« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012/02/27

環境省、東北を中心に自然エネルギーの候補地の野生生物の生息状況などを調べたデータベースを5年で整備

自然エネルギー候補地をDB化 環境省、生物など調査-----朝日新聞、2012年2月26日

".....風力、地熱発電所の建設に適した候補地について、環境省は4月から、野生生物の生息状況などを調べてデータベース化する事業に取り組む.....東北地方を中心に、風力と地熱発電の有望な候補地十数カ所をモデル地区に選ぶ。今後5年間かけて希少動物の生息状況などを調べる..... "

 環境省は、東北を中心に自然エネルギーの候補地の野生生物の生息状況などを調べたデータベースを5年で整備すると発表したそうです。環境省は、下のエントリーで紹介したように、再生可能エネルギー導入ポテンシャル調査と地図を公開しています。

環境省、Google Earthを使って閲覧できる再生可能エネルギーの導入ポテンシャルマップのデーターを公開-----ソフトエネルギー、2011/01/12
環境省、平成22年度再生可能エネルギー導入ポテンシャル調査の結果を公表-----ソフトエネルギー、2011/04/22

 さらに、風力発電のバードストライク問題に関する情報などを公開してきました。

環境省、風力発電のバードストライク問題に対応するための手引きを公開-----ソフトエネルギー、2011/01/14

 今回のデーターベースが、自然エネルギー、再生可能エネルギーの「自然環境と再生可能エネルギーの開発。わたしたちはどこを守り、どこを開発するのか?」という問題を一般にもわかりやすく理解できる情報としても整備していただきたいと思います。

 先例としては、アメリカの天然資源保全協会(NRDC : Natural Resources Defense Council)が作成した、再生可能エネルギーの開発を行える土地と野生生物の生息環境など守らなければならない地域をGoogle Earthのレイヤーを利用して表示する「CLEAN ENERGY IN THE WESTERN U.S.」とエネルギーのポテンシャルを示した「Renewable Energy Map」の例があります。結構わかりやすくつくられています。

NRDC : Clean Energy and Conservation
Clean_energy_and_conservationw
-----image : Google EarthにMapping Toolを読み込んで表示させた「NRDC : Clean Energy and Conservationマップ」。上-全体、下-拡大、部分-----
Clean_energy_and_conservationenl


NRDC : Renewable Energy for America / Renewable Energy Map
Usrenewableenergy_mapwind
-----image : 「NRDC : Renewable Energy Map」。上-風力、下-ソーラーと地熱-----
Usrenewableenergy_mapsolar

Usrenewableenergy_mapgeothermaljpg

 国立公園、保護区、観察区や管轄や区割りが複雑にポテンシャルマップとからんでくることがわかります。それぞれの現実の発電機の性能などにあった正確なポテンシャルマップと環境保護の観点から作られた地図。両方の精度があがるということは、この国での自然エネルギーの普及の問題点が縦割り行政の枠を克服していくこととも関係が深い仕事であるようですね。(2t)

関連
環境省 : 再生可能エネルギー導入ポテンシャルマップ(平成22年度)

参考エントリー
米国立再生可能エネルギー研究所(NREL)が複数のレイヤーを重ねることでポテンシャルがわかる RE Atlas を発表-----ソフトエネルギー、2012/03/01

自然環境と再生可能エネルギーの開発。わたしたちはどこを守り、どこを開発するのか?------ソフトエネルギー、2009/04/08

NRDCとGoogle、今度は風力などのアメリカの再生可能エネルギーマップRenewable Energy for Americaをネットに掲上-----ソフトエネルギー、2009/06/16

EU(European Union)、風力発電の開発と生物多様性を確保するための環境ガイドラインを発表-----ソフトエネルギー、2010/11/11

続きを読む "環境省、東北を中心に自然エネルギーの候補地の野生生物の生息状況などを調べたデータベースを5年で整備"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/20

