« 日本生協連、節電・省エネそして2015年までに50メガワットの再生可能エネルギー開発を計画 | トップページ | NTTスマイルエナジーのエコめがね、産総研のPVエネルギー統計整備プロジェクトに30MWp分のデーター提供へ »

洋上風力発電機は、ロブスターの漁礁としても有効か? ドイツの研究機関が実験を計画

ドイツのアルフレッドウェゲナー研究所(AWI:Alfred-Wegener Institute)の極地海洋研究ヘルムホルツセンターの研究グループは、ニーダーザクセン州沖合いの洋上風力発電所で3000匹のロブスターを実際に放流して、漁礁として機能するかどうかの実験を2014年に実施する準備を進めています。すでに、飼育されている3000匹のロブスターが、風力発電機の基礎部分に実際に定着するかなどを数年かけて評価する大規模な試験となる予定です。この地方には、さらに多くの巨大風力発電所が計画されています。この海域だけで計画されている洋上風力発電所の数は、数千におよぶことがわかっています。今後、漁礁としての機能が評価されることで、洋上風力発電所に付与される新たな価値にも熱い視線が注がれているのです。

 さて、日本でもこんな報道がありました。

洋上風力発電に集魚効果も、漁業者歓迎-----読売新聞、2013年6月1日

"環境省が2016年度の実用化技術の確立を目指し、長崎県五島市・椛島 かばしま 沖で試験運転を続けている国内初の浮体式洋上風力発電実証機の周辺海域に、カンパチやメジナなどの魚が集まっていることが同省の調査でわかった。"

 漁業と共存共栄できる洋上風力発電。わが国でも注目を集めるに足る大きな課題です。


プレスリリース / Alfred-Wegener Institute,18. April 2013:
Wind parks at sea offering a new home to lobsters? The Land of Lower Saxony promotes a pilot project of researchers on Heligoland

Hummer_helgoland_uschilling_w
-----image(上-”Lobster”、下-”Windpark Riffgat”) : 同リリースより[上-”Mature lobster (Homarus gammarus) in defense position in front of a sandstone wall of the rocky island of Heligoland. Photo: Udo Schilling, Alfred Wegener Institute”、下-”Construction work in the "Riffgat" offshore windpark. Photo: M. Iberler, EWE”]-----
Windpark_riffgatt_ewe_miberler_p

"The Land of Lower Saxony is promoting a pilot project on the settlement of the European lobster in the “Riffgat“ offshore windpark with just under EUR 700,000. Researchers of the Alfred Wegener Institute, Helmholtz Centre for Polar and Marine Research, are now starting on the rearing of 3,000 lobsters which they will be releasing in 2014. They wish to investigate whether lobsters successfully settle between the wind turbines. New structures are created on the bottom of the North Sea with the construction of the windpark. Sand and silt soils dominate the bed in the German Bight; wind turbines are offering other ecosystems a new settlement area in the form of so-called hard substrate. One example of a rocky bed dweller is the European lobster which hides in crevices during the day and becomes active at night. Researchers at the Biological Institute Heligoland, which belongs to the Alfred Wegener Institute (AWI), Helmholtz Centre for Polar and Marine Research, wish to place lobsters in this newly created habitat. The Land of Lower Saxony, represented by the NLWKN (Lower Saxony Institute for Water Management, Coastal Protection and Nature Conservation), is funding the three-year pilot project ”Lobster settlement in the Riffgat windpark“ with just under EUR 700,000. The money comes from the compensation payments under nature conservation law for the „Riffgat“ windpark. An agreement has been concluded between the NLWKN and the AWI to use this funding. The project is intended to investigate the basic possibility of and the conditions for and ecological consequences of a lobster settlement of this kind. .......... "

関連
German Scientists Use Offshore Wind Farms to Replenish Lobsters-----Bloomgerg,May 8, 2013

ロブスター3000匹、風力発電施設近くに放流 ドイツ-----MSN産経ニュース、2013年05月05日


参考
ekouhou.net : 人工魚礁 | 対象生物 | イセエビ(エビを含む)

"イセエビ用の増殖礁"


おすすめエントリー
日本生協連、節電・省エネそして2015年までに50メガワットの再生可能エネルギー開発を計画-----ソフトエネルギー、2013/06/06





ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« 日本生協連、節電・省エネそして2015年までに50メガワットの再生可能エネルギー開発を計画 | トップページ | NTTスマイルエナジーのエコめがね、産総研のPVエネルギー統計整備プロジェクトに30MWp分のデーター提供へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 洋上風力発電機は、ロブスターの漁礁としても有効か? ドイツの研究機関が実験を計画:

« 日本生協連、節電・省エネそして2015年までに50メガワットの再生可能エネルギー開発を計画 | トップページ | NTTスマイルエナジーのエコめがね、産総研のPVエネルギー統計整備プロジェクトに30MWp分のデーター提供へ »