« 2050年までに商業漁業が不可能になる恐れ、国連環境計画が警鐘-----AFPBB News http://bit.ly/d56qYg ;参- #food #fishing | トップページ | 記事「Why We Should Democratize the Electricity System (Part 1)」 民主的な電力 »

資料 「放射線・放射能の基礎と測定の実際」 東京都立産業技術研究センター

冊子「放射線・放射能の基礎と測定の実際」発行-----東京都立産業技術研究センター、2012年2月21日

"冊子「放射線・放射能の基礎と測定の実際」発行

全国67の公設試験研究機関(以下、公設試)で構成する「公立鉱工業試験研究機関長協議会」(会長:東京都立産業技術研究センター理事長)は、会員機関の放射線測定体制を強化するため、連携して活動を行っています。その活動の一環として放射線に関する基礎知識をまとめた冊子「放射線・放射能の基礎と測定の実際」(A4版 107頁)を発行しました。

この冊子は会員機関を通じて、希望される全国の中小企業の皆様に無償で提供し、放射線の正しい理解と風評被害対策に貢献していきます。

内容

全国公設試における相談・検査の現状
放射線・放射能の基礎知識
放射線測定の基礎 等

配布した冊子に一部訂正がありました。正誤表はこちらをご覧ください(PDF:89KB)。 (2012年2月21日更新)
......... "

|

« 2050年までに商業漁業が不可能になる恐れ、国連環境計画が警鐘-----AFPBB News http://bit.ly/d56qYg ;参- #food #fishing | トップページ | 記事「Why We Should Democratize the Electricity System (Part 1)」 民主的な電力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 資料 「放射線・放射能の基礎と測定の実際」 東京都立産業技術研究センター:

« 2050年までに商業漁業が不可能になる恐れ、国連環境計画が警鐘-----AFPBB News http://bit.ly/d56qYg ;参- #food #fishing | トップページ | 記事「Why We Should Democratize the Electricity System (Part 1)」 民主的な電力 »