« 経産省、風力発電のための送電網整備実証事業の補助事業者、北海道で2特別目的会社を採択 | トップページ | 日本のメガソーラー トップ10の太陽光発電所は、すべて10MWp超えに »

リポート ”木質バイオマスエネルギー利用の現状と課題(富士通総研)”  を読む

 富士通総研から、「木質バイオマスエネルギー利用の現状と課題 - FITを中心とした日独比較分析」というリポートが発表されました。森林バイオマス利用の基本的なルールが定められない中で、なしくずしに進むことへの懸念が多く指摘されている昨今、固定価格買取制度下で進む森林バイオマス利用という喫緊の課題について、先進国ドイツから学べることは多いです。貴重なリポートを是非お読みください。

リポート / 富士通総研、2013年10月
木質バイオマスエネルギー利用の現状と課題

"FITを中心とした日独比較分析 上席主任研究員 梶山 恵司

要旨
・戦後植林した木が成熟し、日本は世界でも有数の森林蓄積を有するまでになった。化石燃料の高騰や気候変動問題などから、木質バイオマス利用の優位性が高く、バイオマスは地域にとってまたとないビジネスチャンスを提供している。

・バイオマス利用で先行するドイツをみると、2000年のFIT導入を契機に、電力・熱利用ともに大幅に拡大するとともに、化石燃料を木質バイオマスに代替したことによって、地域資金の循環が生まれ、農山村に新しい富をもたらしている。

・日本でも2012年にFITが導入されて以降、多くのバイオマス発電計画がでてきている。しかしながら、そのほとんどは、①林業の現状からかけ離れた大型であること、②熱電併給ではなく発電のみで、エネルギーの無駄遣いとなること、③副産物利用が不十分でバイオマス燃料に適正価格をつけにくいことなど、多くの問題をかかえている。

・これは、現在のFIT制度、バイオマス発電の技術および規制に起因するところが大きい。このままでは、せっかくのバイオマス利用も、林業資本(森林所有者、森林組合、林業会社など)や木材産業にとってほとんどメリットを感じられないばかりか、発電事業者にとっても、将来の燃料価格上昇のリスクに無防備となり、経営的に不安定になりかねない。

・次回のFIT改正においては、バイオマス発電の規模の適正化、熱電併給の推進、残材利用の徹底をはかる制度とすること、および中小規模の発電をやり易くするような規制改革が不可欠である。これはまた、バイオマス発電のイノベーションを促し、健全な市場を構築するための前提でもある。

・バイオマスという新しいチャンスを活かすためには、林業資本が自らチップ生産・多様な販売先の確保を行うことが重要である。これによってはじめて、森林資源の最適利用と林業資本の価格交渉力発揮が可能となる。

全文はPDFファイルをご参照ください。

”..........
目次
1. はじめに 巨大なビジネスチャンスをどう活かすか-----1

2. 日本のバイオマス発電の課題-----2
 2-1 林業の現状とかけはなれた大型発電-----2
 2-2 発電だけでは膨大なエネルギーロス4 -----4
 2-3 発電と熱とで燃料価格が一物二価となる問題-----5
 2-4 不十分な残材利用-----6

3. バイオマス利用の最適化-----8
 3-1 残材のカスケード利用の徹底 -----8
 3-2 資源の最適利用を促す制度 -----9
 3-3 林業資本がチップ生産を行う必要性-----10

4.ドイツの木質バイオマス発電市場の発展と評価-----12
 4-1 農山村に新しい富をもたらしたバイオマス利用-----12
 4-2 FIT による政策誘導の実際-----13
 4-3 バイオマス発電を支える技術とエンジニアリング-----15

5.バイオマス発電の経営分析-----18
 5-1 経営の安定に不可欠のカスケード利用-----18
 5-2 熱電併給の事業性と熱利用の実際-----20
 5-3 バイオマス発電の経営主体-----22

6. おわりに バイオマスの健全な発展に向けて-----24
.......... ”-----「木質バイオマスエネルギー利用の現状と課題- FITを中心とした日独比較分析 - [2,565 KB] PDF」より
.......... "

関連
・イベント11/5 【東京開催】日独バイオマスデー「木質バイオマスのエネルギー利用」-----富士通総研

2013年10月21日 研究レポート「木質バイオマスエネルギー利用の現状と課題- FITを中心とした日独比較分析 -」 -----イーズ未来共創フォーラム、2013.10.20


コメント続き

 バイオマス資源の活用と持続可能性ということを考えるのは、当たり前のことなのだが、それを実現するとなると、実に多岐にわたる分析と調整、そして”有効なしくみ造り”が必要となります。持続可能な森林資源の利用は、森林大国となりうるわが国にとって、大きなチャンスだるとともに、大きな課題をもつきつけています。
 再生可能エネルギーとしてのバイオマスを考える上で、まったく必要な手順なのですが、実際、森の働きを政治が正当に評価する、国民がその価値を認識して当然の手当てを行うということが、過去の林野行政を見てみると実にむずかしいことがわかります。

 植林されたが、利用されないなままの森林資源、造林から製材、そして植林までのトータルな”生き森”の守役の不足、営々と営まれてきた森と生きる技術の喪失など、考えたら山河を彩る森をめぐる状況は、危機的なままです。今、私たち日本人と森、日本人の風土とのかかわりが問われています。

 いろいろなことを考えさせてくれるいいリポートです。いま読み進んでいます。




ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« 経産省、風力発電のための送電網整備実証事業の補助事業者、北海道で2特別目的会社を採択 | トップページ | 日本のメガソーラー トップ10の太陽光発電所は、すべて10MWp超えに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リポート ”木質バイオマスエネルギー利用の現状と課題(富士通総研)”  を読む:

« 経産省、風力発電のための送電網整備実証事業の補助事業者、北海道で2特別目的会社を採択 | トップページ | 日本のメガソーラー トップ10の太陽光発電所は、すべて10MWp超えに »