民主党、再生可能エネルギーの提言まとめる

民主 自然エネルギー20%提言へ-----NHK、2月19日

" ..西暦2020年代の早い時期に、電力量に占める自然エネルギーの割合を、現在よりもほぼ倍増させ、20%まで高めることを目標..東日本大震災の被災地を、風力発電や地熱発電のモデル地域に指定して、財政的な支援や税制の優遇措置、それに規制緩和を集中的に行い、復興にもつなげるべき..原子力発電所の立地対策などに使われている「エネルギー対策特別会計」の資金を送電設備の整備などに活用するよう求めています.. "

20年代早期、電力の20%を再生エネに 民主PT提言-----日本経済新聞、2012/2/18

コメント
 再生可能エネルギーの推進の具体的な動きは、以前よりは見えはじめた気はするが、これからのエネルギー際策を具体的にどうするのかがみえない。結局、民主党内部でも原子力政策の扱いをどこで、だれが、どう判断するか(または、いつものように過去のアイディアの暖めなおしと、成りゆき次第)で、再生可能エネルギー、自然エネルギーへの傾注度も変わってきてしまう。
 根本的に信頼感がないので、国民も細かくみていく必要があると思います。

 ことしの夏にとりまとめられるという、エネルギー政策が肝です。

参考エントリー
民主党政権、地球温暖化対策基本法案(仮称)は原発重視、再生可能エネルギーは2020年10%を選択か!?-----ソフトエネルギー、2010/02/26

次期首相となる民主党の鳩山代表の温暖化効果ガス1990年比、25%削減目標表明の重み-----しなやかな技術研究会、2009/09/10

民主党、鳩山代表が温暖化ガス25%削減について、改めて政策を表明-----自然エネルギー、2009/09/08

民主党のマニフェスト-----しなやかな技術研究会、2009/09/01



2012 2月のクリッピング

クリッピング 2012

続きを読む "民主党、再生可能エネルギーの提言まとめる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/15

日本の自然エネルギー Naverまとめ との連動

日本の自然エネルギー 関連の企画です。





日本の自然エネルギー 関連の企画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/13

海洋研究開発機構、日本の冬の寒さを説明する新たな知見となる、バレンツ海の海氷減少がもたらす北極温暖化と大陸寒冷化を公開

バレンツ海の海氷減少がもたらす北極温暖化と大陸寒冷化-----海洋研究開発機構、2012年 2月 1日

" 日本の冬の寒さを説明する新たな知見

1.概要
 独立行政法人海洋研究開発機構(略)地球環境変動領域・寒冷圏気候研究チームの猪上淳主任研究員らは、冬季バレンツ海を発生源とする低気圧の経路が近年の海氷減少に伴い通常より北側を通過していることを気象データの解析により示しました。この低気圧経路の変化によって、北極海上はより暖められる一方、シベリアでは北からの寒気が入り込みやすい状況が形成されます。これは地球温暖化が進行するにもかかわらず、近年の日本の冬が寒い原因の一つであることを意味し、海氷減少と北極温暖化が中緯度の気候変動と密接に関連することを示した極めて重要な知見です。
この成果は、米国気象学会発行の学術誌Journal of Climateの3月号に掲載予定です(1月26日付けでEarly Online Release版に掲載済み)。

タイトル:
The role of Barents Sea ice on the wintertime cyclone track and emergence of a warm-Arctic cold-Siberian anomaly
著者名:
猪上 淳1・堀 正岳1・高谷 康太郎2
1.独立行政法人海洋研究開発機構 地球環境変動領域 寒冷圏気候研究チーム
2.同機構 同領域 中・高緯度域気候変動予測研究チーム
2.成果
 本研究では、バレンツ海の海氷が少ない冬は低気圧の経路が通常のシベリア沿岸域よりも北極海側にシフト(北上)することを見出し(図1赤矢印)、その結果形成される気圧配置の変化(図1暖色域)が北極海上の温暖化を促進する一方、大陸上では寒冷化が起こりやすい状況になることを明らかにしました(図2a)。ここで形成された寒気は数日後には日本に到達することが多く、日本の冬の寒さとも密接に関連します。本研究では、この北極の温暖化と大陸の寒冷化のパターンをWACS偏差(ワックス:warm-Arctic cold-Siberian anomaly)と名付けました。2011/2012年の冬も「平成18年豪雪」(2005/2006年冬)と同様、バレンツ海の海氷面積が著しく少なく、WACS偏差によって例年よりも寒い冬となりやすいことを説明することが可能です(図2b、図3、図4)。
.......... "

