplier Rankings

No.1 Suntech
No.2 First Solar
No.3 Yingli
No.4 Trina
No.5 Canadian
No.6 Sharp
No.7 Jinko Solar
No.8 Sunpower
No.9 Hanwha Solarone
No.10Kyocera

Source IMS Research "

Ims_research__2011_pv_module_rankin
-----image : IMS Research,27 February 2012リリースより


IMS Researchhaは、以下のように日本語で2011年の太陽光発電市場の実績と今後の見通しを発表しています。


2011年の太陽光発電世界市場、前年比40%増の27.4GWに成長-----IMS Research、2012年3月19日

120319_world_solar_photovoltaic_mar
-----image(”図1: 太陽光発電主要国市場規模(単位:GW) 出典: NPD Solarbuzz 2012 Marketbuzz”) : 同リリースより

" 価格下落や欧州の補助金削減により、ソーラー企業は2012年に大きな課題に直面

2011年、世界の太陽光発電設置量が前年比40%増の27.4GWに到達し過去最高を記録した。NPD Solarbuzzが本日発行した年刊レポート、2012 Marketbuzz®で明らかにしている。

ソーラー支援策が今後一層引き締められる見通しから、2011年は下半期に需要が旺盛になり年間全体の市場成長につながった。上半期には生産が過剰になり、これが2011年市場の特徴ともなるPVチェーン全体の価格の継続的下落をもたらした。また、結晶シリコン系のウエハー/セル/モジュール生産における中国メーカーの優勢はさらに強まっている。薄膜のシェアは低下しており、アジア市場の需要が急拡大している。

2011年の太陽光発電産業の収益は世界全体で930億ドルに達し、前年比12%増を示している。株式発行や負債による資金調達額は80億ドル以上だった。

Marketbuzz®には100ヵ国以上の太陽光発電市場データを収録している。2011年の上位5ヵ国はドイツ、イタリア、中国、米国、フランスで、これらで世界需要の74%を占めている。中国市場は前年比470%増という爆発的成長を見せており、前年に7位だった順位を3位に上げている。

欧州の2011年設置量は18.7GW、世界需要に対するシェアは68%である。2010年の欧州シェアは82%だった。フランスとイタリアの両市場が堅調な伸びを示し、ドイツでも年末に需要が伸びたことから、ドイツ、イタリア、フランスの合計で欧州市場全体の82%を占め、前年並みを維持する結果となった。
..........
2011年のソーラーセル世界生産量は29.5GW、前年の23.0GWから増加した。薄膜の生産量が全体の11%を占めている。中国・台湾の生産シェアは前年の63%から2011年には74%に拡大した。

ポリシリコンメーカー上位10社の2011年の生産能力は年間20万4000トンとなっている。また、ウエハーメーカー上位10社で世界全体の生産能力の44%を占めている。

2011年上半期にソーラーセル生産量が需要を上回ったため、2011年には結晶シリコンモジュール工場出荷価格の加重平均が28%下落した。14%下落した2010年と比べ大幅な下げ幅となっている。また、 Q4’11の価格はQ4’10より46%も下がっている。

モジュール工場出荷価格は今後5年間で2011年レベルから43%~53%下がると見られている。2012年の結晶シリコン系の平均工場出荷価格は2011年平均と比べて少なくとも29%の下落を示すと予想される。

今後1年間で世界市場に占めるその他地域の需要シェアが32%に上昇すると見られている。昨年はシェア20%だった。その一方で欧州のシェアが53%に下がる見通しだ。欧州市場のシェアは2016年までに42%を下回るまで落ちると見られており、代わって北米やアジア市場の一部が急成長すると予想される。中国市場のシェアは2016年までに17%に到達の見通しである。
.......... "

参考
Global PV Installations to Hit 24 GW in 2011 Predicts IMS Research-----IMS Research,15 November 2011

Lux Research Reveals 2011 Top 10 Module Manufacturers-----Lux-Research,March 14, 2012

