« 経産省、再エネ分野の人材育成の指標「再生可能エネルギースキル標準(GPSS)」を策定 | トップページ | NEDO、伊豆大島で1.5MWハイブリッド大規模蓄電システムの実証試験を実施 »

京セラ関連、千葉県市原市の山倉ダムにおいて世界最大規模の浮体式メガソーラー(約13.4MWp)を計画

 京セラと東京センチュリーリースが共同出資して設立された、京セラTCL ソーラーは、千葉県市原市の同県企業庁が管理する工業用水道専用山倉ダムに、水上設置型の約13.4MWのメガソーラー計画を発表しました。
 本年10月、千葉県企業庁は、山倉ダムにおいて、水上設置型太陽光発電システムを設置・運営する事業者の公募をおこないました。これに京セラTCLソーラーが応募し、このたび事業候補者として採択されたものです。京セラTCL ソーラーの計画では、水面部約18.0haを利用し、京セラ製太陽電池モジュール合計約50,000枚を海面に設置し、今後、東京電力など関係者と協議の上、2016年3月の稼動を目指すとのことです。

 京セラは、すでにフランスのシエル・テール · インターナショナル(日本法人:シエル · テール · ジャパン)が開発した浮体式の水上架台システム、Hydrelio (C)を使った浮体式太陽光発電を行っています。そして、約13.4MWは、完成すれば、世界最大規模となります。

京セラ関連、兵庫県加東市に2箇所合計2.9MWpの仏技術導入の浮体式メガソーラーを建設へ-----ソフトエネルギー、2014/09/10


プレスリリース / 京セラ、2014年12月22日
世界最大千葉県山倉ダムにおける水上設置型メガソーラー発電事業について

1204_dsil01
-----image[ ”上-山倉ダム(千葉県市原市)、下-水上設置型メガソーラーの設置イメージ” ] : 同リリースより-----
1204_dsil02

" 京セラ株式会社(本社:京都府京都市、略、以下「京セラ」)と東京センチュリーリース株式会社(本社:東京都千代田区、略、以下「TCL」)が共同出資する京セラTCL ソーラー合同会社(以下「京セラTCL ソーラー」)は、このたび千葉県企業庁が管理する工業用水道専用山倉ダム(千葉県市原市)において、水上設置型としては世界最大※1となる約13.4MWのメガソーラー発電事業に取り組むこととしましたのでお知らせいたします。
..........
【山倉ダムにおける水上設置型メガソーラー発電所の概要】
所在地 千葉県市原市山倉地先「山倉ダム」
事業主 京セラTCLソーラー合同会社
出力規模 約13.4MW
太陽電池設置枚数 京セラ製太陽電池モジュール合計約50,000枚
年間予想発電量 合計約15,635MWhの見込み
(一般家庭約4,700世帯分※2の年間電力消費量に相当)
売電先 東京電力株式会社(予定)

 千葉県企業庁では、本年10月より環境負荷の軽減などを目的に、山倉ダムの水面において、水上設置型太陽光発電システムを設置・運営する事業者の公募をおこなっていました。これに京セラTCLソーラーが応募し、このたび事業候補者として採択されました。今後、東京電力など関係者と協議の上、2016年3月の稼動を目指します。

 本発電事業では、山倉ダムの水面約180,000m2を使用し、京セラ製太陽電池モジュール約50,000枚を設置する計画です。年間発電量は約15,635MWhとなる見込みで、一般家庭約4,700世帯分※2の年間電力消費量に相当し、また年間約7,800t※3のCO2削減に貢献する予定です。

 事業スキームについては従来どおり、京セラTCLソーラーが事業運営をおこない、TCLは発電設備に対するリース・ファイナンスを提供します。京セラグループは、発電所の設計・施工を京セラコミュニケーションシステム株式会社、太陽電池モジュールと周辺機器の供給および維持管理を株式会社京セラソーラーコーポレーションが担当します。水上架台(水上に太陽電池モジュールを設置するための浮体構造物)については、現在、兵庫県のため池において京セラTCLソーラーが建設中の水上設置型メガソーラー発電所と同様に、シエル・テール製(本社:フランス)のものを使用します。
.......... "

関連
山倉ダムにおけるフロート式メガソーラー設置運営事業候補者の決定について-----千葉県、平成26年11月28日

"..........
1.事業候補者
 京セラTCLソーラー合同会社(東京都千代田区)

2.事業候補者の提案概要
 使用面積:水面部約18.0ha、陸上部約1.5ha
 想定出力:約13.4MW
 想定年間発電量:約15,635MWh(一般家庭約4,700軒の年間使用電力量に相当)
 提案納付金額:年額21,700,000円

※なお、別途水面部及び陸上部の行政資産使用料として年額1千万円程度の収入見込み

 発電開始予定時期:平成28年3月(目標)
.......... "

追加情報
京セラ、千葉県で水上として世界最大級約13.7MWp 山倉水上メガソーラーの建設を開始-----ソフトエネルギー、2016/03/10


参考エントリー
桶川市の後谷調整池に、浮体式1.18 MWpメガソーラーが姿を現した-----ソフトエネルギー、2013/07/24


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost ---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« 経産省、再エネ分野の人材育成の指標「再生可能エネルギースキル標準(GPSS)」を策定 | トップページ | NEDO、伊豆大島で1.5MWハイブリッド大規模蓄電システムの実証試験を実施 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/60859413

この記事へのトラックバック一覧です: 京セラ関連、千葉県市原市の山倉ダムにおいて世界最大規模の浮体式メガソーラー(約13.4MWp)を計画:

« 経産省、再エネ分野の人材育成の指標「再生可能エネルギースキル標準(GPSS)」を策定 | トップページ | NEDO、伊豆大島で1.5MWハイブリッド大規模蓄電システムの実証試験を実施 »