« イベント10/22-25 シンガポール国際エネルギー週間(SIEW) +マスダールのアジア未来エネルギーフォーラム | トップページ | SBエナジー、北海道の太陽光発電試験場データをリアルタイム公開 »

2012/02/02

経済産業省、太陽光発電施設の生産施設面積率の上限を緩和

工場立地に関する準則の一部改正に係る公布及び施行について~太陽光発電施設の生産施設面積率の上限を緩和~-----経済産業省、平成24年1月31日

" 本件の概要

 経済産業省は、本日、工場立地に関する準則(告示)の一部を改正し、公布・施行しました。本改正は、一定規模以上の太陽光発電施設を設置する際に適用される工場立地法の規制のうち、敷地に対して設置が可能である生産施設の面積の割合の上限を50%から75%へ引き上げるものです。
 本件は、「エネルギー・環境会議」におけるエネルギー規制・制度改革の議論を受け、工場立地法における太陽光発電施設の取扱いについて、産業構造審議会地域経済産業分科会工場立地法検討小委員会で審議を行い、その結果を踏まえ、改正をしたものです。
.......... "

コメント
 要は、メガソーラーなどを設置するときの土地に対する設置可能面積の上限が50%から75%へと緩和されたということです。

関連
経済産業省 : 工場立地法



2012 2月のクリッピング

クリッピング 2012



グリーンポストのTwitter 最新タイムラインなう

greenpost(@greenpost) - Twilog-----greenpost on Twitter

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


[PR]

|

« イベント10/22-25 シンガポール国際エネルギー週間(SIEW) +マスダールのアジア未来エネルギーフォーラム | トップページ | SBエナジー、北海道の太陽光発電試験場データをリアルタイム公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経済産業省、太陽光発電施設の生産施設面積率の上限を緩和:

« イベント10/22-25 シンガポール国際エネルギー週間(SIEW) +マスダールのアジア未来エネルギーフォーラム | トップページ | SBエナジー、北海道の太陽光発電試験場データをリアルタイム公開 »