世界風力エネルギー協会 GWEC、Global Wind Energy Outlook 2012を発行

 世界風力エネルギー協会 Global Wind Energy Council(GWEC)は、Global Wind Energy Outlookの2012版を発行しました。
 今回のリポートでは、同協会のこれまでの風力発電の発展の見通しと実際のその進捗状況分析、そして未来の発展に際しては、政治的なスタンスにより三つのシナリオが示されました。それは、現在の再生可能エネルギーの促進策のままの”ニューポリシー・シナリオ New Policies scenario”、”おだやかな増加を促すシナリオ Moderate scenario”、”革新的シナリオ Advanced scenario”の三つです。

Global_wind_energy_outlook_2012p11
-----image(”Global CumuLlative Wind Power Capacity”) : GWO2012、p.5より

 三つのシナリオに共通しているのは、風力発電の増加、政治的な促進傾向は続くということです。
 2011年に、風力発電の世界の累積設備容量は237,669MWに達し、583TWh/yearの電力を生み出しました。現状のままの政治状況でも2020年には倍の586,729MWになります。革新的シナリオが取られた場合には、4倍の1,149,919MWに達し、2020年には世界が必要とする電力の12%をまかなう発電源になります。
 リポートは、さらに2030年、そして2050年の世界で風力発電が果たすことができる役割を力強く説いています。2030年に前電力の20%という数字も挙げられています。
 一部風力発電が、今さらされている逆風については、技術的、そして政治的にも克服できる、または克服されなければいけないと説いています。

 地域的な話題としては、アジアの中で存在感を増すのは中国とインドです。中国は、現在62,634MWの設備容量です。中国は、2020年に世界の累積設備容量の3割を占める見込みです。革新的なシナリオ下であれば、2020年の中国の累積設備容量は、230,912MW。つまり、現在の世界全体の風力の設備容量に達するという驚くべき数字です。

 風力発電、そして業界がこのまま発展し続けることは確かですが、そのスピードに関しては異論もあるかもしれません。しかし、風力発電に期待される役割は、引き続き大きなものになり続けるのは確かです。ようやく、風力何割という数字で語られることができるようになった風力発電の今後の動向に注目しています。


プレスリリース / Global Wind Energy Council (GWEC),14 November 2012
Global Wind Power Market Could Triple by 2020

Global_wind_energy_outlook_2012_cov
-----image : 「Global Wind Energy Outlook 2012」(PDF, p51)のカバー

"Greenpeace International and the Global Wind Energy Council released their bi-annual report on the future of the wind industry in Beijing today. The fourth edition of the Global Wind Energy Outlook shows that wind power could supply up to 12% of global electricity by 2020, creating 1.4 million new jobs and reducing CO2 emissions by more than 1.5 billion tons per year, more than 5 times today’s level. By 2030, wind power could provide more than 20% of global electricity supply.

The Global Wind Energy Outlook paints a picture of three different futures for the wind industry, looking at scenarios out to 2020, 2030, and eventually to 2050; and then measures these scenarios against two different projections for the development of electricity demand: the first based on the International Energy Agency’s World Energy Outlook, and another, more energy efficient future developed by the ECOFYS consultancy and researchers at the University of Utrecht.

“It is clear that wind energy is going to play a major role in our energy future”.......... "


関連
Global_wind_energy_outlook_2012p10
-----image(”1999 Wind Force 10 Blueprint and actual development. total GW Wind capacity installed Globally”) : GWO2012、p.4より

Global_wind_energy_outlook_2012_2_2
-----image(”World Map : Regional Breakdown of Cumulative Capacity up to 2030”) : GWO2012、2-p2より


GWEC : Global Wind Report(バックナンバー)

世界風力エネルギー協会 GWEC、リポート Global Wind Statistics 2011 を公開。全世界では、+21%-----ソフトエネルギー、2012/02/13


おすすめエントリー
週刊GreenPost 49号 - しなやかな技術研究会 2012/11/19-23日版

続きを読む "世界風力エネルギー協会 GWEC、Global Wind Energy Outlook 2012を発行"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IEA、再生可能エネルギーの導入可能性と市場および送電網の各国評価を発表。実現可能性への評価を高めた

 国際エネルギー機関 International Energy Agency(IEA)は、再生可能エネルギーの導入可能性と市場および送電網の各国評価を発表。今回発表されたリポートは、「Harnessing Variable Renewables」で、意訳しちゃうと”再生可能エネルギーを乗りこなせ”的な意味が含まれている。素直に訳せば、「自然条件で変動する再生可能エネルギーを効率的に利用する」かな。
 太陽光や風力などの再生可能エネルギーは、これまでは自然条件により発電量が変化することで、マイナスとされてきたば、気象の予報と日々の需給予想などの総合的な分析技術も進み、ちゃんとできる国ならば信頼できる発電ソースとしての価値を高めているところです。
 IEAは、「世界エネルギー展望 World Energy Outlook 2011 」の中で、気候変動およびエネルギー(ピークオイル)対策として2035年までに世界の電力供給の45%を再生可能エネルギーで賄うことが必要と分析しています。ただ、これまで国際エネルギー機関(IEA)は、その再生可能エネルギーの評価には慎重だったような気がします。理由は、再生可能エネルギーの変動、日和見性です。

 そして、今回のこのリポートでは、再生可能エネルギーにおける、自然エネルギーを利用するということで発生する出力変動は、電力システムの柔軟性や情報統合能力により向上させることができるとしました。電力システムや市場が適切に整備されれば、再生可能エネルギーの導入拡大は十分実現可能だとの分析です。

 しかし残念なことに、日本人が3.11の大震災以降、原子力発電だけでなく、日本の電力にかかわる全体に対していだくことになった不信感は、さらにこのリポートでも裏付けられる結果になりました。

日本の送電網「低い柔軟性」 自然エネルギーへの対応、最低水準-----MSN産経ニュース、2011.5.27

" IEAは報告書の中で、8つの主要先進国・地域の電力市場を評価。風力や太陽光など変動の大きい再生可能エネルギーについて、将来達成可能な電力全体に占める割合は日本が最も低く、19%と試算した。 "

 もっとも柔軟性が高かったのがデンマークで63%です。日本が柔軟でない理由は、化石燃料と原子力発電への依存が高かったことによるようです。日本の電力の安定、品質は最高クラスといわれて久しいですが、世界が再生可能エネルギーにシフトしようとする段階に来て、その評価は180度変わったものにもなりうるということです。

 このあたりの分析については、もう少し方法やら、考え方を知りたいところです。さらに、読み進めたいと思います。

 ただ、その日本でさえ、19%も導入の可能性があるということなのです。そこがポイントです。

Vre_deployment_potentials_today_fro
-----image(”
Figure ES.2- VRE deployment potentials today from the balancing perspective”) : 「Harnessing Variable Renewables-Summary」より

プレスリリース / International Energy Agency (IEA),24 May 2011
Challenges of using ‘variable’ renewables in power systems are surmountable, IEA report says Analysis of eight case studies shows that greater technical potential exists than is commonly assumed

Harness_renewables
-----image : 「Harnessing Variable Renewables-Summary」カバー

" A new book from the International Energy Agency (IEA), Harnessing Variable Renewables: a Guide to the Balancing Challenge, presents a novel method of assessing the resources needed to balance supply and demand in power systems with large shares of ‘variable’ renewables, such as solar photovoltaic, wind and tidal energy. The report, which features case studies of eight geographic regions with sharply different power attributes, shows that there is a greater technical potential for balancing variable renewable energy output than is commonly assumed.

