« 川崎重工業、セメント工場向け環境配慮型ごみガス化 CKKシステム6機を連続受注 | トップページ | 経済産業省、10月30日に第二回系統ワーキンググループを開催。接続可能量の算定方法などを議論 »

三井物産ら、苫小牧バイオマス発電に出資。約5.8MWの木質バイオマス発電事業を計画

 三井物産、イワクラ、住友林業、そして北海道ガスは、共同出資により、北海道苫小牧市に苫小牧バイオマス発電(株)を設立し、苫小牧市晴海町に約5.8MWの木質バイオマス発電設備を建設するとのことです。出資比率は、三井物産が40%、3社がそれぞれ20%です。
 燃料の木質チップは、北海道における林地の未利用木材(間伐材や林地残材等)年間約6万トンを利用します。リリースによれば、この事業により森林環境の整備が促進され、北海道における林業振興にも大きく貢献することが可能だということです。雇用の創出、地域の活性化にも寄与することもできるとのことです。
 2015年5月に着工、2016年12月の稼働が予定されています。

 北海道の豊富な森林資源を活用したとしても、約5.8MWの規模。このスケール感は、国内の材料による木質バイオマス発電においてとても重要です。バイオマスボイラーによる蒸気タービンによる発電事業では、最低事業として成立する規模が2MW程度(熱未利用の場合)と言われています。そして、森林と地域の林業や廃材との関係から、持続可能なサイズは大きくても5MW程度との見方があります。国産材利用の木質バイオマス発電を考える上で、ひとつの目当てと考えています。


プレスリリース / 三井物産、2014年10月24日
北海道苫小牧市での木質バイオマス発電事業会社へ出資参画

Ja_141023_02Ja_141023_03
-----image[上左-”北海道似湾山林(三井物産社有林)”、上右-”林地内で加工されたウッドチップ”、下-”プロジェクトスキーム図”)]: 同リリースより-----
Ja_141023_01

" 三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、略、以下「三井物産」)は、株式会社イワクラ(本社:北海道苫小牧市、略)、住友林業株式会社(本社:東京都千代田区、略)、北海道ガス株式会社(本社:北海道札幌市、略)との共同出資により、北海道苫小牧市に苫小牧バイオマス発電株式会社(以下「新会社」)を設立し、木質バイオマス発電事業(以下「本事業」)を行うことについて本日、株主間協定書を締結しました。
 本事業は、新会社が苫小牧市晴海町に発電規模約5.8MWの発電設備を建設し、再生可能エネルギー固定価格買取制度(※1)を利用し発電事業を行うもので、2015年5月に着工、2016年12月の稼働を予定しています。
 燃料となる木質チップには、北海道における林地の未利用木材(※2)を100%利用する計画であり、本事業の開始に伴い、新たに年間約6万トンの木材需要が発生する見込みです。これにより森林環境の整備が促進され、北海道における林業振興にも大きく貢献するほか、雇用の創出により地域の活性化にも寄与するなど、社会的な意義を幅広く有する事業となります。
 三井物産は日本全国に社有林「三井物産の森」を約44,000ヘクタール保有しており、「社会全体に役立つ公益性の高い資産」として、長い年月をかけ林業を通じた保全活動を続けてきました。そのうちの約8割にあたる約35,000ヘクタールが北海道内に位置しており、本事業開始に伴い「三井物産の森」からも林地の未利用木材を新会社に供給する予定です。
 三井物産は北海道支社を通じ地元に密着し、道内企業や自治体とのさらなるネットワークを構築すると共に、今後も木質バイオマス発電事業の経験を活かし新規エネルギー事業を発掘し、エネルギーの安定供給に貢献していきます。

※1 再生可能エネルギー固定買取制度: 再生可能エネルギー(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス)を用いて発電された電気を一定価格で電気事業者が買い取ることを義務付けた制度。

※2 林地の未利用木材: 間伐材や林地残材等の未利用資源(未利用の木材)

苫小牧バイオマス発電株式会社 概要
所在地 北海道苫小牧市晴海町40番4
資本金 499百万円
出資比率 三井物産株式会社40%
株式会社イワクラ20%
住友林業株式会社20%
北海道ガス株式会社20%
事業内容 木質バイオマス発電
使用燃料 林地の未利用木材 年間約6万トン
主要設備 流動層ボイラー、蒸気タービン発電機
発電規模 発電端出力:約5.8MW(送電端出力:5MW)
年間発電量 約40百万kWh(一般家庭約10,000世帯分の年間使用電力量に相当)
設備稼働予定 2016年12月
.......... "

関連
北海道苫小牧市での木質バイオマス発電事業会社へ出資参画-----住友林業、2014年10月24日
 - バイオマス発電
 - 川崎バイオマス発電所(33MW)

イワクラ - 2014年10月24日 北海道苫小牧市での木質バイオマス発電事業会社への出資参画について

北海道苫小牧市での木質バイオマス発電事業会社への出資参画について-----北海道ガス、2014年10月24日


参考エントリー
タケエイ、岩手県花巻市に6.25MWの木質バイオマス発電所の建設を計画-----ソフトエネルギー、2014/10/17

タクマ、熊本県で有明グリーンエネルギー向け6.25MWバイオマス発電設備を受注-----ソフトエネルギー、2014/09/16

日本製紙、熊本県八代工場において未利用材100%による5MWバイオマス発電事業を計画-----ソフトエネルギー、2013/04/17

[ カテゴリー : 木質、森林/バイオマス ]



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« 川崎重工業、セメント工場向け環境配慮型ごみガス化 CKKシステム6機を連続受注 | トップページ | 経済産業省、10月30日に第二回系統ワーキンググループを開催。接続可能量の算定方法などを議論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三井物産ら、苫小牧バイオマス発電に出資。約5.8MWの木質バイオマス発電事業を計画:

« 川崎重工業、セメント工場向け環境配慮型ごみガス化 CKKシステム6機を連続受注 | トップページ | 経済産業省、10月30日に第二回系統ワーキンググループを開催。接続可能量の算定方法などを議論 »