« アメリカエネルギー省とNRELは、再エネと送電網の統合をめざし、新たな研究センター ESIF を開設 | トップページ | ウェールズのスウォンジー湾 Swansea Bayで、240MWの潮汐発電 Tidal Lagoon計画の事前協議開始 »

米風力事業会社 インべナジ― Invenergy、日本進出に向け事業会社を設立

 アメリカの風力事業会社 インべナジ― Invenergyが、イーストエッジ・エナジーと合弁で日本進出に向け事業会社、インべナジ―・イーストエッジ合同会社を設立しました。
 インべナジ― Invenergyは、アメリカの独立系風力発電企業の中では、最大手ということです。独立系最大手という言葉の意味がピントきませんが、どの程度の事業を手がけてきているのでしょうか。
 ということで、リリースにある「世界中に7,100メガワット以上のクリーンエネルギー発電施設を開発してきた実績」を同社のサイトでより詳しくみてみました。

”風力発電 49プロジェクト 4,239MW
太陽光発電 3プロジェクト 40MW
天然ガス火力 6プロジェクト 2,859MW
以上合計 7,138MW”

 以上の内容を北米と欧州で展開してきたエネルギー企業という姿のようです。風力発電での実績を次に調べてみると、CALIFORNIA RIDGEという風力意発電所が最大のプロジェクトのようです。風車はGEの1.6MW機で、217.1MW。2012年に運転を開始しています。アメリカには、巨大な風力発電所がたくさんありますが、インべナジ― Invenergyは100MW前後から、最大で200MW程度の風力発電所の建設、運営で実績を積んできた企業という姿が見えてきました。日本での展開、どんな風力発電所を建設するのか、その手順も含めて興味深いです。


プレスリリース / イーストエッジ・パートナーズ、2013年7月3日
米独立系最大手風力事業会社インべナジ―が合弁で日本進出

"インべナジーとイーストエッジ・エナジーが日本に再生エネルギー発電施設の開発合弁を発表

米シカゴが本拠の先端クリーン電力大手、インべナジーLLCと、日本の太陽光及び風力発電施設開発会社、イーストエッジ・エナジーが本日、日本においての再生電力発電の戦略的合弁会社、インべナジー・イーストエッジ合同会社の設立を発表した。

日本が電力の独立を進めるよう再生可能な電力を増設する中での発表です。日本という国は太陽光及び風力のよい資源、良好な投資環境、及び世論の再生可能エネルギー支持というが提供されている。

「インべナジーと一緒に日本中にサステナブル、クリーンエネルギー施設の開発を楽しみにしています。」とイーストエッジ・エナジーの設立パートナー、ジェーソン・ホルトが言う。「世界中に7,100メガワット以上のクリーンエネルギー発電施設を開発してきた実績の証として、インべナジーのクリーンエネルギー専門知識に、イーストエッジの国内ネットワークを活用して大規模な再生エネルギープロジェクトのポートフォリオを築き上げたいと思います。」

当該合弁は、日本で基盤を作るのに土地の全部または一部を太陽光か風力の発電利用として土地を提供する意思のある大規模土地所有者及び市町村と組んでいく。参入すれば地主及び地域コミュニティーに新収入源及び雇用を生み出す。さらに、既存にある再生エネルギー開発企画で、大規模なためエネルギー専門家の事業主が希望されるプロジェクト開発も検討する。
.......... "


関連
Invenergy LLC : PressReleases / July 2, 2013 Invenergy and EastEdge EnergyAnnounce Venture to Develop Renewable Energy Generation Projects in Japan(PDF)

"Invenergy LLC, a Chicago-based leading clean energy generation company, and EastEdge Energy G.K., a solar and wind power development company in Japan, announced today the formation of Invenergy EastEdge GK, a strategic joint venture focused on renewable energy generation in Japan.
The announcement comes as Japan seeks additional renewable energy resources directed at greater energy independence. The country offers good solar and wind resources, a favorable investment climate, and public support for renewables.

“EastEdge Energy is excited to join with Invenergy to develop sustainable, clean energy
resources throughout Japan,” said Jason Holt, a founding partner at EastEdge Energy. “With
Invenergy’s expertise – evidenced by the more than 7,100 MW of clean energy generation the
company has developed worldwide - and EastEdge’s strong network of local partners, we look
forward to building a large portfolio of renewable energy projects in Japan.”
.......... "

イーストエッジ・パートナーズ

参考
・The Windpower : California Ridge windfarm (USA)


コメント続き
 YouTubeでInvenergyの風力発電ということでヒットしたのは、イリノイ州のGrand Ridge Windプロジェクトでした。こちらもGEの風車を採用。134機で201MWということです。23MWpのGrand Ridge Solarプロジェクトも同時に行われた、風力&太陽光の併設プロジェクトです。GEの1.5MW-1.6MWクラスを採用することが多いのでしょうか。

Invenergy's Grand Ridge Solar and Grand Ridge Wind in Lasalle County, Illinois

(GE Renewables, 2012/10/04)

参考
GE Solar Technology to Bring Power of the Sun to Invenergy’s Grand Ridge Solar Project-----GE,January 18, 2012

GE Wind Turbines
- 1.5 - 77 Wind Turbine

Inside a running Wind Turbine

(Nick Bronson,2013/03/07)

"Starting up a GE 1.5 wind turbine."



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost ---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« アメリカエネルギー省とNRELは、再エネと送電網の統合をめざし、新たな研究センター ESIF を開設 | トップページ | ウェールズのスウォンジー湾 Swansea Bayで、240MWの潮汐発電 Tidal Lagoon計画の事前協議開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/57713845

この記事へのトラックバック一覧です: 米風力事業会社 インべナジ― Invenergy、日本進出に向け事業会社を設立:

« アメリカエネルギー省とNRELは、再エネと送電網の統合をめざし、新たな研究センター ESIF を開設 | トップページ | ウェールズのスウォンジー湾 Swansea Bayで、240MWの潮汐発電 Tidal Lagoon計画の事前協議開始 »