コメント
 今年寒いから寒冷化なんて短絡的な話ではなく、地球の気候は、凸凹なんですよね。特定の地域に住む人がこうむる固有の気候変動の影響に関する研究はまだまだ発展と途上という気がします。



2012 2月のクリッピング

クリッピング 2012

続きを読む "海洋研究開発機構、日本の冬の寒さを説明する新たな知見となる、バレンツ海の海氷減少がもたらす北極温暖化と大陸寒冷化を公開"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/10

ニューヨークで全米初の1MWの潮流発電所建設計画が進行中

Engineering Change--Part 1

(HeleneLerner,2011/02/17)

ヴァーダントパワー Verdant Power、ニューヨークで30基合計1MWの米初の商用潮流発所建設へ-----ソフトエネルギー、2012/02/09

 昨日、ソフトエネルギーの上のエントリーで紹介した、ニューヨークのイーストリバーで進められている、1MW潮流発電所建設計画、プロジェクト名、Roosevelt Island Tidal Energy (RITE)の現地の流れや付近の様子がわかるビデオクリップをみつけました。2006-2009まで実際に潮流発電機を設置して行われた実証実験時のものですが、これからの本格的な商用潮流発電所建設が少しイメージできるのではないでしょうか。

 地図で見ると、マンハッタンもすぐ近くです。

Newyorkeastrivertical_cgmap_2
-----image : Google Map「RITE Field Site」より

続きを読む "ニューヨークで全米初の1MWの潮流発電所建設計画が進行中"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/07

2/22まで 環境省、温泉資源の保護に関するガイドライン(地熱発電関係)案に対する意見を募集

追加情報

環境省- 温泉資源の保護に関するガイドライン(地熱発電関係) 平成24年3月27日-----ソフトエネルギー、2013/05/08

 当初の記事は以下、


「温泉資源の保護に関するガイドライン(地熱発電関係)(案)」に対する意見の募集について-----環境省、平成24年2月3日

" 環境省では、温泉資源の保護を図りながら再生可能エネルギーの導入が促進されるよう「温泉資源の保護に関するガイドライン(地熱発電関係)(案)」を取りまとめました。
 本案について、広く国民の皆様から御意見をお聴きするため、平成24年2月3日(金)から平成24年2月22日(水)までの間、意見の募集(パブリックコメント)を行います。
1.概要
 「規制 ・ 制度改革に係る対処方針」(平成22年6月18日閣議決定)及び「新成長戦略実現に向けた3段構えの経済対策」(平成22年9月10日閣議決定)において地熱発電の開発のための温泉の掘削等に関し、「温泉法における掘削許可の判断基準の考え方を策定し、ガイドラインとして運用するよう通知する」とされています。
 これを受けて、環境省では、温泉資源の保護を図りながら再生可能エネルギーの導入が促進されるよう「温泉資源の保護に関するガイドライン(地熱発電関係)(案)」を取りまとめましたので、本ガイドライン(案)について、広く国民の皆様から御意見をお聴きするため、平成24年2月3日(金)から平成24年2月22日(水)までの間、意見の募集(パブリックコメント)を行います。
2.意見募集の対象
「温泉資源の保護に関するガイドライン(地熱発電関係)(案)」
3.意見募集要領
(1)意見募集期間
平成24年2月3日(金)~平成24年2月22日(水)必着
(2)提出方法
下記[意見提出用紙]の様式により、以下に掲げるいずれかの方法で提出してください。
[1] 郵送(A4版) : 封筒に「温泉資源の保護に関するガイドライン(地熱発電関係)(案)に対する意見」と記載してください。
[2] FAX(A4版) : 件名に「温泉資源の保護に関するガイドライン(地熱発電関係)(案)に対する意見」と記載してください。
[3] 電子メール : 件名に「温泉資源の保護に関するガイドライン(地熱発電関係)(案)に対する意見」と記載し、[意見提出用紙]の項目に従い、テキスト形式で送付してください(添付ファイルによる御提出は御遠慮願います。)。
なお、電話による御意見は受け付けておりませんので、御承知おきください。
[意見提出用紙]
..........
添付資料
温泉資源の保護に関するガイドライン(地熱発電関係)(案) [PDF 2,459KB]より
「第一 基本的考え方 .......................................................1
1.背景...............................................................1
2.本ガイドラインのねらい..............................................2
第二 地熱資源の一般的概念等..............................................4
1.地熱貯留層の構造と地熱資源の分類 .4
2.地熱発電の仕組み ...................................................5
3.関連用語について ...................................................6
4.我が国の地熱資源の状況...............................................9
第三 地熱開発のための掘削許可に係る判断基準の考え方.11
1.掘削許可に係る判断基準の考え方.....................................11
2.地熱開発のための調査について.......................................12
3. 温泉の生成機構分類と地熱開発による温泉影響の可能性.13
4.各段階における掘削許可の判断に係る情報及び方法等..16
4-1.広域調査段階 ...................................................16
4-2.概査段階.......................................................18
4-3.精査段階.......................................................20
4-4.発電所建設段階 .................................................22
4-5.発電所運転開始後段階............................................24
第四 関係者に求められる取り組み等.......................................27
備考 ...................................................................30
別紙 ...................................................................31」
.......... "

