« 欧州風力エネルギー協会(EWEA)、EU圏の風力の設備容量が累計100GWに達したと発表 | トップページ | NEDO、海洋エネルギー技術研究開発の追加分、波力および潮流発電4件の実施体制を発表 »

旭硝子、超軽量化学強化特殊ガラス Leoflex を一部に利用した5MWpのメガソーラーを高砂工場に導入

 AGC 旭硝子は、太陽電池や建築、照明分野に利用できる、多用途向け化学強化特殊ガラスLeoflex(R)を一部に利用した5MWpのメガソーラーを高砂工場に導入すると発表しました。化学強化特殊ガラスLeoflex(R)を利用することで、従来型のソーラーパネル(約12kg/m2)が荷重制限のために設置できない箇所にも、重量を半分以下とした“Leoflex”の超軽量ソーラーパネル(6kg弱/m2)を採用することで設置でき、従来のパネルでは利用できなかったスペースも利用できるようになったということです。

 今年の5月のリリースによると、「ガラスの表面を薬液で処理することで割れにくくしており、強度があり薄くて軽い」強化ガラスを実現しているということです。

旭硝子、太陽電池や建築、照明分野に超軽量化学強化特殊ガラスLeoflex(TM)を発売-----ソフトエネルギー、2012/05/30

 今回、屋根に設置する発電システムとしては国内最大規模の5MWpのメガソーラーを実現することになる高砂工場をGoogle マップで見てみました。設置面積 約7万m2を確保したという大屋根の様子です。

Agc_leoflexpv_2
-----image : Googleマップ : 旭硝子 高砂工場より

 稼働開始は、2013年3月の予定とのことです。屋根置きだけでなくメガソーラーランキングでトップ10入りできそうなタイミングです。


プレスリリース / AGC 旭硝子、2012/10/1
News / 国内最大級の工場屋根を活用したメガソーラーを建設~パネル重量が制約となる屋根にも超軽量カバーガラス“Leoflex(R)”で設置可能に~(PDF,416KB)

Agc_leoflexpv
-----image(”化学強化特殊ガラス“Leoflex”を採用したソーラーパネル”) : 同リリースより

"AGC(略)は、高砂工場の屋根を活用して発電容量約5メガワットのメガソーラーを建設し、2013年3月に稼働開始します。このメガソーラーでは、当社の薄くて強いガラス“Leoflex(注)”を搭載した超軽量ソーラーパネルを一部に採用することで、従来型のソーラーパネルでは設置が難しいスペースも有効活用し、屋根に設置する発電システムとしては国内最大規模を実現しています。

 本年7月の再生可能エネルギーの固定価格買取制度の施行によるメガソーラーの導入増加に伴い、設置に適した土地の賃料上昇など、発電のための広い土地を確保することが難しくなっています。このため、ソーラーパネルの設置場所として、工場や倉庫、公共施設など広い面積を持つ屋根の有効活用が進んでいます。

 AGCは、自社工場の屋根を活用したメガソーラーについて検討し、屋根面積が最も広く確保できる高砂工場への設置を決定しました。同工場には、従来型のソーラーパネル(約12kg/m2)が荷重制限のために設置できない箇所もありましたが、当社の“Leoflex”の搭載により、重量を半分以下とした超軽量ソーラーパネル(6kg弱/m2)を採用し、補強工事することなく設置が可能となりました。この結果、同工場の太陽光パネルの設置面積は、従来型のパネルのみで構成した場合に比べ、約2割拡大しています。

【高砂工場のメガソーラーの概要】
所在地 兵庫県高砂市梅井5丁目6番1号
設置面積 約7万m2
(“Leoflex”搭載の超軽量ソーラーパネル:1.3万m2)
発電容量 約5MW(一般家庭の約1,500戸分の使用電力に相当)
年間発電量 約5,300MWh/年
稼働開始 2013年3月(予定)

 AGCは、化学強化特殊ガラス“Leoflex”の特徴を活かし、住宅・ソーラーなど様々な用途における薄型化、軽量化のニーズに応えるソリューションを提供していきます。

(注)“Leoflex”は、通常のソーダライムガラスよりも高い強度が得られ、薄くしても割れにくいことから、太陽光発電パネルなどの大幅な軽量化を可能にするガラスです。
.......... "

関連
旭硝子、太陽電池や建築、照明分野に超軽量化学強化特殊ガラスLeoflex(TM)を発売-----ソフトエネルギー、2012/05/30


参考エントリー
街のあちこちに生まれる太陽光発電所 再生可能エネルギーまめ知識  - ■工場が太陽光発電所になる!

国内メガソーラーランキング 大規模太陽光発電所リスト 再生可能エネルギーまめ知識


おすすめエントリー
週刊GreenPost 42号 - しなやかな技術研究会 2012/10/1-5日版

欧州風力エネルギー協会(EWEA)、EU圏の風力の設備容量が累計100GWに達したと発表-----ソフトエネルギー、2012/10/2

住友商事の子会社サミットエナジーら、現地に専門会社を設立し28.8MWの風力発電所を建設-----ソフトエネルギー、2012/10/1




ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« 欧州風力エネルギー協会(EWEA)、EU圏の風力の設備容量が累計100GWに達したと発表 | トップページ | NEDO、海洋エネルギー技術研究開発の追加分、波力および潮流発電4件の実施体制を発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旭硝子、超軽量化学強化特殊ガラス Leoflex を一部に利用した5MWpのメガソーラーを高砂工場に導入:

« 欧州風力エネルギー協会(EWEA)、EU圏の風力の設備容量が累計100GWに達したと発表 | トップページ | NEDO、海洋エネルギー技術研究開発の追加分、波力および潮流発電4件の実施体制を発表 »