Wind and solar energy have been growing at double-digit rates for at least five years - a trend that must continue if a more secure, diverse and sustainable energy mix is to be achieved. The IEA World Energy Outlook, for example, foresees that 45% of global electricity supply will need to come from renewable sources by 2035 if the level of carbon dioxide in the atmosphere is to be limited to 450 parts per million ? roughly consistent with a global temperature rise of no more than 2 degrees C. Under this scenario, around 17% of electricity would need to come from variable renewables, up from 1% in 2008.

But this raises a host of important challenges, particularly because of the uncertainties that are inherent in variable electricity supply. How can such large shares of variable electricity best be integrated without jeopardising the stability of existing power systems? What is the maximum share of electricity that can come from variable sources?

The answer to these questions is that it depends on the flexibility of the power system in question. The new IEA book provides a tool to assess this flexibility, and in the process serves to reassure policy makers that the challenges of integrating large shares of variable renewables in power systems are far from insurmountable.

Assessing flexible resources

Harnessing Variable Renewables: a Guide to the Balancing Challenge lays out a four-step method for assessing existing flexible resources, which can then be used to balance increasingly variable supply and demand. Step one of this Flexibility Assessment (FAST) method assesses the ability of the different flexible resources to change their production or consumption; step two examines the aspects of the power system that will constrain them from doing so; step three calculates the maximum requirement for flexibility of a given system resulting from fluctuating demand and output from wind plants and the like; and step four identifies how much more variability can be balanced with existing flexible resources.

The book features eight case studies in which the FAST Method is applied to eight geographic areas with very different characteristics. The resulting analysis shows that each region has the technical resources to balance large shares of variable renewable energy.

Potentials range from 19% in the least flexible area assessed (Japan) to 63% in the most flexible area (Denmark). The IEA also assessed the resources of the British Isles (Great Britain and Ireland together), 31%; the Iberian Peninsula (Spain and Portugal together), 27%; Mexico, 29%; the Nordic Power Market (Denmark, Finland, Norway and Sweden), 48%; the Western Interconnection of the United States, 45%; and the area operated by the New Brunswick System Operator in Eastern Canada, 37%.
.......... "

関連
IEA Publications Bookshop : Harnessing Variable Renewables
 -Summary(PDF)
Figure_1_variable_renewable_energy_
-----image(”Figure 1 -Variable renewable energy shares in ETP BLUE Scenarios, 2050”) :「Harnessing Variable Renewables-Summary」より

IEA : World Energy Outlook 2011

IEA: Wind and Solar Intermittency NOT a Big Deal!-----CleanTechnica,June 1, 2011

A 'Big Thumbs Up' for Renewable Energy?-----nytimes.com,June 3, 2011

コメント続き

続きを読む "IEA、再生可能エネルギーの導入可能性と市場および送電網の各国評価を発表。実現可能性への評価を高めた"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欧州再生エネルギー評議会 EREC、2030年に再生可能エネルギーで45%を賄う意欲的なプランを提示

 現在のEUの温暖化効果ガスの削減のための数値目標は、2050年に40%削減というラインでの合意ができるかどうか? 今後の国際的な枠組み合意のための交渉の中でさらなる意欲的な数値目標を提示、決定できるかどうかという段階にあります。
 
 再生可能エネルギーについては、2020年20%という目標をEUはもっていて、これは達成可能な状況になっています。そして今回、欧州再生エネルギー評議会 European Renewable Energy Council(EREC)は、2030年に再生可能エネルギーで45%を賄う意欲的なプランを提示しました。温暖化効果ガスの削減目標としては、2050年に80-95%削減を目指すことになるとても意欲的なシナリオです。

 発表されたリポートのタイトルは「45% by 2030-Towards a truly sustainable energy system in the EU-」です。今回の日本の福島原子力発電所の事故のこのリポートの影響は、P.15の注釈30:euractiv, 17th March 2011: “brussels nuclear debate goes into meltdown”という下の記事へのリンクが記載されているのみなので、具体的には計り難いですが、3月17日に真剣な議論が行われたということは、記憶にとどめる価値のある出来事です。

Brussels nuclear debate goes into meltdown-----EurActiv,17 March 2011

" The European commissioner in charge of climate action, Connie Hedegaard, has signalled that EU decisions on commissioning new energy capacity are "very much likely to be influenced" by the Fukushima nuclear disaster in Japan.
.......... "

 ドイツのメルケル首相は、”10年以内(2022年まで)に全ての原子力発電所を停止し。すみかに脱原発への道筋つける意欲的な提案”を行うなどEU加盟国のエネルギー政策に大きな影響を与えていることは確かです。今回のERECの2030年に再生可能エネルギーで45%を賄う意欲的なプランが正式のものになる可能性もより高まっていると思います。

 2030年にEUの全エネルギーの45%を再生可能エネルギーで賄う社会、実際にどんな社会になるのか? 見てみたいものです。そして、日本も現在の厳しい問題を解決し、その後を追うことができることを切に願います。(2t)

プレスリリース / European Renewable Energy Council (EREC),24.05.11
45% by 2030 / “Moving to 2030: A binding 45% renewable energy target”(PDF)より

Erec45_by_2030cover
-----image : 上-EREC : 45% by 2030、下-同書p.16より-----
Erec45_by_2030p16

" “Moving to 2030: A binding 45% renewable energy target”
Brussels, 24th May 2011. At the occasion of its biannual Policy Conference (EREC 2011), EREC calls for
a legally binding renewable energy target of 45% of final energy consumption in the EU by 2030. This
appeal comes as a request to ensure that the European Union deliver on its 80-95% greenhouse
emissions reduction commitment by 2050 (compared to 1990 levels) and maintain its increasingly
challenged industrial leadership in renewable energy technologies.

There is a far reaching agreement that Europe’s energy system must undergo radical change. With
today’s policies, however, the EU is set to fail meeting its long-term climate ambition. The European
Commission estimates in its low carbon economy roadmap that a continuation of current trends and
policies would result in only a 40% reduction in greenhouse gas (GHG) emissions by 2050.
“EU energy policy needs to be geared up to reach the Heads of State commitment of reducing GHG
emission by 80-95%. What’s more, to keep its pole position in terms of competitiveness, we need a
legally binding target for renewables of 45% by 2030 as this would make up a clear signal for investors
and unlock crucial private investments”, said Arthouros Zervos, President of EREC.
“By 2030, Upper Austria will cover 100% of its space heat and electricity demand from renewable
energy sources”, asserted Rudi Anschober, Regional Minister for Energy of Upper Austria. “Regions are
going ahead and putting in place the measures on the ground to make Europe take a truly sustainable
pathway. Brussels needs to follow our example and catch up!”
“If Europe wants to maintain its renewable energy leadership, we at First Solar, believe that a stable
policy framework and a 45% target for 2030 is a prerequisite”, stated Maja Wessels, Executive Vice
President for Public Affairs at First Solar, solar module manufacturers.
“At present, almost 50% of the total energy consumed in Europe is used for the generation of heat for
either domestic or industrial purposes”, highlighted Gerhard Stryi-Hipp, President of the Renewable
Heating & Cooling (RHC) Technology Platform. “If we are serious about moving towards a truly
sustainable energy system in the EU, renewables need to be boosted and a target for the next decade
would do just that”.
.......... "

関連
European Renewable Energy Council: Welcome / 45% by 2030

Energy policy for a competitive Europe / Europe 2020 initiative - Energy 2020-Europe 2020 initiative - Energy Roadmap 2050
 - 25 March 2011 After Fukushima: EU Stress tests start on 1 June 2011