コメント
 日本の将来のエネルギー源と考えると、やっぱり火山(脈)・地震大国としては、地熱ははずせないと思う。建設的な形で進んでほしいものです。

参考
内閣府 行政刷新会議 : 平成24年2月2日 第2ワーキンググループ(エネルギー)(第4回) 議事次第

"..........
参考資料
4.自然公園・温泉地域等における風力・地熱発電の設置許可の早期化・柔軟化等
○地熱発電(自然公園法関係) 【環境省】(その1)(PDF形式:688KB)

(その2)(PDF形式:746KB)

5.自然公園・温泉地域等における風力・地熱発電の設置許可の早期化・柔軟化等
○風力発電 【環境省】(PDF形式:553KB)
.........."

参考エントリー
JFEエンジニアリング、福島県土湯温泉における温泉バイナリー発電の事業化調査に着手-----ソフトエネルギー、2012/02/07

環境省、平成22年度再生可能エネルギー導入ポテンシャル調査の結果を公表-----ソフトエネルギー、2011/04/22

NEDO、再生可能エネルギー技術白書を発表。全種、およびスマートグリッドにも言及-----ソフトエネルギー、2010/08/02



2012 2月のクリッピング

クリッピング 2012

続きを読む "2/22まで 環境省、温泉資源の保護に関するガイドライン(地熱発電関係)案に対する意見を募集"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/03

SBエナジー、北海道の太陽光発電試験場データをリアルタイム公開

 ソフトバンクの関連会社には、プレスリリースがいらない。なぜなら、孫さんがつぶやけば、1539663人ものフォロワーが拡散するから。SBエナジーの二つの太陽光発電試験場、帯広太陽光発電試験場と苫小牧太陽光発電試験場に取り付けられた、10社にのぼる太陽光発電メーカーの両者合わせて140kWpの太陽電池の発電量が日別、月別で確認、リアルタイムデーターも合わせて公開されました。

Twitter / 孫正義 @masason,2 Feb 12
自然エネルギープロジェクトが順調に予定以上のペースで建設出来そうです。北海道の太陽光発電試験場データをSBエナジーホームページ上で公開しました。 http://bit.ly/xMlw9R

SBエナジー : 実証実験データ公開中
Sbenergypvsystemjpg
-----image : 公開された実証実験データの表示画面。さまざまなデーターを表示することできました。

Sbenergypvdata
-----image : 太陽光発電試験場(概要)より

関連
SBエナジー

" 2012年1月31日 ホームページと太陽光発電試験場の公開について
2011年12月22日 苫小牧太陽光発電試験場の完成
2011年12月15日 帯広太陽光発電試験場の完成
2011年10月6日 SBエナジー株式会社設立 "

