« 国際再生可能エネルギー機関 IRENA、十カ国によるRenewables Clubの結成を歓迎 | トップページ | 神戸製鋼所、久米島の海洋温度差発電実証事業に高伝熱チタン板を供給 »

メイン大学 University of Maine、アメリカ初の1/8スケールの浮体式洋上風力発電機 VolturnUS 1:8 を実証稼動

 メイン大学 University of Maineは、アメリカ初の浮体式洋上風力発電機 VolturnUS 1:8 を実証稼動させました。メイン大学は、浮体式洋上風力発電機の開発のアメリカにおける中心的な役割を担ってきました。そして今回、2017年に6MW機2機の浮体式風力発電機の稼動を目指しているニューイングランドのAqua Ventus I 計画の前段階として、1/8スケールのモデルがお披露目され、アメリカ初の系統連系を行う実証試験として、プロジェクトが動きはじめました。VolturnUS 1:8 の大きさは、全高65フィート(19.5m)で、Aqua Ventus Iで利用される6MW機の全高520フィート(156m、翼の直径は423フィート、つまり126.9m!)の八分の一のサイズとなります。
VolturnUSプロジェクトが採用した浮体とタワーの構造は、コンクリート複合材料です。この部分の開発は、University of Maine’s Advanced Structures and Composites Centerが担い、プロジェクト全体はメイン州、メイン大学、そして30人以上の企業パートナー から構成されるDeepCwindコンソーシアムがエネルギー省の支援のもとに推進しています。アメリカ合衆国の洋上風力発電機開発の中心的なプロジェクトです。

 VolturnUS 1:8とVolturnUSプロジェクトにより、浮体式風力発電機開発がより具体的に加速され、2020年までに助成金を必要とせず、他の発電方法と競合できる10 セント/kWhの発電コストを目指すとのことです。
 この開発により、メイン湾 の156.6 GWに達するという、洋上風力発電のポテンシャルを生かし、2030年までに200億ドルの民間投資と数千の雇用を掘り起こし、5000MWの巨大洋上風力発電所の建設を目指す、巨大なプロジェクトが、その一歩を歩みはじめました。


プレスリリース / University of Maine,May 30th, 2013
Launch of VolturnUS 1:8

Volturnus_18
-----同リリース、スライドショーより-----Ustream : Launch of VolturnUS 1:8 Launch of VolturnUS 1:8

Offshore Wind Technology Unveiled

(TheUniversityofMaine·, 2013/05/09)

"UMaine Advanced Structures and Composites Center unveils VolturnUS deepwater floating offshore wind technology"
"VolturnUS 1:8, the first grid-connected offshore wind turbine to be deployed off the coast of North America, was launched in Brewer May 31 by the University of Maine’s Advanced Structures and Composites Center and its partners.

The event was hosted by Cianbro in Brewer, Maine. Among the dignitaries on hand for the ceremony were Sen. Susan Collins, Sen. Angus King, Rep. Michael Michaud, Jose Zayas of the U.S. Department of Energy, University of Maine System Chancellor James Page, UMaine Executive Vice President and Provost Susan Hunter, Cianbro CEO Peter Vigue and Habib Dagher, director of UMaine’s Advanced Structures and Composites Center.
........... "


関連
Maine Project Launches First Grid-Connected Offshore Wind Turbine in the U.S.-----U.S. DOE Energy.Gov,May 31, 2013

University of Maine Wins First Phase of $93.2 Million Deepwater Floating Offshore Wind Demonstration-----University of Maine’s Advanced Structures and Composites Center

・Cianbro : VolturnUS 1:8 Floating Offshore Wind Turbine
Vollrg
-----image : 上記サイトより

"Scope of Work
Cianbro is working with the Advanced Structures and Composites Center at the University of Maine to develop the first gird-connected floating offshore wind turbine. The turbine, named VolturnUS 1:8, will be the first offshore wind turbine to be deployed off the coast of the United States/Maine and the first concrete-composite floating wind turbine in the world.