European Renewable Energy Council- Roadmap 20% by 2020-----自然エネルギー、2008/12/01

参考エントリー
ドイツの再生可能エネルギー、2010年に電力の17%、総エネルギーに対して11%を達成。さらに、広がる脱原発の動きに注目!-----ソフトエネルギー、2011/05/06

CO2など2020年までに20%削減 EUが目標 / クリッピング asahi.com-----ソフトエネルギー、2007/01/11

[ カテゴリー : 欧州 ]

「2020年に20%を再生可能エネルギーで賄う」ってことでいきましょう!-----ソフトエネルギー、2007/07/26

本日のおすすめエントリー

続きを読む "欧州再生エネルギー評議会 EREC、2030年に再生可能エネルギーで45%を賄う意欲的なプランを提示"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IPCC、2050年までに再生可能エネルギーは、エネルギーの8割近くを賄うことも可能とする報告書を発表

 アブダビで開催されていたIPCC(Intergovernmental Panel on Climate Change 気候変動に関する政府間パネル)のワーキングループの会議において、バイオエネルギー(バイオマスとバイオ燃料を合わせたカテゴリー)、太陽エネルギー(太陽光と太陽熱を合わせたカテゴリー)、地熱、水力、海洋、風力の6分野の再生可能エネルギーの詳細なポテンシャル、技術革新の進捗などを詳細に分析したリポート「Special Report on Renewable Energy Sources and Climate Change Mitigation 特別リポート-再生可能エネルギーと気候変動緩和策」を発表しました。

 いくつかあるシナリオの中で、もっとも楽観的(The most optimistic of the four)なシナリオにおいては、2050年、40年後に総エネルギー消費のの最大77%に相当する、8割近くまでを賄いうるという内容となりました。報道でも取り上げられ、再生可能エネルギーの”潜在力”が世界でどう評価されているのかについて、日本の再興に大きなヒントをくれそうです。
 2008年度末のデーターで、世界の総エネルギー需要に対する再生可能エネルギーは、13%弱に相当する量となっているとのことです。もっとも控えめなシナリオ(the lowest of the four scenarios)では、2050年にたった15%にしかなっていません。現状からたった数パーセントアップにしかすぎないシナリオもあるのです。これからの未来が4つのシナリオ(細かいシナリオは、百数十におよびます)のうちどの未来を選択するのかは、まさにこれからの私たちの選択にかかっています。

 本リポートは、今年の夏に正式版が発刊されるとのことです。
 発行されれば、以下のサイトに表紙などもそろって掲載されると思われます。
ipcc-wg3 : Special Reports

プレスリリース / Intergovernmental Panel on Climate Change(IPCC),9 May 2011
Potential of Renewable Energy Outlined - Report by the Intergovernmental Panel on Climate Change-----Special Report on Renewable Energy Sources and Climate Change Mitigation

Ipcc2011srren
-----image : "ipcc_srren_leaflet.pdf"関連リーフレット(
*
)より

" Potential of Renewable Energy Outlined in Report by the Intergovernmental Panel on Climate Change

Experts Underline Significant Future Role in Cutting Greenhouse Gas Emissions and Powering Sustainable Development

Over 160 Scenarios on the Potential of six Renewable Energy Technologies Reviewed by Global Team of Technological Experts and Scientists

11th Session of Working Group III

Close to 80 percent of the world‘s energy supply could be met by renewables by mid-century if backed by the right enabling public policies a new report shows.
The findings, from over 120 researchers working with the Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC), also indicate that the rising penetration of renewable energies could lead to cumulative greenhouse gas savings equivalent to 220 to 560 Gigatonnes of carbon dioxide (GtC02eq) between 2010 and 2050.
The upper end of the scenarios assessed, representing a cut of around a third in greenhouse gas emissions from business-as-usual projections, could assist in keeping concentrations of greenhouse gases at 450 parts per million.
This could contribute towards a goal of holding the increase in global temperature below 2 degrees Celsius - an aim recognized in the United Nations Climate Convention's Cancun Agreements.
The findings, launched today after being approved by member countries of the IPCC in Abu Dhabi, United Arab Emirates, are contained in a summary for policymakers of the Special Report on Renewable Energy Sources and Climate Change Mitigation (SRREN).
..........
The SRREN, approved by government representatives from 194 nations, has reviewed the current penetration of six renewable energy technologies and their potential deployment over the coming decades.
The six renewable energy technologies reviewed are:
Bioenergy, including energy crops; forest, agricultural and livestock residues and so called second generation biofuels
Direct solar energy, including photovoltaics and concentrating solar power
Geothermal energy, based on heat extraction from the Earth‘s interior
Hydropower, including run-of-river, in-stream or dam projects with reservoirs
Ocean energy, ranging from barrages to ocean currents and ones which harness temperature differences in the marine realm
Wind energy, including on- and offshore systems
..........
The most optimistic of the four, in-depth scenarios projects renewable energy accounting for as much as 77 percent of the world‘s energy demand by 2050, amounting to about 314 of 407 Exajoules per year. As a comparison, 314 Exajoules is over three times the annual energy supply in the United States in 2005 which is also a similar level of supply on the Continent of Europe according to various government and independent sources.
77 percent is up from just under 13 percent of the total primary energy supply of around 490 Exajoules in 2008. Each of the scenarios is underpinned by a range of variables such as changes in energy efficiency, population growth and per capita consumption. These lead to varying levels of total primary energy supply in 2050, with the lowest of the four scenarios seeing renewable energy accounting for a share of 15 percent in 2050, based on a total primary energy supply of 749 Exajoules.
........... "

関連
IPCC: Eleventh Session of IPCC Working Group III and Thirty-third Session of the IPCC Abu Dhabi, United Arab Emirates, 5 - 8 and 10 - 13 May 2011

IPCC : Special Reports
 -IPCC SRREN: Summary for Policy Makers - SRREN(SRREN:Final Plenary Special Report Renewable Energy Sources 9-May-11)

" Coming May 31st 2011: The Entire Report
The full report will contain the following parts:
Technical Summary
Chapter 1 Renewable Energy and Climate Change
Chapter 2 Bioenergy
Chapter 3 Direct Solar Energy
Chapter 4 Geothermal Energy
Chapter 5 Hydropower
Chapter 6 Ocean Energy
Chapter 7 Wind Energy
Chapter 8 Integration of Renewable Energy into Present and Future Energy Systems
Chapter 9 Renewable Energy in the Context of Sustainable Development
Chapter 10 Mitigation Potential and Costs
Chapter 11 Policy, Financing and Implementation
Annexes
Annex I Glossary and Acronyms
Annex II Methodology
Annex III Cost Table "

-Special Report on Renewable Energy Sources and Climate Change Mitigation

IPCC:世界消費量の77%、再生可能エネルギーで 2050年に--報告書-----毎日jp,2011/5/10

再生可能エネルギー、40年後に総電力の最大77%に=国連-----ロイター、2011年 05月 10日

Renewable energy can power the world, says landmark IPCC study-----guardian.co.uk,Monday 9 May

Exclusive: Renewable energies to leap, costs fall: U.N.-----Reuters,2011/05/04

IPCCが発表:再生可能エネルギーは今後最も発展するエネルギー|脱原発と大幅な省エネ・節電で、再生可能エネルギー100%の安全な未来を!
-----WWFジャパン、2011/5

"IPCCによる報告のポイント(WWFジャパンによるまとめ)"

Top climate change panel to launch groundbreaking renewable energy report-----WWF,03 May 2011
- WWF : The Energy Report

WWF、2050年までに100%再生可能エネルギーは実現可能とするエネルギー・レポート The Energy Report 2011 を発表-----ソフトエネルギー、2011/02/14

参考
UNECE Publishes Analysis for Policy Reforms to Promote Energy Efficiency-----Climate Change Policy & Practice,June 2010

コメント続き

続きを読む "IPCC、2050年までに再生可能エネルギーは、エネルギーの8割近くを賄うことも可能とする報告書を発表"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツの再生可能エネルギー、2010年に電力の17%、総エネルギーに対して11%を達成。さらに、広がる脱原発の動きに注目!