参考エントリー
イベント 3/6 自然エネルギー財団国際シンポジウム ドイツでは固定価格買取制度をいかに構想し実現したのかー-----ソフトエネルギー、2012/02/28

コメント続き
 この施設では、大規模太陽光発電所建設に向けたパネルの性能評価、日射量と気温によるパネル毎の発電特性調査、日射量と気温によるパネル毎の発電特性調査、雪国における積雪対策の評価・検証、着雪による発電への影響調査などが検証されていくということです。あと、実際の現場のビデオ画像が同時に公開されると天気や雪などの状況も確認できて、参考になりそうです。孫さん、ぜひ実現してください。(2t)

追加情報
ソフトバンクグループのSBエナジー、京都市2.1MW×2基、群馬県榛東村2.4MW、徳島県2.8MW×2基メガソーラー建設計画を発表-----ソフトエネルギー、2012/03/06

続きを読む "SBエナジー、北海道の太陽光発電試験場データをリアルタイム公開"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/02

経済産業省、太陽光発電施設の生産施設面積率の上限を緩和

工場立地に関する準則の一部改正に係る公布及び施行について~太陽光発電施設の生産施設面積率の上限を緩和~-----経済産業省、平成24年1月31日

" 本件の概要

 経済産業省は、本日、工場立地に関する準則(告示)の一部を改正し、公布・施行しました。本改正は、一定規模以上の太陽光発電施設を設置する際に適用される工場立地法の規制のうち、敷地に対して設置が可能である生産施設の面積の割合の上限を50%から75%へ引き上げるものです。
 本件は、「エネルギー・環境会議」におけるエネルギー規制・制度改革の議論を受け、工場立地法における太陽光発電施設の取扱いについて、産業構造審議会地域経済産業分科会工場立地法検討小委員会で審議を行い、その結果を踏まえ、改正をしたものです。
.......... "

コメント
 要は、メガソーラーなどを設置するときの土地に対する設置可能面積の上限が50%から75%へと緩和されたということです。

関連
経済産業省 : 工場立地法



2012 2月のクリッピング

クリッピング 2012

続きを読む "経済産業省、太陽光発電施設の生産施設面積率の上限を緩和"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イベント10/22-25 シンガポール国際エネルギー週間(SIEW) +マスダールのアジア未来エネルギーフォーラム

マスダール、シンガポールでアジア未来エネルギーフォーラムを開催し、WFES体験をアジアで展開-----財経新聞、2012-01-19

" (アラブ首長国連邦アブダビ&シンガポール)- (ビジネスワイヤ) -- アブダビの多角的再生可能エネルギー企業マスダールとリード エグジビションは本日、アジア未来エネルギーフォーラム&エキシビション(AFEF)の開催計画を発表しました。このフォーラムは、シンガポールのエネルギー市場監督庁の主催により2012年10月22~25日に開催されるシンガポール国際エネルギー週間(SIEW)の一部となります。

「アジアでの持続可能な技術革新の推進」を掲げるAFEF2012では、アジアにおけるエネルギー関連の問題、課題、機会について討議が行われます。AFEFは、クリーンな代替エネルギーサプライヤーがアジアの顧客と出会って取引を行う場としても機能し、再生可能エネルギーやクリーン技術の推進・開発・展開に向けたマスダールの多角的アプローチも紹介される予定です。

世界未来エネルギーサミットをはじめとする世界的プラットフォームの主催において比類のない実績を誇るマスダールは、討論を促し、知識の交換を進め、協力体制を強化するためにAFEFを支援します。
.......... "

関連
シンガポール国際エネルギー週間(SIEW)

コメント
 世界で注目されるアジア。10月に開催されるシンガポール国際エネルギー週間(SIEW)のサイトを見ると、日本についての情報もあります。アジアこそ、いま最も国の発展とエネルギーというテーマの重要性をもっとも感じている地域かもしれませんね。



2012 2月のクリッピング

クリッピング 2012

続きを読む "イベント10/22-25 シンガポール国際エネルギー週間(SIEW) +マスダールのアジア未来エネルギーフォーラム"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

