« 水ing、茨城県守谷市で175kW消化ガス発電事業を実施へ | トップページ | 東京メトロ、自社施設2ヶ所に地中熱利用空調システムを導入 »

ダイキン工業、富山県南砺市で管水路用マイクロ水力発電(最大15.3kW)を実証実験

 ダイキン工業は、環境省のCO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業への採択を受けて、富山県南砺(なんと)市に開設する森清(もりきよ)配水池において、管水路用マイクロ水力発電システムの実証実験を開始しました。2015年4月までの間に、管水路用マイクロ水力発電装置を上水道施設に設置し、今まで使われていなかった水流エネルギーを活用した水力発電の実証研究に取り組みます。 今回の最大有効落差、最大流量から、発電電力は最大15.3kW(発電機は最大22kW)で、年間発電量は一般家庭27軒分に相当する98MWhが見込まれています。
 今回の実証事業を経て、電力消費量の多い上水道施設や、水を多く消費する工場内の施設への導入の可能性を実証することになります。

プレスリリース / ダイキン工業、2014年11月12日
環境省「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」採択事業 富山県南砺(なんと)市で管水路用マイクロ水力発電システムの実証実験を開始

1_tube_hydro_gene_daikin
-----image(”管水路用マイクロ水力発電システムによる発電の流れ”) : 同リリースより

" ダイキン工業株式会社は、空調・油圧機器の省エネ商品開発で培った技術を応用し、上水道施設の水流エネルギーを利用して発電する管水路用マイクロ水力発電システムを開発しました。2014年11月19日より、富山県南砺(なんと)市に開設する森清(もりきよ)配水池小水力発電所にて実証実験を開始します。

 本システムは、温室効果ガスの削減と、地球温暖化対策の強化を目的として環境省が実施する「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」に採択されたものです。
..........
 当社は空調・油圧機器の省エネ商品開発で培ったモーター技術やインバーター技術、流体解析技術を応用することで、水車と発電機をパッケージ化した、小型で低コストの縦型管水路用マイクロ水力発電システムを開発しました。従来の横型マイクロ水力発電システムと比べ、設置面積が1/2で、導入コストも大幅に削減できます。今回開発したシステムの発電電力は最大22キロワットで、年間最大発電量は一般家庭38軒分に相当する135メガワット時※1を見込んでいます。電力消費量の多い上水道施設や、水を多く消費する工場内の施設への導入が想定され、本実証実験を通じて得たノウハウをもとに全国への普及を推進し、CO2排出量の削減に貢献します。
.........
■実証実験概要
1.事 業 名: 環境省「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」
管水路用マイクロ水力発電の高効率化、低コスト化、パッケージ化に関する技術開発
2.実証期間: 2014年11月~2015年4月(予定)
3.実証場所: 富山県南砺(なんと)市森清(もりきよ)地内(南砺市森清(もりきよ)配水池内の砺波(となみ)広域水道事業所施設)
4.実証内容: 当社が開発した、発電能力が高く、小型で低コストのマイクロ水力発電システムを上水道施設に設置し、今まで使われていなかった水流エネルギーを活用した水力発電の実証研究に取り組む。
本実証では、実証場所の最大有効落差、最大流量から、発電電力は最大15.3キロワット、年間発電量は一般家庭27軒分に相当する98メガワット時※1を見込んでおり、実使用環境における発電能力を検証する。

*1 一般家庭の年間消費電力3600kWhで計算。
.......... "

関連
管水路用マイクロ小水力発電システム実証実験の開始について-----環境省、平成26年11月13日

" 環境省では、地球温暖化対策の強化のため、高効率・低コストで小水力発電の導入量拡大が期待できる新しい管水路用マイクロ水力発電システムの実証実験を今月から富山県南砺市において開始することとしましたので、お知らせします。
1.事業名
 CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業(管水路用マイクロ水力発電の高効率化、低コスト化、パッケージ化に関する技術開発)

2.事業の概要
 上水道の水源から送水までの間に存在する未利用の位置エネルギーを活用する管水路用マイクロ水力発電システムは、年間を通して発電量が安定した効率的な再生可能エネルギーとして近年注目されています。
 本事業は、上水道施設等の水流の余剰エネルギーを最大限に活用できる、小型化・高効率化した水車と発電機をパッケージ化し、低コストの管水路用マイクロ水力発電システムの開発と実証を目的としたものです。

3.実証開始日
 平成26年11月19日(水)
※事業受託者が開所式を午前9:30から開催予定です。

4.事業受託者
 ダイキン工業株式会社

5.実証場所
 富山県南砺市森清地内
(南砺市森清配水池内の砺波広域水道事業所施設)
.......... "

南砺市


参考エントリー(管水路用マイクロ水力発電)
上水関連
群馬県、水道用水を用いた水力発電所、60kW新田水道発電所を運開-----ソフトエネルギー、2014/10/03

東京都水道局、340kW小水力発電設備を葛西給水所内に完成。売電開始!-----ソフトエネルギー、2013/10/02

奈良県生駒市、自治体初となるFIT適用の40kW山崎浄水場小水力発電施設をお披露目-----ソフトエネルギー、2013/03/14

東京発電、さいたま市水道局大宮配水場に水の余剰圧力を利用した50kW水力発電所を設置-----ソフトエネルギー、2011/05/20

安城市が上水道で水力発電 / クリッピング 中日新聞-----ソフトエネルギー、2006/03/29

その他
新日本空調、帝国ホテル東京に空調用循環水利用の3kW小水力発電設備を設置-----ソフトエネルギー、2013/04/09

富山県、二上浄化センターに放流水利用の10kW小水力発電設備が完成-----ソフトエネルギー、2013/02/21

NHK、空調用の水流で発電するマイクロ水力発電システムを開発-----ソフトエネルギー、2008/12/24

[ カテゴリー : 水力発電 ]


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost ---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« 水ing、茨城県守谷市で175kW消化ガス発電事業を実施へ | トップページ | 東京メトロ、自社施設2ヶ所に地中熱利用空調システムを導入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/60645069

この記事へのトラックバック一覧です: ダイキン工業、富山県南砺市で管水路用マイクロ水力発電(最大15.3kW)を実証実験:

« 水ing、茨城県守谷市で175kW消化ガス発電事業を実施へ | トップページ | 東京メトロ、自社施設2ヶ所に地中熱利用空調システムを導入 »