« 東京ガス、田町駅東口で太陽熱集熱器や太陽光発電パネル、地下トンネル水を活用したエネルギー利用計画を推進 | トップページ | 接続保留問題を越えて。九州電力など5社受付再開にむけて »

クラボウ、徳島県阿南市で6.2MWの木質バイオマス発電施設の建設を開始

 繊維事業などをてがけるクラボウは、徳島県阿南市の徳島工場内に、自社開発技術による流動層ボイラと蒸気タービンによるおおよそ6.2MWの規模の木質バイオマス発電所の建設を開始しました。燃料の間伐材等の木質チップは、阿南市の材木業者より調達し、発電電力は、再生可能エネルギー固定価格買取制度を利用して電力会社に売電する予定です。
 投資額は約30億円。今後の予定は、15日の地鎮祭の後、基礎土木工事を着工し、プラント建設工事を経て、平成28年4月の営業運転開始を目指すとのことです。
 

プレスリリース / クラボウ、2015年01月14日
徳島バイオマス発電所の建設工事着工について

" クラボウ(資本金 220億円、本社 大阪市中央区、略)は、徳島県阿南市の徳島工場(注1)敷地内建設予定地において、木質バイオマス発電所の建設工事に着手いたします。
 本発電所は、エンジニアリング部の保有技術である「流動層ボイラ(注2)」と蒸気タービンを組み合わせた間伐材等を燃料とする徳島県初の木質バイオマス発電所で、再生可能エネルギー固定価格買取制度(FIT)を活用し、発電・売電事業を行うものです。間伐材等の木質チップは、株式会社徳信(注3)から供給を受け、最大約6,200kWの発電を行い、発電所内で使用する電力を差し引いた年間約4,000万kWhの売電を行うもので、これは、一般家庭約11,000世帯分の年間使用電力量に相当します。
 建設工事は、15日の地鎮祭の後、基礎土木工事を着工し、4月からは、プラント機械設備工事を開始して、平成28年4月の営業運転開始を目指します。引き続き、徳島県、阿南市等関係各所のご指導をいただき、また、近隣各所のご理解を得ながら進めてまいります。

1.今後のスケジュール
 平成27年 1月 15日 :地鎮祭
 1月 16日 :基礎土木工事着工
 4月~ :プラント機械設備工事着工(予定)
 平成28年 1月~ :試運転・調整(予定)
 4月~ :売電開始(予定) 
..........
(注1)徳島工場 徳島工場は、繊維事業部の染色・加工における生産・開発の中核工場として平成8年に竣工した工場です。
所在地:徳島県阿南市
竣 工:平成8年
敷 地:約106,000㎡

(注2)流動層ボイラ
流動層ボイラは、自社開発の流動層焼却装置とボイラを一体構造としたもので、蒸気タービンと組み合わせることにより、効率的な発電を行うことができます。

(注3)株式会社徳信  
所 在 地:徳島県阿南市
資 本 金:1,000万円
代 表 者:森 泰章
事業内容:原木売買、木材市売業、燃料用チップの販売、
山林土地の売買及び造林保有 (社有林 約2,000ha)

(参考)「木質バイオマス発電事業」に関する過去のニュースリリース
 平成26年7月31日:木質バイオマス発電事業への進出について
.......... "

関連
木質バイオマス発電事業への進出について-----クラボウ、2014年07月31日

"..........エンジニアリング部が長年培った流動層焼却技術を発展させた「流動層ボイラ」(注1)と蒸気タービンを組み合わせた間伐材等を燃料とするバイオマス発電所を当社徳島工場(注2)敷地内に建設し、発電・売電事業を行います。
..........
1.クラボウ徳島バイオマス発電所(仮称)の概要
(1)事業者:クラボウ エンジニアリング部
(2)事業場所:クラボウ徳島工場敷地内 遊休地(約8,500㎡)
(3)発電規模:6,200kW
(4)年間発電量:4,000万kWh/年(一般家庭 約11,000世帯分の年間使用電力量に相当)
(5)燃料種別:木質チップ(間伐材等)
(6)燃料供給者:株式会社徳信(注3)
(7)投資額:約30億円
(8)着工予定:平成26年12月
(9)営業運転開始予定:平成28年4月
.......... "


参考
・徳島県 : 「自然エネルギー立県とくしま推進戦略」の改訂について-----徳島県、2014年4月4日

" 徳島県では、地域に豊富に存在する自然エネルギー資源を最大限に活用し、「エネルギーの地産地消」や「災害に強いまちづくり」に向け、県民、事業者、行政等が一体となって取り組んでいく「自然エネルギー立県とくしま推進戦略」を平成24年3月に策定しました。
 このたび、進捗状況などの把握や評価を実施し、内容の見直しを行いましたので、次のとおり公表します。

○ 戦略の目標
環境の世紀をリードする 「自然エネルギー立県とくしま」の実現

○ 戦略の期間
 「平成24年度から平成26年度まで」の3年間

○ 戦略プロジェクト
 地域に豊富に存在する自然エネルギー資源を最大限活用して、「メガソーラーなどの誘致」、「家庭や事業所への普及・促進」、「自然エネルギーを活かした地域活性化」、「災害に強いまちづくり」の4つの戦略プロジェクトに盛り込んだ各種施策を積極的に展開し、「自然エネルギー立県とくしま」の実現を目指します。

詳しくは、下記の添付ファイルをご覧ください。 

自然エネルギー立県とくしま推進戦略.pdf(3MB)
.......... "



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« 東京ガス、田町駅東口で太陽熱集熱器や太陽光発電パネル、地下トンネル水を活用したエネルギー利用計画を推進 | トップページ | 接続保留問題を越えて。九州電力など5社受付再開にむけて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クラボウ、徳島県阿南市で6.2MWの木質バイオマス発電施設の建設を開始:

« 東京ガス、田町駅東口で太陽熱集熱器や太陽光発電パネル、地下トンネル水を活用したエネルギー利用計画を推進 | トップページ | 接続保留問題を越えて。九州電力など5社受付再開にむけて »