追加情報

ドイツの再生可能エネルギーの電力に占める割合は20%を超えた模様。エネルギー消費比では、約12%を達成-----ソフトエネルギー、2012/01/11

 ドイツ、脱原発を選択!

ドイツ、全原発廃止を閣議決定。7月の上下院審議でも通過の見通し-----ソフトエネルギー、2011/06/07

ドイツ 全原発廃止を閣議決定-----NHKニュース、6月6日

" 当面、石炭やガスによる発電量を増やすほか、自然エネルギーの割合を現在の17%から2020年までに35%に引き上げるとしています。 "

-----------
 ドイツ、与党が2022年までの脱原発に合意。タイムテーブルを発表した。

ドイツ 「脱原発」22年までに 与党合意、主要国で初-----日本経済新聞、2011/5/30

" ドイツ連立与党の首脳は29日、首相府で協議し、国内に17基ある原子力発電所を順次停止し、遅くとも2022年までに「脱原発」を実現する計画で合意した。
..........風力や太陽光など自然エネルギーを大幅に伸ばす。..........17基のうち大半を10年後の21年までに停止..........。ただし、自然エネルギーなどへの転換が計画通り進まない場合はうち3基を「激変緩和措置」として22年まで稼働.......... "

独、22年までの脱原発で合意 福島事故受け連立与党-----47NEWS, 2011/05/30

-----------

 メルケルさんが10年以内(2022年まで)に全ての原子力発電所を停止し。すみかに脱原発への道筋つける意欲的な提案を行いました。

Germany's Merkel Backs Nuclear Exit Within A Decade-----planetark.org,23-May-11

" German Chancellor Angela Merkel on Saturday backed proposals to shut down all of the country's 17 nuclear power plants within about a decade.

Speaking at a meeting of the Christian Social Union (CSU), Bavarian sister party to her conservatives, Merkel said a 2022 date proposed by the CSU was appropriate and that her government will eventually fix a date for Germany's nuclear exit. "

 当初の記事は以下


 ドイツの再生可能エネルギーの利用は、2010年に電力の17%、総エネルギーに対して11%という割合に達したということです。2009年値(10.4%)となったこともあわせて発表。ついに、ドイツはエネルギー消費に対する再生可能エネルギーの割合が1割を超えたという記念すべきアナウンスが、チェルノブイリ原子力発電所事故から25年、そしてFukushima 福島原子力発電所事故がわが国で発生した2011年に行われたことは、多くの人々に脱原子力への決意を新たにさせるきっかけになっています。

 今回の発表では、ドイツのエネルギー、再生可能エネルギーに関してすごくわかりやすくデーターをそろえて解説してくれる Renewable energy sources 2010 という資料も公開しています。議論のために、わかりやすいこと、すごく大切なことです。ドイツの国民的な議論が、どうなり、どう政策に反映されるのか? 大いに注目していきたいところです。

プレスリリース / The Federal Environment Ministry,16.03.2011
Renewables' contribution to energy supply in Germany continued to rise in 2010

Renewable_energy_sources_20104f1
-----image(”Renewable energy sources as a share in final energy consumption in Germany
- 2010”) : 「Renewable energy sources 2010」-P.4より

" 17 percent share of electricity supply
 370,000 employees in the sector

The share of renewable energies in Germany's electricity supply rose further in 2010. At 17 percent, the share was about half a percentage point higher than the previous year. These are the preliminary results calculated by the Working Group on Renewable Energy Statistics (AGEE-Stat) for the Federal Environment Ministry. This growth was achieved in spite of the sector being hampered by adverse weather conditions. As there was very little wind in 2010, the wind power yield of 36.5 billion kilowatt hours (KWh) was the lowest since 2006. Even so, wind energy remained the key pillar of renewables, with around a 6 percent share of the total electricity supply. Clear increases were recorded for electricity generation from biogas and the photovoltaic sector. Solar power almost doubled its contribution, covering around 2 percent of total electricity demand.

Current scenarios show that in just ten years, renewables can cover 40 percent of Germany's electricity supply. An increase of 12 terawatt hours (TWh) per year is considered realistic. (1 terawatt hour = 1 billion kWh).

The renewables' share in total final energy consumption for heat rose from 9.1 percent in 2009 to just under 10 percent in 2010. The renewables' share in fuel consumption rose slightly to an estimated 5.8 percent (2009: 5.5 percent).

Overall, in 2010 renewables covered around 11 percent of Germany's total final energy consumption for electricity, heat and fuels. This is significantly higher than the previous year (2009: 10.4 percent) and is remarkable because energy consumption was considerably higher than in 2009, due to both the economic recovery and the cold weather.

Renewables also increased their contribution to climate protection. In 2010, around 120 million tonnes of greenhouse gases were avoided through the use of renewable energies (2009: 111 million tonnes). Around 58 million tonnes of these savings can be attributed to the Renewable Energy Sources Act (EEG) alone.

The figures prove that renewable energies were able to keep pace with the economic recovery and continue their trend of a steadily growing share in our energy supply.

Alongside this, renewable energies also gained importance as an economic factor. Initial estimates for the BMU show that, at around 26 billion euros, investments in renewable energy installations were around one quarter higher than in 2009 (20.7 billion euros).

This development is reflected in the employment figures linked to the expansion of renewables. Last year, employment in renewables rose again and latest estimates show there are now around 370,000 jobs in the sector. This is an increase of around 8 percent compared to the previous year (around 339,500 jobs), and well over twice the number of jobs in 2004 (160,500).
.......... "

関連
Renewable energy sources 2010: Data on the development of renewable energy sources in Germany in 2010
-Renewable energy sources 2010-PDF627 KByte-----The Federal Environment Ministry,23 March 2011-----downloads/doc
Renewable_energy_sources_20100
-----image : 上記資料「Renewable energy sources 2010」カバー

Renewable energies are standing firm in the economic crisis-----The Federal Environment Ministry,24.03.2010

ドイツ:再生可能エネルギー消費量の割合、初めて1割を超える-----日刊温暖化新聞、2010年04月04日

関連2
原発政策、日本どうする 火力発電頼みは問題-----日本経済新聞、2011/4/30

" ドイツのメルケル首相は脱原発への政策転換を打ち出した。昨年秋に既存原発の稼働期間を延長する計画を決めていたが、事故を受けて急転換した。イタリアも原発建設の再開を当面断念した。中国は原発推進の姿勢は変えていないが、安全計画を策定するまで新規の建設計画の承認を一時的に止める。 "

ドイツ 原発公開討論は平行線-----NHKニュース、Apr 29th

" ..........メルケル首相が設置した原発問題倫理委員会は28日、幅広い分野の専門家30人を集めて公開討論会.....電力会社の社長は社会が原発の廃止を決めれば受け入れざるをえないとしながらも「原発を今、廃止すれば外国から電力を輸入しなければならないほか地球温暖化などへの影響を考慮する必要がある」と主張し、早急な原発廃止には反対する姿勢......これに対し、環境保護団体の代表は「政府が補助金を出し、建物や家電製品の省エネを促進すれば原発による発電分を補うことは可能だ」と述べ、早期に原発を廃止すべきだと主張..... "

