« 中国とアメリカ、クリーンエネルギー・センターを共同で相互に開設 / 自然エネルギー国際動向 | トップページ | 自然エネルギー / ブックマーク »

2009/07/16

平成21年度ソーラー環境価値買取事業 公募結果公表 2次公募も開始 / クリッピング EIC 国内ニュース

平成21年度ソーラー環境価値買取事業 公募結果公表 2次公募も開始-----EIC 国内ニュース、2009.07.14

プレスリリース / 環境省、平成21年7月14日
平成21年度ソーラー環境価値買取事業の採択案件について(お知らせ)

" 環境省では平成21年度より、環境省の事務事業から発生するCO2排出量を順次オフセットするため、大半を自家消費する業務用太陽光発電施設の整備に際し、設置後5年間分のグリーン電力証書を環境省に納めることを条件に設備整備を支援することとしております。 
 このたび、応募を募りました結果、12件の事業を採択いたしましたのでお知らせします。

1.事業の目的
 低炭素社会の構築に欠かすことのできない太陽光発電の普及拡大と、環境省自らの事務事業における環境配慮を目的とします。

2.事業内容
 本事業では、電力事業者との電力供給契約が高圧連系することとなっている民間事業者が業務用太陽光発電設備(20kW以上で200kW以下に限る。)を設置する事業で、以下の要件に該当するものを対象とします。
当該太陽光発電設備から生じる環境価値を設置後5年間(平成21年度に設置するものは平成22年度分から平成26年度分まで)にわたって、環境省へ納めること(環境価値についてはグリーンエネルギー認証センターが認定した発電設備から発電された電力量で、グリーン電力相当量の認証を受けたグリーン電力証書によるものとする)。
当該太陽光発電設備から生じる電力を高圧連系、逆潮流なしとし、全量自家消費すること。
グリーンエネルギー認証センターに登録されている太陽光発電のグリーン電力証書の発行事業者と共同で申請すること。
(補助額:上限 30万円/kW)

3.補助対象事業の選定結果(別添参照)

4 その他 
 1次公募の結果、さらなる予算配分が可能ですので、本日から2次公募を開始いたします。
 URL: http://www.env.go.jp/earth/ondanka/biz_local.html
.......... "



[クリッピング / 自然エネルギーの記事など]


[ブックマークのインデックス]

しなやかな技術研究会のタイムライン3Ico_rss-----はてなのブックマーク-----

-- [ バックナンバー、しなやかな技術研究会のタイムライン1しなやかな技術研究会のタイムライン2]--



[PR GreenPostの商品案内のサイトへ PR]

|

« 中国とアメリカ、クリーンエネルギー・センターを共同で相互に開設 / 自然エネルギー国際動向 | トップページ | 自然エネルギー / ブックマーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成21年度ソーラー環境価値買取事業 公募結果公表 2次公募も開始 / クリッピング EIC 国内ニュース:

« 中国とアメリカ、クリーンエネルギー・センターを共同で相互に開設 / 自然エネルギー国際動向 | トップページ | 自然エネルギー / ブックマーク »