« IHI、最大送電端発電出力20kWのパッケージタイプ小型バイナリー発電装置を発売 | トップページ | 北海道電力に、国の予算で6万kWh(60MWh)レドックスフロー蓄電池の導入決定 »

ソーラーフロンティア、厚さ6.5mmの薄型軽量型と、170Wpの大型CIS太陽電池を発売

 ソーラーフロンティアは、ガラス基板構造の CIS 薄膜太陽電池モジュールとしては世界最軽量となる製品「Solacis neo(ソラシス・ネオ)」と、同社製品ラインナップの中で過去最高出力となる CIS 薄膜太陽電池モジュールの「高出力モジュール SF170-S」の 2 製品を発売しました。

 Solacis neoの厚みは、6.5mmで、L 1231mm x W 638mmのサイズで、重さは8kg。出力は、95W (100W)。これまでの既存のソーラーフロンティアのSFシリーズが、16.3kg/平方mだったのに対して、約40%の軽量化を達成し、10.2kg/平方mという値となっています。屋根や建物への負担の軽減と施工の負担も軽減することができそうです。ワンタッチ取り付け(クロスワン工法)にも対応した架台と施工方法もサポートされます。
 軽量化とクロスワン工法を採用することで、約40%の施工時間の短縮も可能とのことです。

 さらに今回、国内住宅市場専用に、「高出力モジュール SF170-S」が販売されました。同社製CIS薄膜太陽電池として過去最高出力となる 170Wの太陽電池です。


プレスリリース / ソーラーフロンテイィア、2013-07-23
ソーラーフロンティア、独自のCIS技術で薄型軽量および過去最高出力となる太陽光パネルを発売

C022567C022566
-----image(”【製品写真】左-Solacis neo、高出力モジュールSF170-S”) : 同リリースより

"CIS技術の研究開始から20年の節目に、美しさと性能を追求した2モジュールを投入

 ソーラーフロンティア株式会社(略)は、ガラス基板構造の CIS 薄膜太陽電池モジュールとしては世界最軽量となる製品「Solacis neo(ソラシス・ネオ)」と、当社製品ラインナップの中で過去最高出力となる CIS 薄膜太陽電池モジュールの「高出力モジュール SF170-S」の 2 製品を新たに発売いたします。「Solacis neo(ソラシス・ネオ)」は国内住宅市場専用に、「高出力モジュール SF170-S」は国内住宅市場向けに先行発売します。

「Solacis neo(ソラシス・ネオ)」は、ソーラーフロンティアが開発した最先端 CIS 技術を駆使した薄型軽量モジュールで、スマートフォン並みの厚さ約 6.5mm という圧倒的な薄さや、約 8.0 kg という従来よりも 40% 減の軽さを実現しています。また、ねじれに強いCIS技術により可能となったフレームレスな形状のデザイン性の高さと屋根へのフィット感が特長です。同製品は、宮崎第 2 工場において 2013 年10 月から生産開始、11 月より出荷を予定しています。

一方、SFシリーズの最新型である「高出力モジュール SF170-S」は、当社製 CIS 薄膜太陽電池として過去最高出力となる 170W を誇り、最新生産技術を導入している日本最大の太陽電池工場である国富工場(宮崎県)で生産されています。当社は従来から、照度特性、温度特性、光照射効果、更に部分的な影への耐性などにより発電量の多さが特長である CIS 薄膜太陽電池モジュールの発電性能の向上に努めてきましたが、今回更にその性能を高めることに成功いたしました。同製品は2013年 7 月から出荷が開始されています。

それぞれの新モジュールの発売に合わせて、クロスワン工法という新たな工法を取り入れた住宅用架台も販売します。新工法では従来の安全性や信頼性を確保しながら、屋根に取り付ける金具やモジュールを固定する機構を工夫することで、住宅の屋根への負担が少なくなるとともに、設置時間も従来工法と比べて約40%短縮できます。

ソーラーフロンティアの CIS 技術は、1993 年に研究を開始してから今年で 20 年の節目を迎えました。ソーラーフロンティアが独自開発した CIS 技術は、次世代太陽電池技術として開発がスタートし、結晶シリコン系の太陽電池とエネルギー変換効率で比肩するまでになりました。CIS 薄膜太陽電池モジュールは、実際の環境下での発電能力に優れており、これまで各地の実証実験でその高い発電性能が証明されています。

CIS薄膜太陽電池モジュールは、そのデザイン性と性能の高さにより、住宅の外観や機能ニーズにフィットした太陽光発電を実現することが可能です。ソーラーフロンティアは今後もCIS技術の研究・開発および大量生産技術の向上に取り組んでいくことで、お客様に魅力的な太陽光エネルギーの供給を目指して参ります。

【製品概要】
Solacis neo
・製品型番: SFR95-A/SFR100-A(予定)
・重量: 8kg / 枚
・サイズ: L 1231mm x W 638mm
・厚さ: 6.5mm
・メイン出力帯: 95W -100W(予定)

C022568
-----image : 同リリースより

高出力モジュールSF170-S 
・製品型番: SF170-S
・重量: 20kg/枚
・サイズ: L 1,257mm x W 977mm
・厚さ: 35mm
・メイン出力帯: 170W
.......... "


コメント続き

 先週ビックサイトで開催されていたPVJapan 2013で実際に、ソーラーフロンティアの太陽電池と工法を見ることができました。ワンタッチ取り付けのクロスワン工法の簡単さには驚きました。太陽電池を収めるところから先は電動工具不要でフィニッシュできます。
 軽さも高齢化した現場には、大いに魅力です!

Solarfrontier_solacis_neo
-----image : PVJapan 2013で配布されたソーラーフロンティアのカタログから

参考
ソーラーフロンティア,新型CIS薄膜太陽電池モジュールを発表

optronicsshow,2013/07/23)



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« IHI、最大送電端発電出力20kWのパッケージタイプ小型バイナリー発電装置を発売 | トップページ | 北海道電力に、国の予算で6万kWh(60MWh)レドックスフロー蓄電池の導入決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソーラーフロンティア、厚さ6.5mmの薄型軽量型と、170Wpの大型CIS太陽電池を発売:

« IHI、最大送電端発電出力20kWのパッケージタイプ小型バイナリー発電装置を発売 | トップページ | 北海道電力に、国の予算で6万kWh(60MWh)レドックスフロー蓄電池の導入決定 »