« 早稲田環境研究所ら、秩父市で2MWの木質バイオマス発電事業プロジェクトを計画 | トップページ | 北電、上川郡東川町で、690kWユコマンベツ水力発電所を運開 »

タクマ、真庭バイオマス発電向け10MW発電設備を受注

 タクマは、岡山県真庭市における真庭バイオマス発電向け10MW発電設備を受注しました。真庭バイオマス発電は、集成材メーカー最大手である銘建工業・真庭市・真庭木材事業協同組合など9団体の官民共同出資により設立された木質バイオマス発電事業会社です。真庭市は、官民をあげて、産業および観光においてバイオマス産業の育成に取り組んでいます。これまで成果をあげてきた、ペレットストーブの普及とペレット工場などの循環型の地域おこしの取り組みに、新たにバイオマス発電所が加わることになります。完成は、2015年4月の予定です。

プレスリリース / タクマ、平成25年5月28日
真庭バイオマス発電(株)向けバイオマス発電設備の受注について

"株式会社タクマ(本社:兵庫県尼崎市、略)はこのたび、真庭バイオマス発電株式会社(本社:岡山県真庭市、略)よりバイオマス発電設備を受注いたしました。

 真庭バイオマス発電は、集成材メーカー最大手である銘建工業・真庭市・真庭木材事業協同組合など9団体の官民共同出資により設立された国内でも数少ない木質バイオマス発電事業会社です。

 真庭市では、バイオマス事業という産業の輪で繋がる、持続可能な資源循環型の産業と暮らしを実現していく「バイオマスタウン真庭」を目指しており、従前よりバイオマスの利活用を推進するとともに、地域内の資源循環を視察する、産業と観光を融合した「真庭バイオマスツアー」を実施する等、バイオマスの利活用を通じた地域の活性化に積極的に取り組んでこられました。本発電所では、真庭市域の未利用木材を主燃料としており、本事業を通じて、地域の林業・木材加工業の発展や雇用創出が期待されています。

 本発電所の発電規模は、10,000kWで、発電した電気は「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を活用して電気事業者に売電されます。
..........
【設備の概要】
設置場所 : 岡山県真庭市
発電規模 : 10,000kW
ボイラ蒸発量 : 48.4t/h
稼動予定 : 2015年4月
.......... "

関連
バイオマスツアー 真庭
- 2014.01.15 真庭バイオマス発電所は 来月2月に着工されます

・真庭市 : 産業観光部バイオマス政策課 - 真庭市木質バイオマスエネルギー利活用指針を策定しました

追加情報
エネルギー列島2014年版(33)岡山:酪農の街に木質バイオマス、塩田やゴルフ場には巨大メガソーラー-----スマートジャパン、 2014年12月02日

"..木質100%のバイオマス発電所は2015年4月に運転を開始する予定だ(図2)。発電能力は10MW(メガワット).."

参考
平成26年度木質バイオマス利用開発推進事業補助金の受付を開始します-----真庭市、 2014年5月30日

真庭市木質バイオマスエネルギー利活用指針を策定しました-----真庭市、 2013年5月20日

農林水産省、7府省、バイオマス産業を軸とする災害にも強いバイオマス産業都市を募集-----ソフトエネルギー、2013/03/27



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« 早稲田環境研究所ら、秩父市で2MWの木質バイオマス発電事業プロジェクトを計画 | トップページ | 北電、上川郡東川町で、690kWユコマンベツ水力発電所を運開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タクマ、真庭バイオマス発電向け10MW発電設備を受注:

« 早稲田環境研究所ら、秩父市で2MWの木質バイオマス発電事業プロジェクトを計画 | トップページ | 北電、上川郡東川町で、690kWユコマンベツ水力発電所を運開 »