住友電工と仏ソイテック社、低コスト大口径GaN基板の製造に成功

住友電工と仏ソイテック社、低コスト大口径GaN基板の製造に成功 4インチ径及び6インチ径量産ラインの整備を開始-----住友電気工業、2012年1月24日

" 住友電気工業株式会社(略)とS.O.I. TEC Silicon On Insulator Technologies S.A.(本社:フランス パリ市、略 )は、4インチ径及び6インチ径の薄膜GaN(窒化ガリウム)基板の製造に成功し、このたび量産に向けたパイロット製造ラインの整備を開始しました。
 住友電工とSoitecは、2010年12月に、薄膜GaN基板の開発に関して協業を開始し、住友電工の高品質自立GaN基板製造技術と、Smart Cut技術で業界をリードするSoitecの半導体極薄膜の剥離・転写技術を組み合わせ、大口径自立GaN基板から複数枚の薄膜GaN基板を製造する技術について、共同で開発を進めてきたものです。

 本技術開発の成功により、両社は、それぞれ兵庫県伊丹市と仏Bernin市に、4インチ径及び6インチ径の薄膜GaN基板パイロット製造ラインの整備に着手しました。製造ラインの整備により、お客様の基板需要に対して迅速な対応が可能となります。

 本協業では、住友電工が日本で製造した自立GaN基板に、SoitecがフランスでSmart Cut技術を適用して、薄膜GaN基板を製造します。薄膜GaN基板は、高性能の半導体デバイスが求める低欠陥密度の特性を維持したGaN薄膜が、GaNと熱膨張係数の一致した低コスト支持基板に貼り付けられています。そのため、1枚の自立GaN基板に比べ、安価かつ同等の特性を有する薄膜GaN基板を得ることができます。
  照明用の高輝度LEDや、電気自動車用や電力制御用のパワーデバイスなどの幅広い市場へむけて、GaN基板の本格的な普及が始まると期待しています。
.......... "



2012 2月のクリッピング

クリッピング 2012

続きを読む "住友電工と仏ソイテック社、低コスト大口径GaN基板の製造に成功"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/01

ミュンヘン再保険、太陽電池向け性能保証保険、メーカー倒産時にも事業者に補償を提供

プレスリリース / 太陽電池向け性能保証保険、メーカー倒産時にも事業者に補償を提供(PDF)-----ミュンヘン再保険、2012年1月18日

" ミュンヘン再保険は太陽電池メーカー向け性能保証保険を補完するものとして、メーカーが倒産するリスクに備えた保険をメガソーラー事業者に向けて提供を開始した。同保険は、メガソーラー事業者が導入している太陽電池の性能が経年劣化し、通常ならばメーカーによって補償される損失がメーカーの倒産などにより支払いが履行されなかった場合に補償を提供する。第一弾としてドイツ銀行と連携し、同銀行とオランダの銀行ラボバンクが協調融資する南イタリアのメガソーラーに同保険を提供した。
.......... "

関連
プレスリリースより

2011年7月28日 日本で初めて、ソーラーフロンティアに太陽電池向け性能保証保険を提供

2011年2月8日 風力発電向けに業界初の性能保証保険



2012 2月のクリッピング

クリッピング 2012

続きを読む "ミュンヘン再保険、太陽電池向け性能保証保険、メーカー倒産時にも事業者に補償を提供"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月、福島で国際会議 再生エネ、玄葉外相が表明 福島民報

3月、福島で国際会議 再生エネ、玄葉外相が表明-----福島民報、2012年1月11日

" 玄葉光一郎外相(民主、衆院本県3区)と外務省は10日、東日本大震災からの復興に向け、風力や太陽光など再生可能エネルギーを利用した社会づくりを進めるための国際会議を、3月2日に福島市で開催すると発表した。
.......... "



2012 2月のクリッピング

クリッピング 2012

続きを読む "3月、福島で国際会議 再生エネ、玄葉外相が表明 福島民報"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペインにおけるスマートコミュニティ実証事業委託先決定 NEDO

