« 古河電工、コンテナ型50kW(288kWh)鉛蓄電池システムを開発 | トップページ | 千葉県、メガソーラー2案件、小水力1案件の設置運営事業者を募集 »

ハンファグループ Hanwha Group、ハンファQセルズ Hanwha Q.CELLS を設立

 韓国のハンファグループ Hanwha Groupは、4月に破綻したドイツの太陽光発電事業者のQ.Cellsの買収を完了させ、ハンファQセルズ Hanwha Q.CELLS を設立したと発表しました。
 これにより、ハンファグループは、中国に生産拠点をもつハンファソーラー Hanwha SolarOneと今回のハンファQセルズ Hanwha Q.CELLSを傘下におさめることで、世界有数の販売拠点と製造能力をもつことになりました。

 韓国のハンファグループが、2010年に中国の太陽電池メーカーSolarfunを買収し、社名をハンファソーラー Hanwha SolarOneと改めた。2011年のマーケットシェアは、世界第八位でした。

2011 太陽電池メーカーシェア / 自然エネルギーの世界-----自然エネルギー、2012/04/05

 プレスリリースによると、ハンファグループはドイツ・マレーシア・中国に合計2.3GWの太陽電池の製造能力をもち、規模が世界第3位の太陽電池メーカーとなったとのことです。
 とはいえ、世界的な不況と各国の再生可能エネルギー政策の見直しなどにより、太陽電池メーカーは、この先厳しい状況に置かれることになります。生産拠点の整理が行われる現状において、生産規模の拡大のみでは、なかなか大変かもしれません。
 ただ、QCellsの倒産以降の動きを見ていると生き残るために必要なことを行ってきたことも見て取れます。今回、ハンファは1225人の従業員をリリースに記載しています。一時は、一世を風靡したドイツの太陽電池メーカーの今後の健闘には、業界の今後の動向とあわせて興味があります。


プレスリリース / ハンファグループ、October 24, 2012(Businesswire版,English )
ハンファグループが「ハンファQセルズ」を設立

"新たな相乗効果により、ハンファグループが世界第3位の太陽電池メーカーとしての地位を確立

..........ハンファグループは本日、「ハンファQセルズ」を設立しました。今回の設立をもって、世界最大級の太陽電池セルメーカーにして太陽電池大手の独ソーラー企業Qセルズの買収が完了となりました。ハンファQセルズは、ハンファソーラーワンから移籍し、最高経営責任者(CEO)に就任したチャールズ・キムが統括し、ハンファソーラーワンの社長には、ハンファグループのMin Su Kimがチャールズ・キムに代わって就任します。

ハンファQセルズの設立により、ハンファは規模が世界第3位の太陽電池メーカーとしての地位を確立しました。ハンファの2.3GWの製造能力は、ドイツ・マレーシア・中国に散らばることで、貿易上の制約を受けずに世界のあらゆる地域へ供給できるという競争上の優位性を獲得します。

ハンファQセルズのチャールズ・キムCEOは、次のように述べています。「Qセルズとハンファの相乗効果は、世界有数の太陽電池メーカーを迅速に構築する機会として類まれなものです。Qセルズの品質、技術革新、卓越性が、ハンファグループの資金源、製造面での専門知識、世界的な顧客ネットワークと相まって、世界最強の太陽電池メーカーの1社が生まれ、業界を新たな時代に導く態勢が整いました。」

ハンファQセルズの設立に先立ち、ハンファグループによる戦略的投資が行われました。この投資の目的は、太陽電池製品をシステムへと拡大し、LCOE(均等化発電原価)の低減、EPC(設計・調達・建設)、プロジェクト開発能力の観点で、先進的なセル技術からシステム最適化までの技術発展を加速させることでした。これらの戦略的投資には、クリスタル・ソーラー、1366テクノロジーズ、tenKsolar、サイレント・パワー、ワンルーフ・エナジーといった革新的企業が含まれています。また、ハンファグループは、開発・建設・運用・プロジェクト資金調達に及ぶ総合太陽光発電ソリューションを提供する企業として、2011年にハンファソーラーエナジーを設立したほか、最近では2012年4月に米国カリフォルニア州シリコンバレーに1000万ユーロを投じて先進的な研究開発センターを開設しました。ハンファQセルズの設立により、ハンファは世界中に4つの研究開発センターを抱えることになります。
..........
ハンファグループがQセルズから買収した資産は次の通りです。

ドイツに所在する本社、研究開発センター、管理業務拠点
ドイツにおける200 MWセルおよび120 MWモジュールの製造施設
マレーシアの800 MWセル製造施設
米国、オーストラリア、日本の各現地法人
34件の特許
1225人の従業員
.......... "

関連
Hanwha SolarOne Appoints New President and New Chief Technology Officer-----Hanwha SolarOne,October 24, 2012

Hanwha Q.CELLS

"HANWHA Q.CELLS - THE SOLAR COMPANY YOU'VE BEEN WAITING FOR
Fusing Q.CELLS' technology leadership with Hanwha's financial strength, Hanwha Q.CELLS has emerged as the definitive choice in solar."

Qcells_site20121025
-----image : 上記サイト

ハンファソーラー / 会社概要

参考動画
Photovoltaik-Kraftwerk der Superlative

(qcellstv, 2012/04/27)

関連エントリー
Qセルズ Qcells、ヨーロッパ最大の91MWpの大規模太陽光発電所 Brandenburg-Briest を予定通り完工-----ソフトエネルギー、2012/05/24

Q-cells 堕つ! ドイツの太陽電池大手のQセルズが経営破綻-----ソフトエネルギー、2012/04/03

Q-Cellsの200,000枚のCIGS太陽電池を使い、わずか2ヶ月で建設された 20.8 MWpのソーラーパークAmmerlandがドイツで完成-----ソフトエネルギー、2011/11/02

Q-Cells、91 MWのヨーロッパ最大の大規模太陽光発電所建設計画を発表-----自然エネルギー、2011/11/04

Qセルズ Q-Cells、ドイツのヨーロッパ5年連続No1の生産量を誇る太陽光発電事業者、本格的に日本市場へ”上陸”-----ソフトエネルギー、2011/04/28

太陽光発電で世界最大手の独Qセルズ、4~6月は営業赤字 / クリッピング NIKKEI NET-----自然エネルギー、2009/07/15

独Qセルズの1―6月、純利益2.1倍・太陽電池世界2位 / クリッピング NIKKEI NET-----ソフトエネルギー、2007/08/20

太陽電池世界2位、独「Qセルズ」日本進出 / クリッピング NIKKEI NET-----ソフトエネルギー、2007/07/02

太陽光発電、のびるドイツ、日本を急追するアメリカ、さらに、、、-----しなやかな技術研究会β、2007-06-25

参考エントリー
2011 太陽電池メーカーシェア / 自然エネルギーの世界-----自然エネルギー、2012/04/05


おすすめエントリー
週刊GreenPost 45号 - しなやかな技術研究会 2012/10/22-26日版

東芝は、高効率のモーターと回生ブレーキシステム、そして新開発のインバーターを阪急電鉄 8000系車両に搭載し、従来比約50%の省エネを実証-----しなやかな技術研究会、2012/10/25

国土交通省、小水力発電の農業用水路を利用する場合の手続きを簡略化する方針----自然エネルギー、2012/10/22



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« 古河電工、コンテナ型50kW(288kWh)鉛蓄電池システムを開発 | トップページ | 千葉県、メガソーラー2案件、小水力1案件の設置運営事業者を募集 »

コメント

突然訪問します失礼しました。あなたのブログはとてもすばらしいです、本当に感心しました!


投稿: グッチ キーケース | 2012/11/10 14:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンファグループ Hanwha Group、ハンファQセルズ Hanwha Q.CELLS を設立:

« 古河電工、コンテナ型50kW(288kWh)鉛蓄電池システムを開発 | トップページ | 千葉県、メガソーラー2案件、小水力1案件の設置運営事業者を募集 »