« GSユアサの、九電の壱岐の風力発電等の系統連系量拡大実証試験に参加、1,600kWhリチウムイオン蓄電池。稼動中! | トップページ | 日立製作所、茨城県神栖市に5MWダウンウィンド洋上風力発電機 HTW5.0-126 の実証機を建設へ »

ファーストソーラーがやってくる! 北九州で2014年にCdTe薄膜採用、1.4MWpのメガソーラー建設へ

 ファーストソーラーの動きが早い。FITの買い取り価格の引き下げが予想される中で、早期の参入は必須だったから、当然といえば当然なのだが。

 ファーストソーラーは、北九州市で1.4MWpのお家芸のCdTe薄膜モジュール( CdTe thin-film PV modules )を利用したメガソーラーを2014年の春に建設すると発表しました。リリースによると、建設は大林組と安川電機が請け負って行われるということです。11月の住宅用などでの結晶系モジュールのサプライヤーとして、JX日鉱日石エネルギーと販売契約を締結し、今度は太陽光発電事業のデベロッパーとして、しかもCdTe カドミウムテルル 薄膜モジュールでの本格的な登場となりました。

ファーストソーラーがやってくる! JX日鉱日石エネルギーが販売する契約を締結-----ソフトエネルギー、2013/11/16

 ファーストソーラーは、欧米を中心に世界中で、太陽光発電事業を実施しています。最大規模の550MWpのカリフォルニアのTopaz Solar Farmは、2015年に運転を開始します。これほど巨大なプロジェクトがどのように建設されていくのか興味をもってながめてきました。()
 そして、今回国内で、どんなふうに建設されるのか、そしてアメリカでは早い段階でアナウンスされた、リサイクル体制がどんな形で整備され、どの段階でアナウンスされるのかなど興味のつきないプロジェクトです。

プレスリリース / First Solar,November 25, 2013
FIRST SOLAR STARTS CONSTRUCTION OF SOLAR POWER PLANT IN KITAKYUSHU-SHI, JAPAN

"First Solar, Inc. (Nasdaq: FSLR) today announced that it has started construction of a solar project in Kitakyushu-shi, Japan. Generation capacity of the project is 1.4MWDC, and it will start operating in Q1 2014. Using First Solar's advanced technology CdTe thin-film PV modules, the project will provide clean and safe solar power to Japan, mitigating idle nuclear and providing energy security.

"This project illustrates First Solar's capability to develop and build solar power plants in Japan," said Joseph Kishkill, First Solar's Chief Commercial Officer. "We are honored to begin our long-term strategic investment in Japan with the Kitakyushu-shi project."

Over 100 million First Solar modules — which integrate advanced Japanese technology — have been installed throughout the world. Nippon Sheet Glass Co., Ltd. (NSG Group), headquartered in Tokyo and one of the world's leading manufacturers of glass, supplies the advanced technology glass with a proprietary electrical film tuned to First Solar's CdTe thin-film modules.

First Solar holds 100 percent equity in the project. Obayashi Corporation, headquartered in Tokyo and Yaskawa Electric Corporation, headquartered in Kitakyushu — both major global construction contractors — will construct the project.
.......... "

関連
1億枚の実績がある「カドテル」を投入、ファーストソーラーが国内初の大規模太陽光-----スマートジャパン、 2013年11月26日

".....製造コストが低いことだ。発電層は20分の1mm以下の薄膜。少量の原料を使って短い時間で製品に仕上げることができる。2012年第3四半期時点の製造コストは0.67米ドル/Wを下回っている。....."

・First Solar : Projects

追加情報
First Solarプレスリリース / Mar 17, 2014 ファーストソーラー、北九州市で 1.3MWDCの太陽光発電所の建設工事を完了

" ファーストソーラー(Nasdaq:FSLR)は本日、北九州市において建設を行っていた 1.3MW DC の大規模太陽
光発電所(メガソーラー)の建設工事を完了したと発表しました。ファーストソーラーの FS Series 3 Black PV
モジュールを採用した同発電所は、年間約 1,400 MWh のクリーンで安全な太陽光電力を生み出します。発電
した電力は九州電力に買い取られる予定です。
.......... "

北九州のガラス工場内に1.3MWのメガソーラー、米ファーストソーラー社が建設を完了-----TechOn!,2014/03/17

".....設置した太陽光パネルは、化合物系の一つであるカドミウムテルル(CdTe)型である。.....日本板硝子の子会社である、西日本板硝子センターの建設用ガラスの加工工場内の地上と屋根に設置....."

参考動画
First Solar Overview

(firstsolar,2013/06/03)

Topaz Solar Farm - Economic Benefits to SLO County, California

(firstsolar,2011/02/11)


参考エントリー
2012年の太陽光発電のNo.1 EPC(設計·調達·建設)業者は、ファーストソーラー - IMS Research-----ソフトエネルギー、2013/03/29

ファーストソーラー First Solar、カリフォルニアで 550MWpの大規模太陽光発電所 Topaz Solar Farmの建設中-----ソフトエネルギー、2012/05/10

ファーストソーラー First Solar のリサイクルシステムと同社のCdTe太陽電池の展開。2009年度1GWp越えNo.1の実績-----ソフトエネルギー、2010/06/08

参考
東京大学大学院 マテリアル専攻 : 松野研究室 マテリアル・サステナビリティ研究室 / 2012.11.28
 「カドミウム・テルル(CdTe)太陽光発電システムのライフサイクルにおける環境と健康安全に関する科学的レビュー」の報告書を公開しました。

[ 文献 2012年5月 カドミウム・テルル(CdTe)太陽光発電システムのライフサイクルにおける 環境と健康安全に関する科学的レビュー 東京大学 准教授 松野泰也 横浜国立大学 教授 本藤祐樹 ]



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« GSユアサの、九電の壱岐の風力発電等の系統連系量拡大実証試験に参加、1,600kWhリチウムイオン蓄電池。稼動中! | トップページ | 日立製作所、茨城県神栖市に5MWダウンウィンド洋上風力発電機 HTW5.0-126 の実証機を建設へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ファーストソーラーがやってくる! 北九州で2014年にCdTe薄膜採用、1.4MWpのメガソーラー建設へ:

« GSユアサの、九電の壱岐の風力発電等の系統連系量拡大実証試験に参加、1,600kWhリチウムイオン蓄電池。稼動中! | トップページ | 日立製作所、茨城県神栖市に5MWダウンウィンド洋上風力発電機 HTW5.0-126 の実証機を建設へ »