« IBMラボ、アースデイにCPV+太陽熱利用で80%効率の太陽エネルギー利用装置を発表 | トップページ | Googleが、自律凧型空中風力発電システムのMakani Wind Power社を買収 »

福島県沖2MW浮体式洋上風力発電機、10月稼動に向けて準備が進んでいます

 福島県沖で計画されている2MW浮体式洋上風力発電機が、10月稼動に向けて準備が進んでいます。今回、三井造船の市原工場で組み立てられたダウンウィンド型風力発電機と浮体部分が組み上げられ、その様子が報道陣に公開されたということです。FNNがビデオクリップを公開していますので、ご覧ください。


浮体式洋上風力発電所の風車公開 観光資源などへの期待高まる(福島13/06/25)

(FNNLocal,2013/06/25)

"..........
「ふくしま未来」と名づけられた発電機は、幅は50メートル以上、高さは120メート­ル近くあり、下から見上げると、大きさに圧倒される。風車の直径は、80メートル。
最大出力は、2,000kWで、一般家庭のおよそ600世帯分の電力を賄える。
風車は、6本の太い鎖で、海底に固定され、海に浮かぶ、いわゆる浮体式の風力発電とし­ては国内最大規模となる。

資源エネルギー庁・村上敬亮課長は「福島県でやることに意義がある。福島の新たな産業­にもつながる」と述べた。

国と福島県は、2014年度までに、新たに7,000kWの風車2基を設置して、小名­浜港には部品を搬入する拠点を設ける計画で、雇用の確保や観光資源への期待も高まる。
.........."

浮体式洋上風力発電所と地上の風力発電所を比較しました。(福島13/06/25)

(FNNLocal,2013/06/25)


 この、第1期実証研究事業では、2MWのダウンウィンド型浮体式洋上風力発電設備1基と、世界初となる66kV 浮体式洋上サブステーションおよび、海底ケーブルを設置することが予定されています。福島民報によりますと、この風車は福島県の復興を願い「ふくしま未来」と命名され、6月末から7月上旬にかけ、市原市沖からいわき市の小名浜港にえい航される予定であるとのことです。さらに8月には、横浜市の工場で建設中の世界初の浮体式洋上変電所とともに、楢葉町沖約18キロに設置され、9月上旬に東北電力の系統に接続される予定であるとのことです。

福島県沖の浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業の2015年までの内容と実施体制が発表されました-----ソフトエネルギー、2012/03/07


 さらなる情報を期待して、いい話を期待しつつ収集に努めたいと思います。


関連
丸紅 ニュース / 2013年6月28日 福島復興・浮体式ウィンドファーム実証研究事業の進捗について[PDF,268KB]

本県沖から復興の風 洋上風力発電の風車公開-----福島民報、2013/06/26

関連エントリー
国土交通省は、浮体式洋上風力発電施設の安全確保のため技術基準を制定。福島県沖計画にも適用-----ソフトエネルギー、2012/04/26

福島県沖の浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業の2015年までの内容と実施体制が発表されました-----ソフトエネルギー、2012/03/07


追加情報
福島復興・浮体式ウィンドファーム実証研究事業 2MWダウンウィンド型浮体式洋上風力発電設備および浮体式洋上サブステーションの設置完了・運転開始について-----福島洋上風力コンソーシアム、2013.11.11

古河電工とビスキャス、福島沖2MW浮体式洋上風車と変電所の連結に新技術を開発-----ソフトエネルギー、2013/10/07

福島洋上風力コンソーシアム / ニュースリリース - 2013.09.06 『浮体式洋上超大型風力発電設備設置実証研究事業 環境影響評価準備書』縦覧を開始


参考エントリー
三菱重工業、7MWの巨大洋上風力発電機開発のタイムテーブルを発表-----ソフトエネルギー、2011/12/02

三菱重工、7MWkW級の最新型の風力発電機開発に向けて、世界初の油圧ドライブトレインを開発-----ソフトエネルギー、2013/01/29


NEDOと東京電力、千葉銚子沖の着床式洋上風力発電を稼動。実証実験を開始-----ソフトエネルギー、2013/03/05

2012年は、日本における洋上風力発電開発の幕開けの年 !?-----ソフトエネルギー、2012/08/16

新日鉄住金エンジニアリングと鹿島建設、大型洋上風力建設工事の共同施工体制の検討を開始-----ソフトエネルギー、2012/11/20

NEDO、北九州市沖に洋上風力開発用の風況観測タワーを設置-----ソフトエネルギー、2012/07/04

京大、戸田建設ら、環境省の五島沖の浮体式風力発電実証試験の第一段階100kW基によるテストを開始-----ソフトエネルギー、2012/06/14

環境省、国内初の浮体式風力発電の実証地として五島沖を選定、実証実験へ。2016年の実用化を目指す-----ソフトエネルギー、2010/12/24

浮体式洋上風力発電 Floating Wind Turbine / 自然エネルギーの世界-----自然エネルギー、2010/12/24

京都大学、佐世保重工業など、浮体式洋上風力発電プラットフォームの10分の1モデルの実海域実験を実施-----ソフトエネルギー、2009/09/09


浮体式洋上風力発電 Floating Wind Turbine 再生可能エネルギーまめ知識(Naverまとめ利用)


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost ---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« IBMラボ、アースデイにCPV+太陽熱利用で80%効率の太陽エネルギー利用装置を発表 | トップページ | Googleが、自律凧型空中風力発電システムのMakani Wind Power社を買収 »

コメント

日本は自然エネルギーの開発遅いですよね!昔は日本の技術は世界一なんて思っていましたが、賢い人減ったのかな なんて思いました。

投稿: 紅茶通販の茶専科ティチャイチャイ | 2013/06/26 17:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/57669495

この記事へのトラックバック一覧です: 福島県沖2MW浮体式洋上風力発電機、10月稼動に向けて準備が進んでいます:

« IBMラボ、アースデイにCPV+太陽熱利用で80%効率の太陽エネルギー利用装置を発表 | トップページ | Googleが、自律凧型空中風力発電システムのMakani Wind Power社を買収 »