メルケル政権に「フクシマ」の大逆風-----newsweekjapan.jp,2011年03月29日

Chancellor Merkel Plans German Nuclear Exit Before 2022, Handelsblatt Says-----Bloomberg,2011/5/2

" German Chancellor Angela Merkel plans to stop using nuclear power in Germany possibly before 2022, Handelsblatt reported, citing unidentified people familiar with government discussions. "

追加情報
Germany tightens nuclear rules-----FT.com,May 18 2011

How Angela Merkel became Germany's unlikely green energy champion-----guardian.co.uk,Monday 9 May

"Fukushima has forever changed the way we define risk in Germany."(Angela Merkel)
( a tweet )

ドイツ:7基停止で電力輸入国に…「脱原発」先行き不透明-----毎日.jp,2011年5月8日

" ......ドイツは02年に当時のシュレーダー政権が「脱原発」を決め、当初は2022年までに全面停止の予定だった。しかしメルケル政権は昨年、代替エネルギーの普及が進むまで稼働を最長14年間延長することを決定。だが今回の福島の事故を受け、再び早期脱原発にかじを切っていた。..... "

Baltic Sea Could Be Home to 1 GW of Wind Power Capacity-----ReNewable Enargy World,2011/05/06

" .....According to German media, Chancellor Merkel plans to phase out nuclear power in Germany completely before 2022. Under the current system, power plants must be shut down after they produced a certain amount of electricity, allowing operators to delay closure until as long as 2022 or 2023...... "

コメント続き

続きを読む "ドイツの再生可能エネルギー、2010年に電力の17%、総エネルギーに対して11%を達成。さらに、広がる脱原発の動きに注目!"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東芝、ニュージーランドのテミヒ地熱発電所向けタービン、発電機、復水器を受注

 東芝、ニュージーランドのテミヒ地熱発電所向け2基の8.3万キロワット級タービン、発電機、復水器を受注2012年の納品を予定。ニュージーランドの受け入れ先のコンタクトエナジー社は、50年前に建設された、55MWのWairakei Power Stationを運営してきた実績がある。この老朽化しつつあるWairakei Power Stationは、今回建設される、テミヒ地熱発電所 Te Mihi Power Plant の二つの83MWの地熱発電所にその役目をシフトする予定だということです。

 コンタクトエナジー社の資料[ www.contactenergy.co.nz/
web/pdf/
environmental/Geothermal_brochure.pdf&pli=1 ]によると、ニュージーランドは、エネルギー総需要の5%、電力消費量の実に7%を地熱発電で賄っている地熱発電所であるということです。先の2月26日のM6.3のニュージーランド大地震、大きな被害がでたクライストチャーチは、復興に10年を要するとされています。同じ地震国であるニュージーランドが、地震国であることの”可能性”を生かすことを選択している地熱、今後ますます注目を集めそうです。ちなみに、ニュージーランドは、核爆弾および原子力発電所に関しては、1987年に核を捨て Nuclear Free Zone 宣言をしています。核武装の傘にも依存せず、核の平和利用といわれる原子力発電所も選択しなかった見識は、同じ火山国として日本の現状に一定のヒントを与えてくれそうです。

World Nuclear Association : Nuclear Energy Prospects in New Zealand : New Zealand and Nuclear Electricity
" ..........In 1987, the New Zealand Nuclear Free Zone, Disarmament, and Arms Control Act was passede. This was largely a symbolic statement of opposition to nuclear war and weapons testing, and it prevented the visits by nuclear-propelled or nuclear-armed vessels (primarily US ones). The New Zealand Nuclear Free Zone established under the Act does not ban land-based nuclear power plants.

Electricity options

In the October 2007, the government published its New Zealand Energy Strategy to 2050, which included a target for renewable sources to provide 90% of electricity generation by 2025.2 However, following the 2008 general election, the new Minister of Energy and Resources announced that the country's energy strategy would be updated3. The draft replacement strategy, published by the Ministry of Economic Development in July 20104, retains the "aspirational, but achievable" target of 90% renewables by 2025. No mention of nuclear power is made in the draft strategy.
.......... "

 東芝は、地熱発電所の設備容量では世界の3割をしめるリーディングカンパニーだということです。

プレスリリース / 東芝、2011年04月05日
ニュージーランドにおける地熱発電所向け発電設備の受注について-----( E )

Te_mihi_power_plangmap
-----image : Google マップ「Te Mihi Power Plant」より

" .....ニュージーランド・コンタクトエナジー社が建設を予定しているテミヒ地熱発電所のタービン、発電機、復水器を受注しました。2基の8.3万キロワット級地熱タービン、発電電動機、復水器を2012年に納入します。なお、契約は豪州現地法人である東芝インターナショナルオーストラリア社(TIC豪)がマッコーネルダウエル社、エスエヌシーラバリン社、パーソンズブリンカーオフ社によるジョイントベンチャーと行いました。
 テミヒ発電所はニュージーランドの北島、タウポ火山帯に位置します。当社のニュージーランドにおける地熱発電所向け設備の受注は今回が初めてで、当社の機器性能が評価され、受注に至りました。納入する製品の設計・製造は当社京浜事業所で行います。
 地熱発電は再生可能エネルギーである地下のマグマだまりによって熱せられた熱水と水蒸気を利用する発電方式でCO2の排出量が非常に少なく、また天候や気象条件に左右されることがありません。そのため、近年世界的に地熱発電の開発が進み、現在では世界の地熱発電設備容量は約1000万キロワットに達しています。
 当社は、1966年に岩手県松川地熱発電所に設備を納入して以来、北米、東南アジア、アイスランド等世界各国で52台の設備を納入しており、設備容量では世界シェアNO.1です。
 今後、当社は性能・信頼性向上などの技術改善を進め、エコリーディングカンパニーとして地熱発電の普及を通して地球温暖化防止に努めていきます。 

受注概要 

1.発電所名:テミヒ発電所
2.電力事業者:コンタクトエナジー社
3.発注者:マッコーネルダウエル社、エスエヌシーラバリン社、パーソンズブリンカーオフ社によるジョイントベンチャー
4.所在地:ニュージーランド 北島オークランドから南に250km タウポ地区
5.納入設備:8.3万キロワットタービン、発電機、復水器2セット
.......... "

関連
TOSHIBA : Power-generation Systems Geothermal power-generation systems

Contact Energy / Te Mihi Power Plant
/ Te Mihi technical reports
Te_mihi_technical_reports
-----image : 「Project Description - Geothermal Power (3.16MB)-Figure 3.1 -( Te Mihi Generation Cycle-Te Mihi Geothermal Power Project AEE - Project Description)」(PDF,P.8より)

参考エントリー
ニュージーランドの自然エネルギー-----自然エネルギー、(2010/05/07以降随時更新)

ニュージーランド国営 Mighty River Power、単独発電機では世界最大となるヌアワプルア(132MW-富士電機システムズ製)地熱発電所の運用をまもなく開始-----ソフトエネルギー、2010/04/28

コメント続き

続きを読む "東芝、ニュージーランドのテミヒ地熱発電所向けタービン、発電機、復水器を受注"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WWF、2050年までに100%再生可能エネルギーは実現可能とするエネルギー・レポート The Energy Report 2011 を発表

 WWF、および世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)は、2年の歳月をかけてまとめた、2050年までに100%再生可能エネルギーは実現可能とするエネルギー・レポート The Energy Report 2011 を発表しました。
 WWFは、気候変動およびエネルギー問題に早くから取り組んでいることで知られています。クリーンエネルギーがやがて基幹産業になっていくことを指摘し、各国政府に制度や資金の整備を積極的に菜たらきかけてきました。

WWF、クリーンエネルギーは2020年には第三の産業になる! Clean Economy, Living Planetリポートを発表-----ソフトエネルギー、2009/12/18
 そして、今回のエネルギー・レポート The Energy Report 2011では、2050年までにエネルギー消費を減らし、再生可能エネルギーにより100%を代替する道筋を示してくれます。現在、再生可能エネルギーにより100%を賄うことができるとする、リポートは、研究機関などにより複数報告されています。2050年の世界のあり方を、予測するだけでなく、積極的に選び実現する方策を創り上げていくことの重要さが示されています。

プレスリリース / WWF,2011年2月3日
WWF『エネルギー・レポート』を発表 2050年までに100%再生可能エネルギーは実現可能!