2011 Photovoltaic Modules Supplier Rankings By PV Module Shipments in MW-----Renewable Energy Sources,2012/02/27

Surprise: Chinese Suppliers Dominate Solar PV Module Rankings-----Renewable Energy World,2012/02/28

The global market for solar cells-----Washington Post,December 16, 2011


参考2
PV Technology, Production and Cost Outlook: 2010-2015-----GTM Reserch,OCTOBER 26, 2011

PV installations, technology, production and cost: Perspectives of the global solar industry by 2015-----Solarserver,05.05.2011

関連エントリー
太陽光発電協会、一般住宅用の太陽光発電システムが累計100万件を突破したと発表-----自然エネルギー、2012/06/04

2010 太陽電池メーカーシェア / 自然エネルギーの世界-----自然エネルギー、2010/12/21

2009太陽電池メーカーシェア PV-Tech.orgの記事から / 自然エネルギーの世界-----自然エネルギー、2010/06/08

参考エントリー
世界最大のメガソーラー ウクライナ PEROVO 太陽光発電所 100MWp-----自然エネルギー、2012/04/23

Solarbuzz、世界の太陽光発電の現状と2012年度を分析。2012年は13%増にとどまる低い水準との予測も-----ソフトエネルギー、2012/04/04

ドイツの自然エネルギー / おまとめサイト #renewgermany120404-----自然エネルギー、2012/04/04



2012 4月のクリッピング

クリッピング 2012

続きを読む "2011 太陽電池メーカーシェア / 自然エネルギーの世界"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/04

ドイツの自然エネルギー / おまとめサイト #renewgermany120404

検索窓
-----Googele : germany renewable energy-----

資料や参考サイト用の”別室”を作りました
[ Bookmarks「ドイツの自然エネルギー / おまとめサイト」用 ]



コメント-120730
 ドイツ語の壁を感じますが、英語の情報も増え、政府関連の情報へのアクセスのこつもちょっとわかってきました。もう少し、時間を割いて調べたい国です。

ドイツ連邦環境省、2050年再エネ80%達成のために、貯蔵技術に関する研究プロジェクトを推進!-----再生可能エネルギー GreenPost、2012/7/30


コメント-120418

 ドイツの太陽光発電が記録的な発電量をマークしたそうです。

ドイツの太陽光発電、好天にめぐまれ過去最高の22GWの発電量を記録-----再生可能エネルギー GreenPost、2012/5/30


コメント-120418

 環境エネルギー政策研究所 ISEPは、2012/04/18 【ブリーフィングペーパー】ドイツは自然エネルギーへのシフトを継続するを公開しました。

 ドイツは自然エネルギーへのシフトを継続しているという状況に対して、市場は1年も前から織り込み済みだったという、Qセルズの破綻に対して、必要以上に世界が騒ぐのでドイツの関係者が一番驚いている、という観測記事を読みました。実際、日本でもQセルズの破綻をもって、欧州経済、世界経済そのものの活力の問題とまるで別なように、”再生可能エネルギー政策の破綻だ”のような論調の記事も目にします。

 こうした過剰な反応に対して、多くの情報を屈指して、ドイツの状況を描いているリポートです。


コメント-120406

 自然エネルギー財団が、3/6日に行ったイベントのアーカイブが公開されました。以下のエントリーにリンクを追加しました。

イベント 3/6 自然エネルギー財団国際シンポジウム ドイツでは固定価格買取制度をいかに構想し実現したのか-----ソフトエネルギー、2012/02/28

 ドイツの再生可能エネルギー利用では、なぜ日本の専門家がその必要性を指摘するような大規模な蓄電池がないのか? 答え 電気の見える化とそのオペレーションをEU内で行おうとしているから。これが日本でも採用できるかは、まだわかりませんが。下のような見方もあります。

A Base Load Free Power System-----Consumer Energy Report,2012/04/05(コメ-ドイツの電力オペレーショナルの問題点を指摘。ドイツ国内でも再生可能エネルギーの再評価への動きがあり、なかなか興味深い内容です。)

