« リコー、室内用完全固体型色素増感太陽電池の開発に成功。小型電子機器駆動用 | トップページ | 早稲田環境研究所ら、秩父市で2MWの木質バイオマス発電事業プロジェクトを計画 »

経産省、新エネルギー小委員会第一回会合を開催。再エネ導入制度の抜本的見直しとは?

 経済産業省は、平成26年6月17日に新エネルギー小委員会の第一回会合を開きました。今年の4月11日に閣議決定された、第4次「エネルギー基本計画」の内容を踏まえ、再生可能エネルギー施策の総点検と必要な追加施策の検証を実施する必要があるとして、新たに総合資源エネルギー調査会総会 - 省エネルギー・新エネルギー分科会の下に新たに設置された委員会「新エネルギー小委員会」です。この会合に合わせて、以下のような資料が公開されました。今回の第一回会合では、再生可能エネルギーを巡る現状と課題(公開資料同名)が話合われたようです。検討項目例としてあげられたのは、

<検討項目例>
①風力や太陽光など電源毎の導入拡大の在り方
②導入に必要な施策と追加的コストの分析
③固定価格買取制度の在り方

 などです。年内とりまとめの予定で委員会は開催される模様です。2012年7月から施行されてきた再生可能エネルギーの固定価格買取制度の今後の方向性は、ここでのみ話合われるようですので、議論の詳細な内容の公開が必要だと思います。現時点で議事録などの、詳しい内容は、公開されていません。動画の公開を希望します。


総合資源エネルギー調査会 省エネルギー・新エネルギー分科会 新エネルギー小委員会(第1回)‐配布資料-----経済産業省

2030meti_renewjapan_w800
-----image : 配布資料「資料3 再生可能エネルギーを巡る現状と課題」より

"議事次第(PDF形式:131KB)PDFファイル 委員名簿(PDF形式:195KB)PDFファイル 配布資料一覧(PDF形式:130KB)PDFファイル 資料1 新エネルギー小委員会の設置について(PDF形式:323KB)PDFファイル 資料2 議事の取扱い等について(案)(PDF形式:166KB)PDFファイル 資料3 再生可能エネルギーを巡る現状と課題(PDF形式:6,978KB)PDFファイル (ZIP形式:6,431KB)ダウンロードファイル 資料4 再生可能エネルギーを巡る現状と課題~参考資料集~(PDF形式:871KB) ........... "


関連
再生エネルギー 買い取り制度見直しへ-----NHK、6月17日

"経済産業省は、太陽光などの再生可能エネルギーで発電した電力の買い取り制度について、利用者の負担を抑えながら一段の普及を進める具体策を検討する初めての会合を開きました。
..........
 17日開かれた初会合では、産業界から今の制度を続けた場合に利用者の負担がどの程度増えるのか、今後の見通しを明確に示すべきだという意見が出ました。
一方、再生可能エネルギーの発電事業者からは、設備の投資を続けていくには今の制度を続けてほしいといった意見が出されました。
 経済産業省は年内をめどに議論の成果を取りまとめ、再生可能エネルギーの一段の普及と、利用者の負担を抑える方策について方向性を出したいとしています。
.......... "

再生エネ、固定買い取り見直しへ 消費者の負担抑制、上限検討-----47News、2014/06/17

"..........
消費者負担の抑制と導入拡大が両立する仕組みを目指し法改正を視野に議論、年内をめどに最終報告をとりまとめる。

 安倍政権は再生エネルギーの導入を進める方針だが、拡大する買い取り費用への対応が課題となっている。小委員会は先行する海外の事例を参考に、料金の上乗せ総額に一定の上限を設けることなどを検討する。
.......... "

・経済産業省 : 総合資源エネルギー調査会総会
- 省エネルギー・新エネルギー分科会 - 新エネルギー小委員会

"買取制度運用ワーキンググループ

平成26年2月18日 第1回 第1回議事要旨 第1回議事録PDFファイル 第1回配布資料
平成26年2月28日 第2回 第2回議事要旨 第2回議事録PDFファイル 第2回配布資料
平成26年3月12日 第3回 第3回議事要旨 第3回議事録PDFファイル 第3回配布資料
平成26年3月25日 検討結果
......... "

参考
総合資源エネルギー調査会新エネルギー部会 審議会組織見直し(平成25年6月30日)以前の情報

"新エネルギー部会 平成13年1月31日-平成24年3月19日

買取制度小委員会 平成21年7月9日-平成23年2月18日
......... "

・資源エネルギー庁 新エネルギーについて(なっとく!再生可能エネルギー) : 固定価格買取制度

追加情報
2013年度の総発電電力量に占める再生可能エネルギーの割合は、日本2.2%-----ソフトエネルギー、2014/06/30


コメント続き
 配布資料「資料3 再生可能エネルギーを巡る現状と課題」によると、再生可能エネルギー等の導入状況は、

「 ■2013年度の発電電力量のうち、再生可能エネルギーが占める割合は約1割。その大半は水力発電。
■水力を除く再生可能エネルギーの発電量に占める割合は、1.4%(2011年度)から、固定価格買取制度導入後2年間で、2.2%(2013年度)に。 」
Renewjapan_meti_2013
-----image : 同資料より

 この資料100ページあります。国が発表した現在の再生可能エネルギーの姿として必読です。


参考エントリー
2012年度の総発電電力量に占める再生可能エネルギーの割合は、日本1.6%-----ソフトエネルギー、2013/07/01

「平成25年度エネルギーに関する年次報告(エネルギー白書)」が閣議決定されました-----自然エネルギー、2014/06/18


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost ---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« リコー、室内用完全固体型色素増感太陽電池の開発に成功。小型電子機器駆動用 | トップページ | 早稲田環境研究所ら、秩父市で2MWの木質バイオマス発電事業プロジェクトを計画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/59805948

この記事へのトラックバック一覧です: 経産省、新エネルギー小委員会第一回会合を開催。再エネ導入制度の抜本的見直しとは?:

« リコー、室内用完全固体型色素増感太陽電池の開発に成功。小型電子機器駆動用 | トップページ | 早稲田環境研究所ら、秩父市で2MWの木質バイオマス発電事業プロジェクトを計画 »