" 2011年2月3日、WWFは、2050年までに世界のエネルギー需要をすべて再生可能エネルギーで供給することが経済的にも技術的にも可能であるという研究結果を『エネルギー・レポート~2050年までに再生可能エネルギー100% :The Energy Report - 100% Renewable Energy By 2050』として発表しました。
The Energy Report - 100% Renewable Energy By 2050
英語版:オリジナル全文 (PDF形式:15MB)
日本語版:要約(PDF形式/1.7MB)
化石燃料への依存を現在のまま続ければ、気候変動による悪影響、エネルギーの価格高騰と枯渇など、ますます困難な状況に直面することは間違いありません。それを回避するために、WWFは「2050年までに100%再生可能エネルギー社会へ移行する」というビジョンを掲げました。既存の技術のみで、このビジョンがどこまで達成できるか、エコフィス(世界有数の気候・エネルギーに関するコンサルタント企業)に分析を委託し、2年間の歳月をかけて完成したのが、本レポートです。100%再生可能エネルギー社会のシナリオを示し、その実現に向けた行動を社会に呼びかけています。

シナリオでは、2050年までに

(1)世界全体および各部門でエネルギー需要をどこまで減らすことができるか

(2)その需要に見合ったエネルギーを、持続可能な形で供給することができるか

をそれぞれ順に検討しました。その際、重要なポイントとして、以下を考慮しました。

省エネルギー策の徹底により、世界のエネルギー需要を減らす
需要側の各部門(産業、建築物、運輸)で電化を進める
持続可能な再生可能エネルギー源でまかなう
電化が難しい部分(熱、燃料用途)は、その他の再生可能エネルギー源でまかなう(太陽熱等)
バイオマスエネルギーは最後の手段とし、他の再生可能エネルギー源でどうしてもまかなえない部分に利用する
その結果、エネルギー需要については、2050年には2005年よりも15%削減が可能であることが示されました。これは、これまで発表されたどのシナリオよりも野心的な数値です。現在ある技術をベースに、その需要に対して、95%を再生可能エネルギーで供給することが可能であるという結果が得られました。残りの5%は今後誕生する新たな技術にゆだねていますが、化石燃料や原子力、旧来型バイオマス(薪炭材など)は、太陽光・風力・地熱・水力・バイオマスといった多様な再生可能エネルギー源を組み合わせることによって、ほぼ完全に代替することができるのです。また、これにより世界のエネルギー由来のCO2の排出量は、2050年に80%以上削減されるという結果になりました。

このシナリオは、国連の人口増加の予測(2050年90億人超)を反映し、現在電気のない生活をしている14億人を含む、世界中のすべての人に電気を供給できることを想定しています。また将来の燃料価格や技術コストなど、全般的に比較的控えめな想定に基づいています。初期の設備投資は必要ですが、長期的には、燃料費が下がることで運用費も低減され、2040年以降は正味でコストの節約となります。

WWFはこのシナリオで示された、100%再生可能エネルギーの実現を確実にするために、社会が次の5つの重要事項を選択する必要があると考えています。

重要な選択その1:エネルギー効率と再生可能エネルギーの追求
..........
重要な選択その2:土地利用と土地管理(持続可能な方法で得られたバイオ燃料を担保する政策)
..........
重要な選択その3:低炭素な生活スタイルを受け入れる
先進国においては、企業行動や経済政策、個々人の生活スタイルなど、全てにおいて、エネルギー多消費行動を改めていく必要がある。途上国においては、人々の生活が改善され、健全な生活スタイルへと変化していく過程で、公共・産業・個人あらゆる部門で廃棄を最小化し、最も高いエネルギー効率基準を達成すべきである。世界の富裕層に対しては、現在極度の貧困の中で暮らす数十億人と資源を公平に分配するために、何らかの成長制限が求められるであろう。

重要な選択その4:資金と投資
..........
重要な選択その5:研究開発の支援
..........

日本は再生可能エネルギーの普及拡大を

日本では現在、発電量に占める再生可能エネルギーの割合は3%程度に留まっています。WWF気候変動プログラムの池原庸介は「気候変動問題の解決とエネルギー安全保障を見据え、全量固定価格買取制度などを適切なかたちで早期に導入し、再生可能エネルギーの大幅な普及拡大を図っていく必要がある」とコメントしています。

The Energy Report - 100% Renewable Energy By 2050
英語版:オリジナル全文 (PDF形式:15MB)
日本語版:要約(PDF形式/1.7MB)
..........

Wwf2011energyreportyouyaku001
Wwf2011energyreportyouyaku002
-----image&コメント: 同リリース要約版より。「..........現在 14 億人が電気のない生活 2 をしているが、このシナリオでは地球上すべての人口が電気にアクセスを可能とした上の結果である。これで世界のエネルギー由来のCO2 の排出量についても 2050 年に 80%以上削減される。なお、残りの 5%のエネルギーについては、今後誕生する新たな技術にゆだねている。
シナリオは、国連の人口増加の予測(2050 年 90 億人超)を反映し、また将来の燃料価格や技術コストなど全般的に比較的保守的な想定に基づいている。
このシナリオの達成に必要なグローバルな設備投資額は、長期的には、燃料費の削減や消滅などによる運用費の削減によって完全に回収され、利益が生じるまでになる。設備投資額と運用費の削減額の両方を考慮した正味のコストは、2050 年までの期間全体を通じて年当たりGDPの 2%を超えることはない。そして、2025 年前後をピークとしてやがて減少し、2040 年以降は正味で節約となることが判った。仮に、シナリオのコスト分析の中で、気候変動の悪影響回避によるコスト削減まで考慮した場合、節約額はさらに大きくなり、節約時期も 2040 年よりもさらに早まることとなる。」『エネルギー・レポート~2050 年までに再生可能エネルギー100%』要約版 The Energy Report - 100% Renewable Energy By 2050 2011 年 2 月 3 日
要約:WWFジャパン
.........."

関連
100% Renewable Energy by 2050?-----WWF
Wwf2011energyreport-----image : 「The Energy Report - 100% Renewable Energy By 2050」(2011,p.256,PDF-16MB)表紙

Influential voices support WWF’s 100% renewable energy vision-----WWF,11 February 2011

Brave new world fuelled by clean economical energy possible and imperative by 2050-----WWF,03 February 2011

OMA / 3 February-WWF and AMO launch groundbreaking report describing a world 100% reliant on renewable energy by 205

100% renewable energy possible by 2050, say OMA & WWF-----Footprint,February 3rd, 2011

参考動画
AMO - The Energy Report

続きを読む "WWF、2050年までに100%再生可能エネルギーは実現可能とするエネルギー・レポート The Energy Report 2011 を発表"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GWEC、世界の風力発電は、2010年に+40GWを積み上げ合計設備容量200GWを越える見通しを発表

 世界風力エネルギー協会(Global Wind Energy Council - GWEC)の発表によると、世界の風力発電容量は、2010年に約40GWを積み上げ、合計設備容量200GWを越える見通しだとのことです。
 手元のメモによれば2007年末では、100GWに達していなかったので、その後の3年で倍になったことになります。2009年末では、158GWです。確実にのびてきています。

 さらに世界風力エネルギー協会(Global Wind Energy Council - GWEC)は、今後の風力発電の普及がラテンアメリカ、アフリカ、アジアなどに普及していく状況から、今後の見通しにも楽観的です。
 同時に発表されたGWECの数字としては、2014年末で400GW。さらに来年発表予定のリポート‘Global Wind Energy Outlook 2010’の中でもっとも高い見通しとしては、2020年までに1000GW、2030年までに2300GWに世界の風力発電の合計設備容量が達するという見通しを発表するという発表がありました。

 急速に拡大する風力発電は、2008年の石油価格がバレル100ドルに達した時に、非常に世界中でのびると言われ、石油が下がれば伸びも鈍化するのではという見方がありましたが、現在のその水準より低い石油価格のもとでも、風力エネルギーなどの再生可能エネルギー、自然エネルギーへの投資が世界でますます活発化していることは興味深いことです。
 
プレスリリース / Global Wind Energy Council(GWEC) ,23.09.2010
Global wind capacity to reach close to 200 GW this year

" With around 40 GW of new capacity added this year alone, the world’s installed wind power capacity is expected to reach close to 200 GW by the end of 2010. These were the figures presented by Steve Sawyer, Secretary General of the Global Wind Energy Council, at a press conference during the Husum WindEnergy fair, of which GWEC is the international partner.
..........
In its five -year market outlook, GWEC forecasts that global wind power will double between 2010 and 2014, reaching more than 400 GW. This increase will continue to be driven by growth in China, the US and Europe, but new countries are also entering the global wind map.
..........
A longer term outlook for global wind power growth will be presented by GWEC in October during its China Wind Power 2010 conference in Beijing. This new edition of the ‘Global Wind Energy Outlook 2010’ will present three scenarios for the development of wind energy, showing how 1,000 GW of installed capacity could be operating world-wide by 2020, and as much as 2,300 GW by 2030.
.......... "

関連
Global Wind Report 2009
Globalwind2009
-----image : Global Wind Report 2009カバー

" GWEC's annual report is the autoritative source of information on wind power markets around the world. The Global Wind 2009 Report contains installation figures for over 70 countries for the 2009 record year, as well as a five-year forecast up to 2014 and detailed chapters on the key countries.
Download the report here.
5-year forecast:

Annual market forecast by region 2009-2013
Cumulative market forecast by region 2009-2013
Market forecast 2010-2014
.......... "

COP15 Boat tour to offshore wind farm outside Copenhagen

(WindPowerWorks,2009年12月15日)

コメント続き

続きを読む "GWEC、世界の風力発電は、2010年に+40GWを積み上げ合計設備容量200GWを越える見通しを発表"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ連邦環境庁 UBA、2050年に化石燃料や原発に依存せず100%再生可能エネルギーで賄いうるというリポートを発表

 ドイツは、連邦環境庁 UBAを通じて、2050年に化石燃料や原発に依存せず100%再生可能エネルギーで賄いうるというリポート「Energieziel 2050: 100% Strom aus erneuerbaren Quellen」を発表しました。
 リポートは、太陽エネルギー、風力、バイオマス、地熱などの再生可能エネルギーのヨーロッパにおけるエネルギーの賦存量は、潜在的には十分であり。主力となる太陽エネルギーと風力の活用上、ヨーロッパ全体の地域間を結ぶような送電網の整備を、蓄電池や相互融通のネットワークなどを活用し整備することを求めていくということです。ドイツの地理的な位置からノルウェーとスウェーデンなどのスカンジナビア半島の水力発電エネルギーの供給と環境整備を重視していくことの重要性が指摘されています。
 また現在計画の整備が急がれているより大きな地域間のエネルギーの相互依存ネットワーク、例えばヨーロッパ-北アフリカ(地中海地域)の活用も必要。これらのすでに取り組み始めている、再生可能エネルギー、送電網と送電・蓄電・融通システムの整備を意欲的に進めることで、2050年には石炭や原子力にも依存することのない100%再生可能エネルギーの体制をつくることが可能としています。

 このリポートは、ドイツ語で238ページもあり、部分的にGoogle翻訳使って読んでみました。図も充実していて、せめて英語化を望みたいところです。

プレスリリース / Umweltbundesamt,(UBA - ドイツ連邦環境庁:Federal Environment Agency),7 July 2010
Energy goal for 2050: 100% renewable electricity supply

" New UBA study shows that electricity supplied entirely from renewable energies is realistic
Germany’s electricity supply could make a complete switch to renewable energies by 2050. The technology already available on the market could make this possible even today, but it requires that electricity be used and produced very efficiently. These are the results of the Energieziel 2050: 100% Strom aus erneuerbaren Quellen [100% renewable electricity supply by 2050] study done by the Federal Environment Agency (UBA). In order to achieve this goal by 2050 UBA is calling for timely political support. “The earlier we take decisive action the more time there will be to make the necessary technological and social adaptation,” says Jochen Flasbarth, President of the Federal Environment Agency. Moreover, Germany could drastically reduce its great dependence on imports of primary energy sources if electricity were produced with renewable energies only.

The Federal Environment Agency explores the conversion to a 100% renewable energies power supply in three basic scenarios. The study now published is based on the ‘region´s network’ scenario, in which all the regions in Germany largely tap their potentials to use renewable energies and a country-wide electricity conversion results. Only a very small share of electricity would then need to be imported from neighbouring countries. The calculations needed were carried out by the Fraunhofer Institute for Wind Energy and Energy System Technology (IWES) on behalf of UBA. The researchers at IWES modeled this scenario for four seasons and according to hours. UBA President Jochen Flasbarth says, “The results of the study demonstrate that electricity supply can be generated completely from renewable energies by 2050 and that secure supply can be guaranteed at all times.” The various means to generate power from renewable energies, storage, and load management are explored in more explicit detail in the region’s network scenario, showing that fluctuations that may occur in supply of renewable energies can be safely compensated at all times. According to UBA, the power supply switch requires that renewable energies, networks and storage systems be expanded large-scale. Furthermore, the means to save electricity must also be used to the fullest extent.

The insulation of buildings must be greatly improved so as not to consume too much power to supply their heating. Load management potentials must also be developed in order to better adapt demand for electricity to fluctuating supply, especially from wind and solar energy.

Electricity supply is responsible for about 40% of Germany’s total energy-related CO2 emissions. “If we are to reduce greenhouse gas emissions by 80-95%, we must switch to electricity supply from renewable energies as it is the only way to reduce the GHG emissions generated in electricity supply to zero”, explained Jochen Flasbarth. In a follow-up study the Federal Environment Agency will investigate two possible alternatives to the ‘region’s network’ scenario, namely ‘International large scale application of technology’ and ‘Local Energy Autarky’.

The UBA Energieziel 2050: 100% Strom aus erneuerbaren Quellen [100% renewable electricity supply by 2050] study is available for free download at www.uba.de/uba-info-medien-e/3997.html. "

関連
・UBA Database : Energieziel 2050: 100% Strom aus erneuerbaren Quellen-15/07/2010
Energy2050100_electricity_from_rene-----image : 上記サイトより上-「Energieziel 2050: 100% Strom aus erneuerbaren Quellen」カバー。下-P.17より-----
Energy2050100_electricity_from_re_2
[www.umweltdaten.de/publikationen/fpdf-l/3997.pdf]ダウンロードできます。

Vollversorgung mit erneuerbaren Energien bis 2050-----Das Bundesumweltministerium(DAS BMU-連邦教育研究省),23.06.2010

Germany targets switch to 100% renewables for its electricity by 2050-----guardian.co.uk,7 July 201

100% Erneuerbare Energie fur Deutschland moglich bis 2050-----glocalist.com,15 July 2010

ドイツ、再生可能エネルギー100%による電力供給は2050年までに達成可能-----EICニュース、2010.06.23

コメント続き

続きを読む "ドイツ連邦環境庁 UBA、2050年に化石燃料や原発に依存せず100%再生可能エネルギーで賄いうるというリポートを発表"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IEA、太陽電池(PV)と集光型太陽光発電システム(CSP)により、2050年には世界の20-25%の電力を得ることができるという試算を公開

 国際エネルギー機関(IEA) は、5月11日に一般の太陽光発電と集光型太陽光発電により、2050年には世界の電力需要の20から25%を満たすことができるという”ロードマップを示しました。この発表は、地中海連合の大規模太陽光発電開発計画 Mediterranean Solar Plan(MSP)のミーティングでIEAの田中伸男事務局長により発表されました。

 ”PV and CSP could generate 9 000 Terawatt hours of power in 2050.”

 赤道近くのこれまで不毛とされていた砂漠などの地域における太陽光発電への関心の高まりはかつてない規模となり、投資と開発が進むと予想されます。集光型太陽光発電素子の開発などに拍車がかかり初めていますので、これらの新たな成果にも期待がかかります。2050年までのロードマップでは、太陽電池と集光型がともに、11%以上、合計9000TWhの発電という数字が上げられています。

プレスリリース / International Energy Agency (IEA) 、11 May 2010
IEA sees great potential for solar, providing up to a quarter of world electricity by 2050

" Solar electricity could represent up to 20% to 25% of global electricity production by 2050. This important finding emerges from two new analyses by the International Energy Agency (IEA): the solar Photovoltaic (PV) and Concentrating Solar Power (CSP) roadmaps, launched today in Valencia/Spain, during the Mediterranean Solar Plan Conference hosted by the Spanish presidency of the EU. "It is particularly appropriate to present the two solar roadmaps in Valencia today, given that Spain has taken a leading role globally in promoting solar power and other forms of renewable energy," said Mr. Tanaka. "The combination of solar photovoltaics and concentrating solar power offers considerable prospects for enhancing energy security while reducing energy-related CO2 emissions by almost six billion tonnes per year by 2050." The roadmaps detail the technology milestones that would make this possible, highlighting that the two technologies will deploy in different yet complementary ways: PV mostly for on-grid distributed generation in many regions and CSP largely providing dispatchable electricity at utility scale from regions with brightest sun and clearest skies. PV also helps provide energy access off grid in rural areas. Together, PV and CSP could generate 9 000 Terawatt hours of power in 2050.
..........
With effective policies in place, PV on residential and commercial buildings will achieve grid parity - i.e. with electricity grid retail prices - by 2020 in many regions. PV will become competitive at utility-scale in the sunniest regions by 2030 and provide 5% of global electricity. As PV matures into a mainstream technology, grid integration and management and energy storage become key issues. The PV industry, grid operators and utilities will need to develop new technologies and strategies to integrate large amounts of PV into flexible, efficient and smart grids. By 2050, PV could provide more than 11% of global electricity.
..........
The overall contribution of CSP could ? like that of PV - represent 11% or more of the global electricity demand by 2050.
.......... "

関連
International Energy Agency - Technology Roadmaps

" Publications and Papers
Technology Roadmaps - Nuclear Energy 2010
Technology Roadmaps - Wind Energy (Chinese version) 2010
Technology Roadmaps - Wind Energy foldout (Chinese version) 2010
Technology Roadmaps - Solar photovoltaic energy 2010
Technology Roadmaps - Solar photovoltaic energy (brochure) 2010 "

/ Technology Roadmaps - Solar photovoltaic energy
Iealoadmap2010solar
-----image : 「Technology Roadmaps - Solar photovoltaic energy 2010」(pdf,A4-48頁)より

The IEA's Global Roadmap For CSP-----Solar Feed,19 MAY 2010

IEA、「2050年までに太陽光・熱が世界の発電量の1/4を占める可能性大」-----日刊温暖化新聞、2010年05月28日

European Photovoltaic Industry Association (EPIA)、地中海連合の大規模太陽光発電開発計画 Mediterranean Solar Plan(MSP)の2020年に向けての展望を発表-----ソフトエネルギー、2010/06/10

コメント続き

続きを読む "IEA、太陽電池(PV)と集光型太陽光発電システム(CSP)により、2050年には世界の20-25%の電力を得ることができるという試算を公開"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

000b_bookmarks | 000c_bookmarks_ | 000YouTubeから | 001クリッピング | 001クリッピング2006 | 001クリッピング2007 | 001クリッピング2008 | 001クリッピング2009 | 001クリッピング2010 | 002企業プレスリリース | 003イベント案内 | 007適正/中間/代替 技術 | 009自然エネルギー全般 | 010太陽電池 | 015太陽熱利用 | 016パッシブソーラー | 020風力発電 | 021小型風力発電機 | 030水力発電 | 040 海洋エネルギー-OTEC | 040潮汐力・海流など海洋エネルギー | 045浸透膜発電 | 050fバイオ燃料 | 050バイオガス/メタン | 050木質、森林/バイオマス | 052汚泥・廃棄物/バイオマス | 060温泉、地熱、地中熱 | 070家庭用ハイブリッドシステム | 071産業用 省エネルギー技術 | 075電力、マイクログリッド | 076電力変換/蓄電、蓄熱、水素など | 077 燃料電池 | 078 熱利用・熱回収/廃熱・余熱 | 090その他のエネルギー | 093人工光合成 / 光触媒 | 099世界 | 099世界 Index | 100国内 | 101アメリカ | 102d デンマーク | 102d ドイツ | 102e イギリス | 102f フランス | 102i イタリア | 102m メキシコ | 102n オランダ | 102s スウェーデン | 102s スペイン | 102sスイス | 102南アメリカ | 102欧州 | 102bブラジル | 103ロシア | 104東ヨーロッパ | 105iアイスランド | 105n ノルウェー | 110オセアニア | 111カナダ | 114中東 | 115s 南アフリカ | 115アフリカ | 120アジア | 121中国 | 122台湾 | 122韓国 | 123インド | 2020 | 2025 | 2030 | 2050 | Googleマップ(Earth) | Green Movement | おすすめサイト | おもちゃ、雑貨 | アップロード画像(非公開) | エネルギー | グリーン・ポスト[PR] | ニュース | プレスリリース | リポート、資料 | 住まい・インテリア | 島の自然エネルギー | 情報のまとめ | 日記・コラム・つぶやき | 書籍・雑誌 | 画像 下書き公開用 | 経済・政治・国際 | 趣味 | 車関係 | 過去記事クリッピング-2003cripping | 鉄道/電車関連 | 音楽