Project Details
The VolturnUS technology is the culmination of over five years of collaborative research and development conducted by the UMaine Composites Center–led – DeepCwind Consortium. The DeepCwind Consortium Research Program is a unique public-private partnership funded by the Department of Energy, the National Science Foundation –Partnerships for Innovation, the Maine Technology Institute, the State of Maine, the University of Maine, and over 30 industrial partners
The 65 ft tall turbine prototype is a one-eight-scale version of a 6 mw, 423 ft rotor diameter design. It is the first floating turbine of its kind in the world, using advanced material systems with a unique floating hull and tower design
Data acquired during the 2013 deployments off Castine, Maine, will be used to optimize the design of UMaine’s patent-pending VolturnUS floating wind turbine system
The program goal is to reduce the cost of offshore wind to 10 cents/kWh by 2020, in order to compete with other forms of electricity generation without subsidies
.......... "


VolturnUS 1:8-scale Launch on May 31st-----Deep WInd,29 May 2013

University of Maine Wins First Phase of $93.2 Million Deepwater Floating Offshore Wind Demonstration-----University of Maine’s Advanced Structures and Composites Center,2013/05/26

"The University of Maine’s Advanced Structures and Composites Center has been awarded the first phase of a potential $93.2 million deepwater offshore wind demonstration project by the U.S. Department of Energy (DOE). The UMaine Composites Center-led team of industry leaders and national laboratories is one of five awardees selected from over 70 competing proposals.
..........
The program, known as “Aqua Ventus I” and announced today by DOE and Sen. Susan Collins, will be a 12 MW demonstration wind park using the VolturnUS floating platform technology developed at the UMaine Composites Center over the last four years. This project builds on the success of the DeepCwind Consortium Research Program, spearheaded by UMaine Composites Center and its industry partners, and funded by DOE, National Science Foundation-Partnerships for Innovation, and the Maine Technology Institute, among others. A 1:8-scale VolturnUS floating platform will be deployed by UMaine researchers in spring 2013 at the UMaine Deepwater Offshore Wind Test Site near Monhegan Island, Maine.
.......... "

・4C Offshore : New England Aqua Ventus I 12 MW

アメリカ初となる、送電網に接続した浮体式洋上風力発電試作機が運転開始-----環境展望台、2013.05.31

参考
メイン州で洋上浮体式風力発電 Floating Wind Turbine に取り組む中・高校生たち Windstorm Challenge 2011-----ソフトエネルギー、2011/07/08

メイン州で洋上浮体式風力発電 Floating Wind Turbine に取り組む中・高校生たち Windstorm Challenge 2012-----ソフトエネルギー、2012/06/07


コメント続き

 日本でも浮体式風力発電機の開発が進んでいます。アメリカに5年、欧州に10年遅れていたと昨年まで感じていた状況からは好転。若干期待がもてる状況にはなっているように思います。しかし、ポテンシャルとか、コスト目標とか、まだまだあいまいです。浮体式風力発電機の開発で若干先を行く欧州にアメリカが一気に間を詰める感じになる可能性もでてきました。

 先日こんな話題もありました。浮体式も浮き漁礁として有効とかの話があるといいですね。

洋上風力発電機は、ロブスターの漁礁としても有効か? ドイツの研究機関が実験を計画-----ソフトエネルギー、2013/06/06

 さらに、巨大プロジェクトとしてのフローティングシティにも、興味があり、少し情報を集めはじめています。海洋開発大国となるために、フローティングシティという選択肢、ありだと感じています。どうですかね、、、、


参考エントリー
浮体式洋上風力発電 Floating Wind Turbine / 自然エネルギーの世界-----自然エネルギー、2010/12/24

浮体式洋上風力発電 Floating Wind Turbine 再生可能エネルギーまめ知識 / p.2

福島県沖の浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業の2015年までの内容と実施体制が発表されました-----ソフトエネルギー、2012/03/07

京大、戸田建設ら、環境省の五島沖の浮体式風力発電実証試験の第一段階100kW基によるテストを開始-----ソフトエネルギー、2012/06/14

日立製作所、5MWクラスのダウンウィンド型洋上風力発電システムの開発を開始-----再生可能エネルギー GreenPost、2012/7/20


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost ---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« 国際再生可能エネルギー機関 IRENA、十カ国によるRenewables Clubの結成を歓迎 | トップページ | 神戸製鋼所、久米島の海洋温度差発電実証事業に高伝熱チタン板を供給 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/57566571

この記事へのトラックバック一覧です: メイン大学 University of Maine、アメリカ初の1/8スケールの浮体式洋上風力発電機 VolturnUS 1:8 を実証稼動:

« 国際再生可能エネルギー機関 IRENA、十カ国によるRenewables Clubの結成を歓迎 | トップページ | 神戸製鋼所、久米島の海洋温度差発電実証事業に高伝熱チタン板を供給 »