スペインにおけるスマートコミュニティ実証事業委託先決定-----NEDO,2012年1月27日

" 独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
..........
 NEDOは、スペインマラガ市で実施するスマートコミュニティ実証事業の委託先として、三菱重工業株式会社、三菱商事株式会社、および株式会社日立製作所の3社を決定しました。
 この実証事業は、マラガ市で展開されているスマートシティマラガプロジェクトと連携しつつ、今後のEV(Electric Vehicle)の大量導入・普及時に対応するEVインフラ(充電器およびそれらを管理する管理センター)とEV給電安定化に必要な電力システムに関する実証を目的に実施します。そのため、マラガ市と連携し、さらにスペインを代表する電力会社Endesa、通信会社Telephonica、ICTプロバイダーSadielと共同で実証を行います。なお、欧州でのスマートコミュニティ実証事業はフランスリヨンにおける実証に続き、2件目となります。
 三菱重工業株式会社、三菱商事株式会社、および株式会社日立製作所の3社は、すでに昨年3月よりFS調査を受託しており、この度の実証事業はそのFS結果の精査に基づき事業を開始するもので、期間は2011年度から2015年度までの5年間、予算は約50億円の予定です。 "

コメント
 スペインに関しては、下のような気になる話題がありました。NEDOの案件にどれくらいの影響があるのかわかりませんが、国が傾くという視点からすれば影響は大なのではないでしょうか。

スペインの再生可能エネルギーの命運やいかに。新たな補助金が、”暫定的”な停止へ-----ソフトエネルギー、2011/2/1



2012 2月のクリッピング

クリッピング 2012

続きを読む "スペインにおけるスマートコミュニティ実証事業委託先決定 NEDO"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地熱井戸、発電利用へ調査 YOMIURI ONLINE

地熱井戸、発電利用へ調査-----YOMIURI ONLINE,2012年2月1日

" 九重町と九電、4月から 採算検討、2014年度にも事業化
利用が可能で事業の採算性が確保できれば、町が井戸から出る熱を九電に提供する。早ければ2014年度にも、地熱発電に取り組む考えだ。
.......... "

参考
西日本技術開発株式会社:温泉調査・熱水有効利用計画 : 国内プロジェクト

九重町 : 地熱発電所

コメント
 ちょっときになるプロジェクトなので、”センサー”を設定しました。

-----九州電力サイト内検索 : 九重町 地熱-----

-----Google検索 : 九重町 菅原 地熱-----



2012 2月のクリッピング

クリッピング 2012

続きを読む "地熱井戸、発電利用へ調査 YOMIURI ONLINE"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリッピング 2012

2012 1月のクリッピング

2012 2月のクリッピング

2012 3月のクリッピング

2012 4月のクリッピング

2012 5月のクリッピング

2012 6月のクリッピング

自然エネルギー関連情報 / 2012 - 7月 GreenPost

自然エネルギー関連情報 / 2012 - 8月 GreenPost

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012 - 2月のクリッピング

 2月は、まだまだ寒い月です。お体に気をつけておすごしください!
 しかし2月は、過ぎてみるとあっという間です。気持ちを引き締めていろいろなことに取り組みたいものです。




気になる話題・技術


世界初のフィルムと空気層の多層構造による窓用断熱材『エアサンドイッチ』の発売について-----積水化学工業、2011年12月9日

日々の線量を記録できる個人向け放射線積算線量計-----産業技術総合研究所、2012年2月13日

民主 自然エネルギー20%提言へ-----NHK、2月19日

高性能、長寿命、大容量の定置型家庭用蓄電池システムを標準搭載 住友林業のスマートハウス「Smart Solabo(スマート ソラボ)」新発売-----住友林業、平成24年2月3日

