« AWEAのリポート、アメリカの2012年度の風力の実績は、単年度13,124 MW、累積では60GWに | トップページ | 出光興産、土佐電気鉄道、高知県森林組合連合会は、新会社となる土佐グリーンパワーを設立し木質バイオマス発電事業を開始 »

東京都が投資するファンドが、熊本県の芦北メガソーラー8MWpを選定。着工し12月完成へ

 東京都が進めてきた官民連携インフラファンド事業の太陽光発電に関する第1号案件として、熊本県の8MWpの芦北メガソーラープロジェクトが決まったと発表がありました。
 具体的には、東京都は、ファンドに有限責任組合員として出資し、スパークス・アセット・マネジメント株式会社が運営するファンド(投資事業有限責任組合)が実施します。

 芦北メガソーラーは、熊本県葦北郡芦北町の野栄の浦に面した、女島(めしま)の面積約90,000平方メート(約29,000坪)の敷地において実施されるメガソーラー計画です。総事業費約30億円のうち、10億円を東京都が参加するスパークス・官民連携グリーンエナジー投資事業有限責任組合が負担することになります。残りの20億円は、金融機関からの融資で調達しています。
 東京都の同ファンドへの出資金額は15億円で、予定するファンド規模から想定した都の出資持分額は、約1億円に相当すると見込まれるとのことです。自治体が他の自治体で実施されるメガソーラープロジェクトに、投資という形で参加する極めて特長のある試みです。

 起工式は、2月4日に行われ、運転開始は、本年(平成25年)12月が予定されています。

 なお、東京都の参加する官民連携インフラファンド事業は、千葉県袖ヶ浦市に新設される出力約10万kWのガスタービンコンバインドサイクル発電への融資を実施しています。東京都は、こうした官民連携インフラファンドにより、これからも発電事業への投資を実施していく予定です。


プレスリリース / 東京都 知事本局、平成25年2月1日
官民連携インフラファンド(スパークス・グリーンインフラ・ファンド)から第1号案件に投資しました

Kumamoto8mwpmegasolar_2
-----image : Googleマップ「芦北メガソーラー 8MWp(建設予定地)」 より

"東京都が、かねてより進めてまいりました官民連携インフラファンド事業において、スパークス・アセット・マネジメント株式会社が運営するファンド(投資事業有限責任組合)が、第1号となる案件に投資いたしましたので、お知らせいたします。 なお、東京都は、本ファンドに有限責任組合員として出資しています。

1 ファンド名称
 スパークス・官民連携グリーンエナジー投資事業有限責任組合

2 投資対象
 SGET芦北メガソーラー合同会社に対する出資

3 投資案件の資金使途
 太陽光発電所の建設資金等

4 投資実行日
 平成25年1月30日

※当該発電所が立地する熊本県芦北町も、本ファンドに有限責任組合員として出資しています。
※ファンド概要、都の出資概要及び発電施設概要は別添資料をご覧ください。
※本件は、スパークス・グループ株式会社と同時発表しています。
..........
都の出資概要
都の出資金額 15億円
都の出資日 平成25年1月24日

発電施設概要
運営会社 SGET芦北メガソーラー合同会社
所在 熊本県葦北郡芦北町大字女島770-6(芦北町有地)
発電方式 太陽光発電
敷地面積 約90,000平方メートル
出力 約8,000キロワット
運転開始 平成25年12月(予定)
総事業費 約30億円
ファンド投資額 約10億円
(予定するファンド規模から想定した都の出資持分額は、約1億円に相当すると見込まれます。)
※SGET芦北メガソーラー合同会社は、スパークス・グループ(株)の100%子会社であるSGET(スパークス・グリーンエナジー&テクノロジー(株)事業内容:再生可能エネルギーによる電気の供給業務を行う事業者に対するコンサルティング業務等)が、熊本県葦北郡芦北町で太陽光発電事業を行うため設立しました。
.......... "

関連
スパークス・グループ 発表 / 2013.02.01
東京都の官民連携インフラファンド 第1号投資案件決定のお知らせ(157.0 KB)


参考
官民連携インフラファンド石原知事定例記者会見-----東京都、平成24年10月19日 

官民連携インフラファンドの第1号投融資案件が決まりました-----東京都、平成24年10月19日


コメント続き
 この芦北メガソーラー以外にも熊本県では、積極的にメガソーラーを建設する予定です。県がリストしているプロジェクトは、22件ありその合計容量は、78.919MWに達します。
 うち稼働中のメガソーラーはすでに下の6箇所あります。

・リクシル有明ソーラーパワー(長洲町、3.75MWp、平成23年1月完成)
・再春館製薬所(益城町、1.775MWp、平成12年3月から段階的に整備)
・九州ソーラーファーム2南関セキア発電所(南関町、3.3MWp、平成24年2月立地協定7月31日発電開始)
・合志市・熊本製粉(株)太陽光発電所(合志市、1MWp、平成24年7月25日立地協定12月14日発電開始)
・佐藤長八商事(天草市、1.999MWp、平成24年12月10日立地協定12月17日発電開始)
・東京エレクトロン九州合志事業所(合志市、1.25MWp、平成24年7月6日立地協定12月21日発電開始)

 リクシル有明ソーラーパワーは、しな研が作っているリストに茨城県 坂東市 LIXIL つくば SOLAR POWERとともに漏れていました。いずれも3.3.75MWpでトップ10にリストしました。

 これからできる予定の中で規模ランキング10入りしそうなのは、今回の芦北町女島のプラン以外にも2件ありました。リストアップにいれておきます。

・芦北町女島(女島埋立地) 芦北町 コアテック(株)・スパークスグループ(株)の2社連合 8MWp 平成24年7月24日立地協定
・芦北町矢城(矢城牧場跡地) 芦北町 (株)大林クリーンエナジー 21.5MWp 平成24年7月24日立地協定
・荒尾市大島(貯炭場跡地) 荒尾市 SBエナジー(株) 14MWp 協定締結に向け調整中

参考エントリー
国内メガソーラーランキング 大規模太陽光発電所リスト 再生可能エネルギーまめ知識

関連
(報道資料)芦北町女島におけるメガソーラー建設着工について-----熊本県、2013年1月31日
- エネルギー政策課 / 熊本県内のメガソーラー(大規模太陽光発電)導入状況について
2012kumamotomegasolar
-----image : 上記サイトより


参考 - 東京都の再生可能エネルギー戦略は、

東京都 : 再生可能エネルギー戦略(2006年3月策定)

"東京における再生可能エネルギーの利用状況調査(2012年3月)
「東京における再生可能エネルギーの利用状況調査(2012年3月)」をPDFでダウンロードできます。
本文(228 KB) "

追加情報
東京都、官民連携インフラファンド活用メガソーラーを新たに6案件実施へ-----ソフトエネルギー、2013/08/30


おすすめエントリー
週刊GreenPost 59号 2013/2/4-8日版 しなやかな技術研究会





ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« AWEAのリポート、アメリカの2012年度の風力の実績は、単年度13,124 MW、累積では60GWに | トップページ | 出光興産、土佐電気鉄道、高知県森林組合連合会は、新会社となる土佐グリーンパワーを設立し木質バイオマス発電事業を開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京都が投資するファンドが、熊本県の芦北メガソーラー8MWpを選定。着工し12月完成へ:

« AWEAのリポート、アメリカの2012年度の風力の実績は、単年度13,124 MW、累積では60GWに | トップページ | 出光興産、土佐電気鉄道、高知県森林組合連合会は、新会社となる土佐グリーンパワーを設立し木質バイオマス発電事業を開始 »