« 富士通とレオパレス21、福島県でアパート約60棟を結ぶ仮想型太陽光発電所の実証事業を開始 | トップページ | 東芝、神戸製鋼、慶大らは、南淡路市において風力と太陽熱と木質バイオマスのバイナリー発電のハイブリッドシステムの実証へ »

三井化学、ジャパンブルーエナジーら4社、出雲市のプラントで下水汚泥から水素ガスを製造する実証試験に着手

 三井化学、ジャパンブルーエナジーら4社は、ジャパンブルーエナジーの島根県出雲市のBLUEタワー(R)実証プラントを利用し、下水汚泥から水素ガスを製造する実証試験に着手したと発表しました。

 4社とは、ジャパンブルーエナジー、大和リース、豊田通商、及び三井化学で、HIT事業研究会(HIT :Hydrogen Innovation Town)を発足させ、ジャパンブルーエナジーが保有するバイオマスガス化技術「BLUEタワー(R)技術」を利用することにより、その多くが焼却処分されている下水汚泥から水素を製造する技術の確立、そして得られた成果を生かしてその技術の流通・販売等を共同事業として推進していくとのことです。


プレスリリース / 三井化学、2012年9月10日
下水汚泥を原料とするバイオ水素の製造実証に着手

Pict_0910_01
-----image : 同リリースより

"–地産地消型の水素イノベーションタウンの実現に向けて–

 株式会社ジャパンブルーエナジー(略)、大和リース株式会社、豊田通商株式会社及び三井化学株式会社の4社は、HIT事業研究会(HITとは、「Hydrogen Innovation Town」を意味する。)を発足させ、下水汚泥から水素ガスを製造する実証試験に着手しました。

(大和ハウス工業株式会社、トヨタ自動車株式会社がオブザーバーとして参加しています。)

1. HIT事業研究会とは?

 HIT事業研究会は、JBECが所有するバイオマスガス化技術「BLUEタワー(R)技術」を利用することにより、現在一般的である化石燃料からの水素製造ではなく、その多くが焼却処分されている下水汚泥からの水素製造を目指しています。
 各地の下水処理場にBLUEタワー(R)技術を導入することで、将来普及が見込まれる燃料電池自動車(FCV)や定置型燃料電池等へ水素を供給し、地産地消型の水素イノベーションタウンの実現(低炭素・循環型の街づくり)に貢献したいと考えております。
 HIT事業研究会は、参加する各社の専門的な知見、人材、ネットワーク等を結集し、バイオ水素「BLUE水素(R)」に関する技術ライセンス、プラント建設、製造水素の流通・販売等を共同事業として推進していきます。
..........
2. 下水汚泥からの水素ガス製造

 HIT事業研究会は、JBECが所有する島根県出雲市のBLUEタワー(R)の実証プラントにおいて、下水汚泥を原料としてバイオ水素を製造する実証試験に着手しました。
 これまでの試験では、BLUEタワー(R)技術を用いて下水汚泥を加熱ガス化することにより、水素を主成分とするガスが得られ、バイオ水素の原料としての「下水汚泥」の持つポテンシャルが確認できました。
今後、実証プラントでの連続運転試験により、バイオ水素の製造技術を確立するとともに、商用規模のバイオ水素製造プラント、モデル事業の構築を目指します。

<参考> BLUEタワー(R)技術
 BLUEタワー(R)技術の最大の特長は、熱媒体としてアルミナボールを使用することにあります。熱分解器において、木質チップや下水汚泥等のバイオマス原料が、高温に加熱された多量のアルミナボールに接触することでメタン等のバイオガスが発生します。さらに改質器において、バイオマスガスがより高温のアルミナボールと水蒸気に接触し、水蒸気改質反応等を経て、バイオ水素が製造されます。このアルミナボールの循環によって、熱が各部に伝わるだけでなく、従来プラントの機器トラブル(閉塞等)の主要因となるタールの発生抑制・除去を可能としています。

Pict_0910_02

-----image : 同リリースより

*「BLUEタワー(R)」「BLUE水素(R)」は、株式会社ジャパンブルーエナジーの商標登録です。
.......... "

関連
ジャパンブルーエナジー
- 世界初商用サイズのバイオマス水素製造プラントである、(株)イデックスエコエナジーの福岡ブルータワーの竣工式が行われました。(2011年10月17日竣工式)[動画]
/ ブルータワー技術

追加情報
三井化学、ジャパンブルーエナジーら、宮古市のプラントでバイオマス由来の「電気・熱・水素」の再生可能エネルギーを生産、活用する取り組みに着手-----ソフトエネルギー、2012/12/11


おすすめエントリー
GreenPost 39号 - しなやかな技術研究会 2012/9/10-日版

富士通とレオパレス21、福島県でアパート約60棟を結ぶ仮想型太陽光発電所の実証事業を開始-----ソフトエネルギー、2012/9/10

GreenPost38号[再生可能エネルギーニュース] 2012/9/3-7日版-----再生可能エネルギー GreenPost、2012/9/9




自然エネルギー関連情報 / 2012 - 8月 GreenPost




ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« 富士通とレオパレス21、福島県でアパート約60棟を結ぶ仮想型太陽光発電所の実証事業を開始 | トップページ | 東芝、神戸製鋼、慶大らは、南淡路市において風力と太陽熱と木質バイオマスのバイナリー発電のハイブリッドシステムの実証へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三井化学、ジャパンブルーエナジーら4社、出雲市のプラントで下水汚泥から水素ガスを製造する実証試験に着手:

« 富士通とレオパレス21、福島県でアパート約60棟を結ぶ仮想型太陽光発電所の実証事業を開始 | トップページ | 東芝、神戸製鋼、慶大らは、南淡路市において風力と太陽熱と木質バイオマスのバイナリー発電のハイブリッドシステムの実証へ »