« GOROKU「”青臭い”政治」 | トップページ | リリース「シャープ、家電機器ごとの消費電力リアルタイムに確認できるタブレット端末を開発」 »

リリース「東京ガスら、商業地域スマートグリッド実証プロジェクトを米国ニューメキシコ州アルバカーキ市でスマートグリッドの日米共同実証プロジェクト」

スマートグリッドの日米共同実証プロジェクトがスタート ~商業地域スマートグリッド実証プロジェクトを米国ニューメキシコ州アルバカーキ市で開始~-----東京ガス、(清水建設、東芝、シャープ、明電舎、東京ガス、三菱重工業、富士電機、古河電気工業、古河電池)、平成24年5月18日

"..........
本プロジェクトの概要は、既存の商業ビル(3階建て、延床面積7,000m2、電力負荷約400kW)に、太陽光発電50kW、ガスエンジン発電機240kW、燃料電池80kW、蓄電池90kWを電源とするマイクログリッド(需要者側の電力供給網)を構築し、各設備を制御することで、(1)商用電力の供給者からの要請※1に基づいた商業ビル内の需給調整(デマンドレスポンス)、(2)商業ビル内の電力熱需要に応じた運転、(3)地域の電力会社が敷設している太陽光発電の出力変動補完、を行うというものです。

本プロジェクトには、米国からは地域の電力会社であるPNM(Public Service Company of New Mexico)とサンディア国立研究所、ニューメキシコ大学が参画し、電力会社と需要者側の協調を図ったスマートグリッドの実証を共同で行います。なお、プロジェクトのデータ管理をアクセンチュア、実証サイトの運営支援を伊藤忠商事がそれぞれ担当します。
..........
1. 日本企業9社の役割分担
清水建設 : マイクログリッド全体システムの設計・構築、ビル・エネルギー・マネージメント・システム(BEMS)の設計・構築、蓄熱空調システムの設計・構築、全体システムの運用および検証
東芝 : スマートグリッド(商用電力)側のエネルギー・マネージメント・システム(EMS)の設計・構築・性能検証
シャープ : 太陽光発電システムの設計・調達・性能検証
東京ガス : 分散電源制御方法の設計・構築・性能検証
三菱重工 : ガスエンジン発電機および制御システムの設計・製造・性能検証
富士電機 : 燃料電池の設計・調達・性能検証
明電舎 : 太陽光発電用電力制御システム(PCS)の設計・調達・性能検証
古河電工 : 蓄電池管理システムの設計・調達・性能検証
古河電池 : 蓄電池の設計・調達・性能検証
2. 商業ビルの概要
名 称 : Mesa del Sol Aperture Center
所 在 地 : 米国ニューメキシコ州アルバカーキ市
所 有 者 : Mesa del Sol
規 模 : 敷地面積15,000m2、建築面積2,500m2、
延床面積7,000m2、地上3階
3. マイクログリッドの電源構成
太陽光発電設備 : 50kW
ガスエンジン発電機 : 240kW
燃料電池 : 80kW
蓄電池 : 90kW(160kWh)
.......... "

|

« GOROKU「”青臭い”政治」 | トップページ | リリース「シャープ、家電機器ごとの消費電力リアルタイムに確認できるタブレット端末を開発」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リリース「東京ガスら、商業地域スマートグリッド実証プロジェクトを米国ニューメキシコ州アルバカーキ市でスマートグリッドの日米共同実証プロジェクト」:

« GOROKU「”青臭い”政治」 | トップページ | リリース「シャープ、家電機器ごとの消費電力リアルタイムに確認できるタブレット端末を開発」 »