« オーマット Ormat 、米初となる本格的な新型地熱 EGS 発電所で1.7MWの商用発電を開始 | トップページ | ”だれがクリーンエネルギーのトップランナーなのか?” 2012年版公開 - Pew Charitable Trusts »

静岡県、御前崎港で洋上風力や海洋エネルギーを利用する再生可能エネルギー活用民間プロジェクトの提案を募集

 静岡県は、御前崎港の第一線防波堤の外洋において、民間と港湾管理者との連携による「再生可能エネルギー活用民間プロジェクト」に関する企画提案を、民間企業や研究機関による多様な発想から生み出されるプロジェクトを期待し、平成25年4月23日から5月31日までの期間に提案を募集すると発表しました。
 具体的には、御前崎港の第一線防波堤の外洋に、洋上風力発電や波力発電等を導入する「再生可能エネルギーゾーン」を設定し、その活用提案を募集するものです。
 御前崎港には、既に陸域に3基の風力発電施設が設置されており、風況は良好とのことです。波力発電については、今回の発表では条件などは特に記載されていません。


プレスリリース / 静岡県、平成25年4月22日
重要港湾「御前崎港」再生可能エネルギー活用民間プロジェクト提案募集について

Omaezaki1
-----image(”上-【参考図1】御前崎港 長期空間利用のイメージ(ゾーニングプラン)、下-【参考図2】御前崎港 再生可能エネルギーゾーン”) : 同リリース[重要港湾「御前崎港」再生可能エネルギー活用民間プロジェクト募集要綱(ZIP:955KB)]より-----
Omaezaki2

" 1.目的 本企画提案募集要領は、御前崎港の第一線防波堤の外洋に位置付けを検討している「再生可能エネルギー源を利活用する区域」の効果的な活用方策について、民間企業や研究機関による多様な発想から生み出されるプロジェクトを広く募集するものです。

エネルギーの地産地消や、新しい時代にふさわしい日本の玄関『スマート・ポート駿河湾』を将来像とする県の港湾の施策を推進するため、行政には無い視点で民間から提案をいただき、民間と港湾管理者との連携による「再生可能エネルギー活用民間プロジェクト」を港湾管理者である静岡県が成案化、事業化することを目的とするものです。

2.企画提案を求める課題

静岡県は、安全・安心で持続可能なエネルギー体系の構築を目指し、豊かな自然資源を活かしたエネルギーの地産地消を推進しています。

その一環として、港湾における再生可能エネルギーの導入を促進することとし、平成25年3月27日に開催された、第3回「駿河湾港アクションプラン」推進計画検討委員会において、“港湾における再生可能エネルギー利用の促進”を駿河湾港の取組み施策の一つとし、御前崎港の第一線防波堤の外洋に、洋上風力発電や波力発電等を導入する「再生可能エネルギーゾーン」を位置付けました。(募集要綱参考図1,2を参照)

今後、御前崎港に「再生可能エネルギー源を利活用する区域」を位置付ける港湾計画の変更や、事業予定者の公募について検討を進める基礎資料とするためプロジェクトの提案を募集します。

御前崎港「再生可能エネルギーゾーン」の概況

御前崎港には、既に陸域に3基の風力発電施設が設置されており風況は良好です。
駿河湾と遠州灘を分つ岬に位置することから、防波堤の外となる「再生可能エネルギーゾーン」の海象条件は厳しく、発電施設の強度等安全性に留意する必要があります。
海底は、堅固な土炭岩が露呈していることが推察され、再生可能エネルギー施設等の固定方法に留意する必要があります。
当該「再生可能エネルギーゾーン」は、シラス・イワシ船曳網や刺網漁業等の許可漁業が営まれており、風力発電施設の低周波等、再生可能エネルギー施設による水産活動への影響に留意する必要があります。

3.企画提案に記載する内容

(1)再生可能エネルギー施設等の提案の概要
再生可能エネルギー施設の概要(発電方法、定格出力と基数(総出力の規模))
公有水面の占用位置(設定根拠)
再生可能エネルギーゾーンに限定するものではありません。

(2)再生可能エネルギー施設等の設置方法
再生可能エネルギー施設の設置(固定工法(複数可))と公有水面の占用のあり方

(3)再生可能エネルギー施設等による水産活動・環境等への影響
事業化における検討課題があれば、そのことについて記載して下さい。

(4)事業実施期間
公有水面の占有期間、発電実施までのスケジュール。

(5)発電電力の活用方法
電力系統連系等。(特定電気事業を営む企業の場合、記載の必要はありません。)

4.応募者の資格

電気事業者に限らず、様々な分野の民間企業の他、研究機関等を対象とします。

5.「再生可能エネルギーゾーン」の提供資料

「再生可能エネルギーゾーン」の海象条件等については、要請があれば、防波堤の設計波や土質調査等の資料を提供いたします。

6.応募方法等

(1)募集期間平成25年4月23日(火曜日)~平成25年5月31日(金曜日)

(2)応募用紙別紙様式1『重要港湾「御前崎港」再生可能エネルギー活用民間プロジェクト提案書』、適宜添付書類

(3)応募先
.......... "

関連
Omaezaki_map
-----image : Googleマップで、御前崎港 を表示





ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« オーマット Ormat 、米初となる本格的な新型地熱 EGS 発電所で1.7MWの商用発電を開始 | トップページ | ”だれがクリーンエネルギーのトップランナーなのか?” 2012年版公開 - Pew Charitable Trusts »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静岡県、御前崎港で洋上風力や海洋エネルギーを利用する再生可能エネルギー活用民間プロジェクトの提案を募集:

« オーマット Ormat 、米初となる本格的な新型地熱 EGS 発電所で1.7MWの商用発電を開始 | トップページ | ”だれがクリーンエネルギーのトップランナーなのか?” 2012年版公開 - Pew Charitable Trusts »