 


コメント-120404

 ドイツの自然エネルギーの状況、ちょっと検索しただけで興味深い情報があるわ、あるわで、とりあえず。エントリーをたてておきます。

 Q-cellsの破綻の記事がヒット数を稼いだのは、”市場関係者”の関心をひいてしまったためと思われる。自然エネルギーを普及させたくて、さまざまな情報を集めるという、当ブログの主旨からすると、痛し痒しというところです。しかし、なんにせよ再生可能エネルギーの動向がこれほど高い関心を集めているというタイミングは無視できない。
 そして、ドイツの太陽光発電関連の企業や研究者の動きも気になります。
 今回の太陽電池メーカーが次々と倒産していく状況に関しては、現地ドイツは冷静に受け止めています。また政権も再生可能エネルギーの推進は堅持するとアナウンスしています。ということで、興味をもって情報を集めるつもりです。


参考
コメント-120404

 このNRDC Switch Boardの記事を読んで印象的だったことは、内容より、今のドイツのエネルギーなどの選択に3.11が大きな影響と陰を落としているという点。脱原発の動きが、結局化石燃料への依存をリスクとして高めているという指摘が、なんとも日独の立場の違う国が、3.11後妙に似た状態に置かれる状況になったことに気づかせてくれました。  ドイツは、早期の脱原発(2022年)を選択。日本は、再稼動に揺れ、今年新たなエネルギー政策を”決定しなくてはいけない”ということで政治も揺れている。さて、両国の今後はというところですね。

The risk of locking in coal and stifling gas: Germany's reaction to Fukushima-----NRDC Switch Board,April 3, 2012

独Qセルズが破産申請へ-国内太陽電池大手の経営破綻相次ぐ-----ブルームバーグ、4月3日

".....中国勢との競争激化で苦戦。中国企業の増産に伴い太陽光パネルは供給過剰状態が生じている。ドイツではこの4カ月間にソロンとソーラー・ミレニアム、ソーラーハイブリッドがいずれも経営破綻した....."

Greek And German Officials Call For Investments In Greek Solar Energy-----WSJ.com,April 3, 2012

太陽光の買い取り価格大幅引き下げ 独で法案可決 -----日本経済新聞、2012/3/30

"..4月1日以降に導入した太陽光発電は原則として、規模に応じて価格を約20~30%引き下げる。.."

Solar Industry Association demands further corrections to planned cuts in support-----German Solar Industry Association(BSW-Solar),27.03.2012

Germans Revise Solar PV Tariffs for 2012 and Set New Degression Schedule-----wind-works.org,March 30, 2012

Promoting Solar Energy In Germany...Lessons for San Diego and California?-----October 25, 2007 at the San Diego Solar Energy Conference

Bookmarks
[ Bookmarks「ドイツの自然エネルギー / おまとめサイト」用 ]

続きを読む "ドイツの自然エネルギー / おまとめサイト #renewgermany120404"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカの半ば完成前の集光型太陽熱発電(CSP)建設プロジェクト Blythe power plants が資金難で頓挫

米ソーラー・トラストが破綻-太陽光発電所完成前に-----ウォールストリートジャーナル、2012年 4月 3日

" ソーラー・トラストは同社資産を入札で売却する準備をしており、近くで別の大型太陽光発電所建設をしているライバルのネクステラ・エナジー・リソーシズLLCが関心を示している。 "

関連
Solar Trust of America

" Solar Trust of America Statement on Bankruptcy Filing----- April 3, 2012
voluntary petitions were filed in the United States Bankruptcy Court of the District of Delaware by Solar Trust of America, LLC and several affiliates. The Court has approved an interim funding facility to ensure an orderly and comprehensive sale of the assets of Solar Trust of America and its affiliates.
Contrary to inaccurate media reports, no taxpayer funds were loaned to Solar Trust of America. The company withdrew from the Department of Energy's Loan Guarantee Program in August 2011 foregoing any government funding for the Blythe Solar Power Project. "

