« 米風力事業会社 インべナジ― Invenergy、日本進出に向け事業会社を設立 | トップページ | 参院選の争点は、エネルギー、原発政策? 各党の主張を昨日の毎日新聞から »

ウェールズのスウォンジー湾 Swansea Bayで、240MWの潮汐発電 Tidal Lagoon計画の事前協議開始

 ウェールズのスウォンジー湾 Swansea Bayに流れ込む河口部分は、世界でも2番目に高潮位差であることで知られています。このスウォンジー湾 Swansea Bayでは、春に潮位差が12mに達します。この潮位差を生かして、人工的なラグーンを作り潮汐力を利用し電力を作るという試みが計画されています。その名は、Swansea Bay Tidal Lagoon スウォンジー湾タイダル・ラグーンプロジェクトです。今回、予算やタイムテーブルを煮詰めていくことが正式に決まりました。協議のための情報の公開が、7月4日から開始されるということです。
 予算は、6億5000万ポンドということですから、日本円にして約975億円。発電規模は、240MWで、一般家庭120,000軒分が消費する電力を、120年間にわたって供給できる設備となる予定だということです。ちなみに、この年間の発電電力は、400GWhで、同ベイエリアの70%の電力を供給できる予定だということです。

 しくみは、同湾に全長9.5kmで5-20mの高さの堤防を建設し、この堤防をダムとして水力発電のしくみと同じように発電タービンで発電するというものです。この壁に囲まれる面積は、11.5平方キロメートル。円にするとだいたい直径4kmぐらいのプールという感じです。関連のビデオクリップを見ると、タービンは、550mあまりの発電部に29基収められているようです。1基のタービンのサイズは、直径6mで、長さ18mに達する巨大なものです。全体で240MWですから、一基あたり8MW強の発電出力をもつ計算です。

 今後2013年中に計画の周知が図られたのちに、来年に協議が開始されます。決まれば、2015年の4月から建設が開始されます。

Tidal Lagoon (Swansea Bay) plc / Press Releases
- 2nd July 2013 Launch of 3D virtual programme of proposal
- 1st July 2013 Tidal Lagoon Power announces global partners of the world's first Tidal Lagoon in Swansea Bay

3730_tlp_swansea_animation_still010
-----image : 上下とも、Image Galleryより-----
3730_tlp_swansea_animation_still014

Plan_of_tidal_lagoon
-----image : Tidal Lagoon (Swansea Bay) plc  introduction to the project in English」より


関連
SgurrEnergy elected strategic advisor for world’s first, purpose built tidal lagoon power plant-----SgurrEnergy,May 14, 2013
520x368tidallagoonproject
-----image : 上記リリースより

Formal consultation to begin on Swansea Bay Tidal Lagoon-----Renewable Energy Focus.com,02 July 2013

VIDEO: Project Film for Tidal Lagoon Swansea Bay-----OffshoreWind.biz,Mar 11th, 2013

Proposed tidal lagoon for Swansea Bay

(This is South Wales,2013/03/12)

"A new video of the proposed tidal lagoon for Swansea Bay has been unveiled.
It is part of a £650 million investment in the area which could provide energy for around 107,000 homes.
.......... "

参考
Swansea_bay
-----GoogleマップでSwansea Bayを見る

・Wikipedia : Swansea Bay


MEMO
Tidal Electric(United States)
/ Technology - Tidal Illustrations - Bulb Turbine
/ Projects - United Kingdom - Swansea Bay

"Swansea Bay
A 60 MW project has been proposed for Swansea Bay measuring 5 square kilometers in area and about a mile offshore. WS Atkins has conducted a Feasibility Study on the proposed project and finds that the project is technically feasible, environmentally plausible, and economically viable."

/ Full Deployment of Tidal Lagoons in the Severn Estuary


参考エントリー
ロシアのRusHydro、ノルウェー国境近く、ムルマンスク Murmanskに12MW潮汐力発電所を建設中-----ソフトエネルギー、2011/12/20

潮位差を利用したラグーン"lagoons"発電ってシンプルでいいかも-----ソフトエネルギー、2008/06/04

波力・潮流・潮汐・海洋温度差発電のカタログを作りはじめます!-----ソフトエネルギー、2012/12/19
- 波力・潮流・潮汐・海洋温度差発電のカタログ 海洋エネルギーは次代を担う!



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« 米風力事業会社 インべナジ― Invenergy、日本進出に向け事業会社を設立 | トップページ | 参院選の争点は、エネルギー、原発政策? 各党の主張を昨日の毎日新聞から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウェールズのスウォンジー湾 Swansea Bayで、240MWの潮汐発電 Tidal Lagoon計画の事前協議開始:

« 米風力事業会社 インべナジ― Invenergy、日本進出に向け事業会社を設立 | トップページ | 参院選の争点は、エネルギー、原発政策? 各党の主張を昨日の毎日新聞から »