« GEとGoogleのすすめるスマートグリッド | トップページ | 京セミの球状太陽電池 »

2009/07/27

フランスのルクセンブルク大学でCIGS太陽電池、変換効率12%を達成

 フランスのルクセンブルク大学でCIGS太陽電池、変換効率12%を達成したと発表されました。

プレスリリース / Université du Luxembourg,July 24 2009
New generation of solar cells
New_generation_of_solar_cells_mediu-----image(”Photo: Laboratory for photovoltaics of the University of Luxembourg”) : 同リリースより

" The laboratory for photovoltaics of the University of Luxembourg has produced its first thin film solar cells made from compound semiconductors, already reaching a 12 percent efficiency.
Thin film solar cells are considered the next generation of solar cells and are expected to be considerably cheaper because they need much less material and energy in their production than today’s photovoltaic modules.
Researchers around the globe are racing to develop efficient thin film solar cells. The solar cells made in Luxembourg are based on a semiconductor made of copper, indium, gallium and selenium (CIGS) and made by a process with the potential for highest performance. Furthermore, the scientists of the University of Luxembourg produced another solar cell based on a new cheaper material, which does not contain the costly indium, and made by a low cost galvanic process. This solar cell has reached an efficiency of 3.2 percent. This is already close to the world record: the worldwide best cell based on this new material and prepared by a similar low cost process shows an efficiency of 3.4 percent.
.......... "

関連(ソース)
仏大学、新世代型太陽電池を開発-----日刊 温暖化新聞、2009年07月27日



[クリッピング / 自然エネルギーの記事など]


[ブックマークのインデックス]

しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--



[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]


|

« GEとGoogleのすすめるスマートグリッド | トップページ | 京セミの球状太陽電池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フランスのルクセンブルク大学でCIGS太陽電池、変換効率12%を達成:

« GEとGoogleのすすめるスマートグリッド | トップページ | 京セミの球状太陽電池 »