Collapse of German Solar Companies Threaten California's Big Solar Projects-----Forbes,4/03/2012

German Stocks Little Changed Before U.S. Factory Report‎-----Bloomberg,Apr 4, 2012

コメント
 ほとんど施設としては完成していた集光型太陽熱発電(CSP)Blythe power plantsが頓挫した。ソーラーミレニアムのアメリカでの拠点企業となっていた、ソーラー・トラストも今年のはじめに倒産したソーラーミレニアムにあとを追って破綻した。系統への接続料が担保で規定ないということで、発電所としては機能せず、、、、

 なんともはや。ただただ、もったいない。

関連エントリー
独ソーラーミレニアム Solar Millennium、カリフォルニアで1ギガワットの集光型太陽熱発電(CSP)Blythe power plantsの建設認可を受け、2013年の完成をめざす-----ソフトエネルギー、2010/10/29

ソーラーミレニアム Solar Millennium、加州の1GWの集光型太陽熱発電所建設計画を見直し。500MWをPVへ-----ソフトエネルギー、2011/10/19





2012 4月のクリッピング

クリッピング 2012

続きを読む "アメリカの半ば完成前の集光型太陽熱発電(CSP)建設プロジェクト Blythe power plants が資金難で頓挫"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/03

国のエネルギー政策の議論 ”今ここ” 総合資源エネルギー調査会 基本問題委員会に注目しよう!

追加エントリー
資源エネルギー庁 審議会 : 総合資源エネルギー調査会 基本問題委員会 #politicsjp

 当初のエントリーは以下、


 今年2012年は、わが国のエネルギー政策を決める(決まってしまう)上で大変重大な年となりました。自然エネルギーの普及拡大、そして、昨年の地震&津波、さらに福島原子力発電所の今も続く過酷事故が、つきつけたあまりにも厳しい現実があります。この中での議論です、しっかりと眼を開いて見ていく必要があると思います。

 総合資源エネルギー調査会 : 基本問題委員会

"平成24年3月27日  第17回 議事要旨 配付資料 録画映像"

 時間がなくても上の17回の録画をクリックするとニコ生が見られます。冒頭の10分だけでも雰囲気を是非みてください。



2012 4月のクリッピング

クリッピング 2012

続きを読む "国のエネルギー政策の議論 ”今ここ” 総合資源エネルギー調査会 基本問題委員会に注目しよう!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/02

LIXILとシャープ、屋根一体型太陽光発電システム「ソーラールーフ」を新発売

LIXIL、シャープ共同開発商品 第1号 屋根一体型 太陽光発電システム「ソーラールーフ」新発売-----LIXIL,2012年3月29日


Nr200_01
-----image : 同リリースより

" 株式会社LIXIL( 略)とシャープ株式会社(略)は、屋根一体型の太陽光発電システム「ソーラールーフ」※を共同開発し、LIXILが4月2日から地域の工務店・工事店などの建材・設備市場向けにLIXILブランドにて発売を開始します。
※新築・スレート屋根対応用
..........
屋根一体型 太陽光発電システム
 「ソーラールーフ」施工例

 【写真価格】
  3,404,200円(税抜)
  太陽電池モジュール、パワーコンディショナ、
  カラーモニターの合計金額(架台、配線材、配置
  工事費等は含まず)

 【写真仕様】
   太陽電池枚数:27枚
  回路数:3回路
  システム出力:5,103W
..........
一般的に戸建住宅にソーラーパネルを搭載する場合は、屋根材の上に架台を取り付け、その上にモジュールを設置します。今回開発した「ソーラールーフ」は、モジュール自体を屋根材として使用できる構造にしたことで、屋根に後から穴を開ける必要がないため雨漏りの心配を軽減でき、一度の工事で施工できます。さらに新築住宅の設計時には屋根全面をソーラーパネルにすることが可能※なため、大きな発電量が期待できる上、建材一体型の特長である凹凸の無いデザイン性に優れた屋根に仕上がります。
※屋根全面をソーラーパネルにするには、予め設計上の打合せが必要です。
 また性能面では、発電効率の高いシャープ製のモジュールに、LIXILが開発した『3重の止水構造』の取り付け部材を採用することで、高い発電性能と優れた防水構造を実現しています。さらにモジュールの下には通風経路を設け、屋根の棟側から自然に排熱するオリジナル構造となっており、発電効率の低下を防止します。
.......... "