電力見える化サービス「フレッツ・ミルエネ」の提供について-----NTT東日本、平成23年12月22日

停電時に自立運転可能なガスエンジンヒートポンプ「GHPエクセルプラス」を開発-----東京ガス(大阪ガス、東邦ガス、パナソニック)、平成24年2月8日

リサイクル素材を使った環境に配慮した商品シリーズが登場 「資源循環商品」シリーズを一斉発売-----パナソニック、2011年12月14日

スズキ、英国インテリジェント・エナジー社と燃料電池システムを開発・製造する合弁会社を設立-----スズキ、2012年2月7日

スペインにおけるスマートコミュニティ実証事業委託先決定-----NEDO,2012年1月27日

3月、福島で国際会議 再生エネ、玄葉外相が表明-----福島民報、2012年1月11日


気候変動


バレンツ海の海氷減少がもたらす北極温暖化と大陸寒冷化-----海洋研究開発機構、2012年 2月 1日


国内地熱


「温泉資源の保護に関するガイドライン(地熱発電関係)(案)」に対する意見の募集について-----環境省、平成24年2月3日

地熱井戸、発電利用へ調査-----YOMIURI ONLINE,2012年2月1日


イベント情報


イベント10/22-25 シンガポール国際エネルギー週間(SIEW) +マスダールのアジア未来エネルギーフォーラム


国内太陽光発電


工場立地に関する準則の一部改正に係る公布及び施行について~太陽光発電施設の生産施設面積率の上限を緩和~-----経済産業省、平成24年1月31日

太陽電池向け性能保証保険、メーカー倒産時にも事業者に補償を提供-----ミュンヘン再保険、2012年1月18日

住友電工と仏ソイテック社、低コスト大口径GaN基板の製造に成功 4インチ径及び6インチ径量産ラインの整備を開始-----住友電気工業、2012年1月24日

パナソニック製の太陽光発電システムに連動する「住宅用」蓄電システムの受注開始 蓄電池容量:0.96kWh-----2011年12月1日発表


海外風力発電



クリッピング 2012

続きを読む "2012 - 2月のクリッピング"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パナソニック製の太陽光発電システムに連動する「住宅用」蓄電システムの受注開始 蓄電池容量:0.96kWh

パナソニック製の太陽光発電システムに連動する「住宅用」蓄電システムの受注開始
蓄電池容量:0.96kWh・直流対応 昼夜を問わず、停電時にパワーコンディショナの自立運転コンセントからの電力供給が可能
-----パナソニック、2011年12月1日

11121a0
-----image : 上記リリースより

" パナソニック電工株式会社(略)は、パナソニック製の太陽光発電システムに連動し、昼夜を問わず、停電時にパワーコンディショナの自立運転コンセントからの電力供給が可能となる、「住宅用」蓄電システム(蓄電池容量 0.96kWh・直流対応)の受注を本年12月20日(火)より開始します。
..........
 本製品は、パナソニック製の太陽光発電システムと連動することで、停電が発生した場合に蓄電池に貯めた電気をパワーコンディショナの自立運転コンセント(AC100V)を通じて、卓上照明、ポータブルテレビ、CDラジオ、携帯電話充電器などに使用することができます。
 本製品は、制御弁式鉛蓄電池ですが、リチウム電池タイプのラインナップも予定しています。
..........
「住宅用」 蓄電システム
品番 VBBA210PB
内蔵蓄電池 制御弁式鉛蓄電池
蓄電容量 0.96kWh (※1)
出力電力 120W (自立運転コンセントからの出力)
希望小売価格(税込) 459,900 円
受注開始日 12月20日
販売目標 1,000台(2012年度)

※1: 20時間率での蓄電容量です。実際の蓄電容量は、使用条件・使用環境などにより変化します。(DC12V 20Ah×4)
..........
11121b
-----image : 同リリースより
.......... "

関連
[住宅用] 蓄電システム 蓄電容量:0.96kWh パナソニック住宅用太陽光発電システム用

参考エントリー
シャープ、ACコンセントおよび太陽電池からの充電に対応した500Whリチウムバッテリー搭載のバックアップ電源用システムモジュールを開発、発売-----ソフトエネルギー、2012/02/02



2012 2月のクリッピング

クリッピング 2012

続きを読む "パナソニック製の太陽光発電システムに連動する「住宅用」蓄電システムの受注開始 蓄電池容量:0.96kWh"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »