« 東北電力、再エネ導入のための南相馬変電所の40MWh大容量蓄電池システムを運用開始 | トップページ | 食品加工&農作物残渣利用の120kW鈴与菊川バイオガスプラントが稼動 »

出光、大分県九重町に5050kW滝上バイナリー発電所の建設を開始

 出光は、大分県九重町に約5MW(5050kW)滝上バイナリー発電所の建設を開始しました。バイナリー発電とは、低沸点媒体を用いることで、従来の地熱発電では活用できなかった低温の蒸気・熱水での発電を可能にする発電方式で、大規模な井戸の掘削を必要とせず、メンテナンスも比較的楽ということで新規の地熱発電所の大きな流れの一つとなっています。
 今回利用される熱水は、出光大分地熱の敷地内の九州電力株式会社滝上(地熱)発電所(発電容量:27.5MW)に供給している蒸気に付随して噴出しているものです。バイナリー発電システムは、富士電機が本発電設備全体の設計から、調達、製作、建設を一括請負って実施されています。完成は、2017年3月の予定です。

 同じ九州電力管内には、2015年6月に運転を開始した九州電力グループの九電みらいエナジーによる5MW菅原バイナリー発電所が運転を開始しています。5MW滝上バイナリー発電所が完成すれば、比較的大規模なバイナリー発電所は、2MW八丁原バイナリーと合わせて3か所目になります。
 
 出光は、1996年の九州電力の滝上発電所の操業開始以来、出力25MW(25,000kW)に相当する発電用蒸気を供給をおこなっています。滝上発電所は、2010年6月に27.5MW(27,500kW)への出力増強を実施、19年間にわたり国内トップクラスの高い設備利用率での運転を行っているということです。大分県は、地熱発電で国内実績No.1の地熱県です。今後のさまざまな取り組みにも注目しています。


プレスリリース / 出光、2016年3月1日
国内最大級の地熱バイナリー発電所の建設を開始しました
100776029
-----image(”上-完成予想図、下-位置図”) : 同リリースより-----
100776030

" 出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、略)は、100%子会社である出光大分地熱株式会社(略)滝上事業所において、バイナリー発電所の建設を開始しましたので、お知らせいたします。
..........
 このたび、2017年3月の運転開始を目指し、同敷地内にバイナリー発電所の建設工事に着手いたしました。完成後の発電容量は5,050キロワットであり、国内で最大級のバイナリー発電所となります。
 バイナリー発電は、低沸点媒体を用いることで、従来の地熱発電では活用できなかった低温の蒸気・熱水での発電を可能にする発電方式です。
.......... 滝上バイナリー発電所の概要
名称 滝上バイナリー発電所
位置 大分県玖珠郡九重町大字野上3330-152(生産1号基地内)
発電容量 5,050 kW(出力)
年間発電規模 31百万kWh
事業内容 地熱発電事業(再生可能エネルギー固定価格買取制度活用)
稼働予定 2017年3月
..........
出光大分地熱株式会社滝上事業所の概要
名称 出光大分地熱株式会社滝上事業所
位置 大分県玖珠郡九重町大字野上2862-12
事業内容 九州電力株式会社滝上発電所用蒸気供給事業
※参考 九州電力滝上発電所 所在地 大分県玖珠郡九重町大字野上2862-12
発電容量 27,500 kW(定格出力)
年間発電規模 197百万kWh
.......... "

関連
5,000kW級 地熱バイナリー発電設備の受注について-----富士電機、2015年5月26日

".....出光大分地熱との間で、本発電設備全体の設計、調達、製作、建設を一括請負しました。滝上バイナリー発電所は出光大分地熱の敷地内に設置され、九州電力株式会社滝上(地熱)発電所(発電容量:27,500kW)に供給している蒸気に付随して噴出する熱水を活用して発電....."

エネルギー列島2015年版(44)大分:地熱発電でトップを独走、太陽光やバイオマスを加えて自給率5割へ-----スマートジャパン、2016年02月23日

" ..........八丁原発電所から山を1つ越えた九重町の菅原地区では、九州電力グループが「菅原バイナリー発電所」を2015年6月に稼働.....5MW.....同様のバイナリー発電所は「滝上発電所」の近くでも建設中だ。滝上発電所は九州電力が九重町で運営する大規模な地熱発電所の1つで、発電に利用する蒸気を出光興産グループの「出光大分地熱」が供給している.....新たに発電能力が5MWの「滝上バイナリー発電所」を建設中で、2016年3月に運転を開始する予定.....菅原地区と合わせて2カ所のバイナリー発電所が稼働すると、九重町内の家庭が消費する電力量の4倍以上を供給できるようになる.....「大岳(おおたけ)発電所」が最も長く運転を続けている。1967年の運転開始から50年近く経過したため、老朽化した発電設備の更新計画が始まった.....更新すると、発電能力は従来の12.5MWから14.5MWに増強.......... "

・九州電力 : 地熱発電への取組み


参考エントリー
大分県九重町で 5MWの菅原バイナリー発電所が運転を開始-----ソフトエネルギー、2015/07/23

西日本環境エネルギー、九州電力、大分県玖珠郡九重町で5MWの菅原バイナリー発電所の建設へ-----ソフトエネルギー、2013/12/04


おすすめエントリー
家を3Dプリンターで造る。イタリアのWASP Big Deltaプロジェクト‬-----しなやかな技術研究会、2016/03/03

3月2日 ‪#‎今日の景色‬-----しなやかな技術研究会、2016/03/02

アメリカ大統領選挙。その候補者たちの再生可能エネルギーに対するスタンスは?-----とびっきりの未来 Project 50/2050、2016.03.03



|

« 東北電力、再エネ導入のための南相馬変電所の40MWh大容量蓄電池システムを運用開始 | トップページ | 食品加工&農作物残渣利用の120kW鈴与菊川バイオガスプラントが稼動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出光、大分県九重町に5050kW滝上バイナリー発電所の建設を開始:

« 東北電力、再エネ導入のための南相馬変電所の40MWh大容量蓄電池システムを運用開始 | トップページ | 食品加工&農作物残渣利用の120kW鈴与菊川バイオガスプラントが稼動 »