参考エントリー
シャープと新日鉄マテリアルズ、太陽電池用多結晶シリコン原料製造販売の共同事業会社、NSソーラーマテリアルの解散を発表-----ソフトエネルギー、2012/03/29

おすすめエントリー
シーメンス Siemensが海洋エネルギーへの取り組みを強化。SeaGen 潮流発電プロジェクト-----再生可能エネルギー GreenPost,2012-04-02

台風1号 パカー PAKHARが発生し93時間の寿命をまっとう、カンボジア付近で消滅-----しなやかな技術研究会、2012/04/02

NEDO、太陽光発電の発電量把握のための日射量データベースなどをバージョンアップ。Web版も公開-----ソフトエネルギー、2012/04/02



2012 4月のクリッピング

クリッピング 2012

続きを読む "LIXILとシャープ、屋根一体型太陽光発電システム「ソーラールーフ」を新発売"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012 - 4月のクリッピング

 4月は、政治にも気をとられながらも、具体的にどう進むのか、進み方がわからなくても、選択肢の中でのシビアな選択が迫られることになる気がします。個人的にも、社会的にもということです。

 問題は、時間。しかし、時間は技術的なことしか解決できないので、本当は心。
 結局は、一人一人が胸に手をあてて考える時間をどれだけ大事にできるかではないかと、、、



再生可能エネルギー全般にかかわる話題


希望のコミュニティ 脱原発 をめざす首長会議が結成されました-----再生可能エネルギー GreenPost、2012-04-29

再生可能エネルギーの固定価格買取制度、議論まとまる。委員会報告書作成へ2-----ソフトエネルギー、2012/04/27

河野太郎衆議院議員がエネルギー基本計画のデタラメぶりを告発!-----自然エネルギー、2012/04/21

次代のエネルギー政策にとって重要な議論がここにある

資源エネルギー庁 審議会 : 総合資源エネルギー調査会 基本問題委員会 #politicsjp-----自然エネルギー、2012/04/12

経済産業省 調達価格等算定委員会 #fitjapan #politicsjp #renewjapan----自然エネルギー

再生可能エネルギー-----(Ameba),2012-04-05

国のエネルギー政策の議論 ”今ここ” 総合資源エネルギー調査会 基本問題委員会に注目しよう!-----自然エネルギー、2012/04/03


海外太陽光発電


話題の大規模太陽光発電所 メガーソーラー 世界一とアジア一の規模の発電所はどこに?-----再生可能エネルギー GreenPost、2012-04-24

アジア最大のメガソーラー タイ Lopburi 太陽光発電所 73MWp-----ソフトエネルギー、2012/04/24

世界最大のメガソーラー ウクライナ PEROVO 太陽光発電所 100MWp-----自然エネルギー、2012/04/23

米ファースト・ソーラーが全従業員の30%削減へ、独工場も閉鎖-----ロイター、2012年 04月 18日

シャープ、イタリア現地合弁会社で5ヶ所の合計約14.4MWの大規模太陽光発電所を稼動-----再生可能エネルギー GreenPost、2012-04-12

2011 太陽電池メーカーシェア / 自然エネルギーの世界-----自然エネルギー、2012/04/05

Solarbuzz、世界の太陽光発電の現状と2012年度を分析。2012年は13%増にとどまる低い水準との予測も-----ソフトエネルギー、2012/04/04

Q-cells 堕つ! ドイツの太陽電池大手のQセルズが経営破綻-----ソフトエネルギー、2012/04/03


国内太陽光発電


足利市、公共施設の屋根を太陽光発電用に貸し出します。ユニークな「屋根貸し」事業を開始-----再生可能エネルギー GreenPost、2012-04-22

NTT、非常に薄いGaN系半導体薄膜素子を低コストで作製する技術を開発。太陽電池、LEDへ応用も期待-----ソフトエネルギー、2012/04/13

日本でも100MWp前後の超大型太陽光発電所が計画される時代になりました-----再生可能エネルギー GreenPost、2012-04-11

LIXILとシャープ、屋根一体型太陽光発電システム「ソーラールーフ」を新発売-----自然エネルギー、2012/04/02

NEDO、太陽光発電の発電量把握のための日射量データベースなどをバージョンアップ。Web版も公開-----ソフトエネルギー、2012/04/02

平成24年度住宅用太陽光補助金の補助単価が発表されました-----ソフトエネルギー、2012/03/31


省エネ


私のクラウドを汚すのは誰? Apple、Amazon、Microsoftなの?-----再生可能エネルギー GreenPost、2012-04-19


海外風力発電


ヴェスタス Vestas、世界で総計50GW、46000基を越える風力発電機を設置したと発表-----ソフトエネルギー、2012/04/18

世界一の風力発電機メーカー、ヴェスタスが中国企業に買収! ???-----自然エネルギー、2012/04/16


国内地熱


期待される地熱発電-----自然エネルギー、2012/04/14

人に愛される、世界一の地熱発電所- ニュージーランド ヌアワプルア 132MW-----再生可能エネルギー GreenPost、2012-04-13

地熱発電応援NPO、手弁当で旗揚げ 前地熱学会長-----朝日新聞、2012年4月10日


気になる話題・技術


Sun Catalytix (MIT : ダニエル・ノセラ教授 Daniel Nocera)-----自然エネルギー、2012/04/24

NAVERまとめ、って知ってました?-----再生可能エネルギー GreenPost,2012-04-16

日立と日立産機、レアアースを用いずに最高水準の11kW高効率永久磁石同期モーターを開発-----しなやかな技術研究会、2012/04/13

原子力発電所に関する四大臣会合(経済産業省) #再稼動-----自然エネルギー

SPring-8大型放射光施設に世界最大級の蓄電池専用解析施設 RISINGビームラインが完成-----しなやかな技術研究会、2012/04/10

NHK世論調査 原子力発電所の運転再開について 賛成15% 中立42% 反対39%-----再生可能エネルギー GreenPost、2012/04/10

今日の図版:世界の原子力発電の設備利用率の推移 エネルギー白書2011-----しなやかな技術研究会、2012/04/09

再稼動、政治決断しないでください!-----しなやかな技術研究会、2012/04/03


海外海洋エネルギー


再生可能エネルギーの実務を企業からも学べるドクターコースってあるのかな、、-----再生可能エネルギー GreenPost、2012-04-04
(MEMO:Studentship Opportunities in the Institute of Energy Systems----- University of Edinburgh エジンバラ大学 再生可能エネルギー 海洋エネルギー専攻ドクターコースの案内)


海外太陽熱発電(集光型も含む)


米ソーラー・トラストが破綻-太陽光発電所完成前に-----ウォールストリートジャーナル、2012年 4月 3日


国内海洋エネルギー


国内風力発電


イベント情報


気候変動

GreenPostの今日


2012/4/14のしな研

Naver まとめ、勧められたので今日から使ってみます


テーマ


ドイツの自然エネルギー / おまとめサイト #renewgermany120404-----自然エネルギー、2012/04/04


前月からの継続テーマ


太陽光発電600万キロワットは、100万キロワットの原発1基分の発電に相当は、考え方として正しいか? #renewpv120321-----自然エネルギー、2012/03/21

[ 再生可能エネルギー 2020年代を担うエネルギーへの道 ] [ ソフトエネルギー ] [ しなやかな技術研究会 まとめ ]



クリッピング 2012

続きを読む "2012 - 4月のクリッピング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »