« GEとXtreme Powerが、NaMxバッテリー”Durathonバッテリー Durathon Batteries”を市場展開へ | トップページ | ミニストップ、900店舗に合計10MWpの太陽光発電を導入する計画を発表 »

千代田化工建設、イタリアの太陽熱受容チューブメーカーのArchimede Solar Energyに15%出資

 千代田化工建設は、イタリアの太陽熱受容チューブメーカーであるアルキメデ・ソーラー・エナジー(Archimede Solar Energy : ASE)社に15%出資したと発表しました。アルキメデ・ソーラー・エナジー Archimede Solar Energy社(以下、ASE)は、溶融塩パラボリックトラフ型太陽熱発電(MSPT-CSP)用の核となる技術である溶融塩集熱管を製造できる世界で唯一のメーカーであるとのことです。ちなみに、残りのASEの株式の85%を保有しているのは、Angelantoni Groupです。

 千代田化工建設は、ASE社と共同で進めている高温溶融塩を熱媒とした次世代型太陽熱発電により、イタリア国内における再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)を利用した太陽熱発電事業における展開を足がかりに、将来的には、中東と北アフリカを合わせたMENA地域への事業拡大を図るということです。

 溶融塩パラボリックトラフ型太陽熱発電(Molton Solt Palabolic Trough - Concentrating Solar Power : MSPT-CSP)という技術を使った発電所の情報については、2010年に5MWのアルキメデス ARCHIMEDE発電所を紹介した記事をアップしています。世界初のガス併用可となったこの5MWのアルキメデス ARCHIMEDE発電所にも、ASE社の技術は使われています。

イタリアのEnel エネル、太陽熱発電施設とガス-コンバインドサイクルの複合発電所、アルキメデス ARCHIMEDE をシチリアに完成-----ソフトエネルギー、2010/07/27

 溶融塩集熱管 Archimede Solar Receiver Tubeは、筒状の半円形の鏡により集められた太陽の光のエネルギーを照射される金属製の管です。内部を550度にまで加熱された溶融塩 Molton Solt が流れます。この溶融塩の循環サイクルにより、発電が連続して行われます。溶融塩 Molton Soltを利用するメリットとしては、タンクに熱エネルギーとして蓄えることができるので、効率化し均一的な発電状況jを維持できることです。

 こうした太陽のエネルギーを鏡やレンズで集めて、発電に利用する CSP : Concentrating Solar Powerについては、太陽光発電よりも効率がよく安価ということで大いに期待されている論調が2010年前後には見られましたが、ここにきてあめり目立たなくなりました。ということで、今後の新たなプロジェクトが開始された際にさらなる情報を集めたいと思います。


プレスリリース / 千代田化工建設、2012年10月15日
ニュース / 太陽熱エネルギー事業分野強化へ ASE 社に資本参加(PDF/123KB)

Foto_archi
-----image : Angelantoni Group : Archimede Solar Energyより

関連
Parabolic
-----image :上下とも、Archimede Solar Energy : Parabolic troughより-----
Parabolic_trough1

 そして、太陽熱受容チューブとは、太陽熱発電所で使われるこんなパーツなのです。

Tecnologia
-----image(”Archimede Solar Receiver Tube - HEMS11”) : Archimede Solar Energy : Archimede Solar Receiver Tube - HEMS11より

- Archimede Solar Energy : Archimede Power Plant – ENEL - Priolo Gargallo (SR)

Enel6
-----image[上下とも”Archimede Power Plant – ENEL - Priolo Gargallo (SR)”] : 上記サイトより-----
Priolo2_b
(上は、太陽熱発電施設とガス-コンバインドサイクルの複合発電。そのシステム概念図となります。)

Chiyoda and Archimede Solar Energy Sign Cooperation Agreement to Develop CSP Plant Projects in MENA Region-----Chiyoda Corporation,June 20, 2011


追加情報
千代田化工、伊Archimede Solar Energyと共同で、溶融塩トラフ型太陽熱発電デモンストレーションプラントを建設-----ソフトエネルギー、2013/07/23


参考
集光型太陽熱発電 Concentrating Solar Power(CSP) / 自然エネルギーの世界-----自然エネルギー、2011/01/29

太陽熱発電 / 自然エネルギーの世界-----自然エネルギー、2010/12/15

IEA、太陽電池(PV)と集光型太陽光発電システム(CSP)により、2050年には世界の20-25%の電力を得ることができるという試算を公開-----ソフトエネルギー、2010/06/23

-----Google GreenPost関連サイト内検索 : CSP-----

[ カテゴリー : 太陽熱利用 ]

・Wikipedia : Parabolic trough


おすすめエントリー
週刊GreenPost 44号 - しなやかな技術研究会 2012/10/15-19日版



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« GEとXtreme Powerが、NaMxバッテリー”Durathonバッテリー Durathon Batteries”を市場展開へ | トップページ | ミニストップ、900店舗に合計10MWpの太陽光発電を導入する計画を発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 千代田化工建設、イタリアの太陽熱受容チューブメーカーのArchimede Solar Energyに15%出資:

« GEとXtreme Powerが、NaMxバッテリー”Durathonバッテリー Durathon Batteries”を市場展開へ | トップページ | ミニストップ、900店舗に合計10MWpの太陽光発電を導入する計画を発表 »