« 豊田工業大学、太陽光発電を中心に新エネルギーを総合的に研究する「スマートエネルギー技術研究センター」を設立 | トップページ | エネルギー白書 2012が公開されました。日本のエネルギーの現状を知ろう! »

日立造船、ノルウェーのStatoil社と Hywind 浮体式洋上風力発電に関する技術提携を発表

 日立造船は、ノルウェーのStatoil社と Hywind 浮体式洋上風力発電に関する技術提携を発表しました。Hywindプロジェクトについては、2009年の当ブログの記事でも紹介しています。

世界初! ノルウェー、フローティング・ウィンドファームの実証実験が始まった!-----ソフトエネルギー、2009/07/02
Ere200906064 -----image(”The world’s first large-scale floating wind turbine is located approximately 12 km south east of Karmoy in Norway at a water depth of about 220 meters.”) : プレスリリース / Siemens,Jun 10, 2009 リリースより *参照元は上記エントリーをご覧ください。

 StatoilHydro社のHywindプロジェクトとは、2009年より2年間行われた浮体式風力発電の実証実験のことです。ノルウェー南西部の北海沖の深度220mの洋上でおこなわれたこの実証実験では、シーメンスの2.3MWの風力発電機が利用されました。そして、周辺の技術をシーメンスとStatoilHydroが共同で開発、送電システムなど洋上風力発電システム全体の技術を、ノルウェー独自の技術として開発するという意欲的な計画でした。

 浮体式の洋上風力発電システムとしては、コスト削減やさらなるブラッシュアップが必要だと思われますが、日本の技術や事情が加わることで、日本近海での実用化が期待されます。


プレスリリース / 日立造船、2012年11月02日
浮体式洋上風力発電に関する技術提携について

121102
-----image(”Statoil社 Kindem上級副社長と当社 澤田機械・インフラ本部長による調印式の様子”) : 同リリースより

" Hitz(日立造船株式会社)は、ノルウェー最大の国営エネルギー企業であるStatoil ASA(所在地:スタヴァンゲル市、以下、Statoil社)と、浮体式洋上風力発電に関する技術提携に合意し、本日、契約を締結しました。

 Statoil社は、世界有数の石油・天然ガス企業であり、40年以上にわたり海洋石油掘削事業に携わり、大型海洋構造物の設置および運用に関する技術力を蓄積しています。同社は海洋石油掘削事業を通じて蓄積された技術力をもとに、世界初の浮体式洋上風力発電プロジェクト「ハイウィンド」の建設に着手しており、ノルウェー南西部の北海沖(水深約200m)に既に1基の洋上風車(平成21年完成、2.3MW)を完成させ、多くの実験データを蓄積しています。

 当社は、世界初の旋回式浮体橋「夢舞大橋(平成12年完成)」やGPS波浪計など、浮体構造物の設計・施工に高いノウハウを有しており、洋上風力発電については、平成16年から浮体式洋上風力発電の開発に携わっております。本年には民間5社および日本気象協会と洋上風力発電の事業化に向けての研究会を発足させるなど、洋上風力発電事業の研究開発に積極的に取組んでおりますが、本技術提携によって洋上風力発電の研究開発を更に加速していく所存です。 
.......... "

関連
Statoilと日立造船㈱が浮体式洋上風力発電分野で技術提携-----駐日ノルウェー王国大使館、11月2日

StatoilHydro inaugurates floating wind turbine-----StatoilHydro,News 2009
 - News 2010 Building on what we know

"Hywind
The world’s first full-scale, floating wind turbine
The Hywind pilot started gathering data off Karmøy near Stavanger last autumn and is now producing at full capacity. One million kilowatt-hours of electricity have already been generated
Hywind has attracted a lot of attention both in Norway and internationally. We have signed a letter of intent with the governor of Maine, USA, to examine the possibility for a medium-sized wind park there. We also have a dialogue with the Scottish authorities about the opportunities for floating wind power in Scotland"

The story about the Hywind demo project

(Statoilasa, 2010/04/28)

追加情報


ノルウェー社が洋上風力発電を国内で展開 日立造船と提携-----日本経済新聞、2014/4/9

" ノルウェーの国営石油会社スタットオイルが日立造船と提携し、国内で洋上風力発電に参入する。風車を海に浮かべる日本に適した方式を採用し、2015年にも着工する。
..........両社は8日、「浮体式」と呼ぶ洋上風力発電の事業化で契約を結んだ。.......... "

関連エントリー
世界初のフローティング方式の風力発電機は2009年にノルウェー、北海地域に設置-----ソフトエネルギー、2007/06/27

世界初! ノルウェー、フローティング・ウィンドファームの実証実験が始まった!-----ソフトエネルギー、2009/07/02

ノルウェー Hywindプロジェクト -浮体式洋上風力発電 Floating wind turbine-----自然エネルギー、2010/12/22

浮体式洋上風力発電 Floating Wind Turbine / 自然エネルギーの世界-----自然エネルギー、2010/12/24


浮体式洋上風力発電 Floating Wind Turbine 再生可能エネルギーまめ知識


おすすめエントリー
週刊GreenPost 48号 - しなやかな技術研究会 2012/11/12-16日版



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« 豊田工業大学、太陽光発電を中心に新エネルギーを総合的に研究する「スマートエネルギー技術研究センター」を設立 | トップページ | エネルギー白書 2012が公開されました。日本のエネルギーの現状を知ろう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日立造船、ノルウェーのStatoil社と Hywind 浮体式洋上風力発電に関する技術提携を発表:

« 豊田工業大学、太陽光発電を中心に新エネルギーを総合的に研究する「スマートエネルギー技術研究センター」を設立 | トップページ | エネルギー白書 2012が公開されました。日本のエネルギーの現状を知ろう! »