« 三菱重工、メキシコの50MW ロス・アスフレスLos Azufres 3 地熱発電プラントを受注 | トップページ | 三井化学、ジャパンブルーエナジーら4社、出雲市のプラントで下水汚泥から水素ガスを製造する実証試験に着手 »

富士通とレオパレス21、福島県でアパート約60棟を結ぶ仮想型太陽光発電所の実証事業を開始

 富士通とレオパレス21は、福島県のレオパレス21 アパート60棟に相当する、出力合計1メガワット の規模の太陽光発電所をICT(Information and Communication Technology)、つまり情報・通信に関連する技術を屈指して分散する太陽光発電所を結び、仮想型太陽光発電所の実証事業を開始すると発表しました。

 具体的には、アパートの屋根という類似の条件で一致する屋根貸しという太陽光発電所の統一した枠組みでの、監理、発電状況の把握からメンテナンス、そして事業としての評価までを総合的に評価するしくみの構築を目指しているようです。

 今年の7月1日に施行された再生可能エネルギーの固定価格買取制度により、アパートで自家消費するのではなく、屋根を貸して発電事業を行うケースが増えています。今回のケースでは、実際にどう機能し、発電源として貢献できるのか? も是非事業性とともに評価していただきたいところです。

  今回の取り組みは、平成24年度住宅用太陽光発電高度普及促進復興対策事業(福島実証モデル事業)として、「再生可能エネルギーの先駆けの地」の実現を目指す福島県において、太陽光発電の新たな普及モデルとなり得る先進的な事業を実施し、その有効性を検証するという事業に採択されている案件です。その具体的な成果を、わかりやすい形でまとめ、発信する事業となるように期待しています。


プレスリリース / 富士通、2012年9月6日
富士通とレオパレス21、福島県で仮想型太陽光発電所の実証事業を開始

61c
-----image(”アパートの屋根に設置された太陽光パネル”) : 同リリースより

”「ICT技術」と「屋根貸し太陽光発電事業」の融合に基づく実証検証

 富士通株式会社(略)、および、株式会社レオパレス21(略)の2社は、このほど福島県下においてICT技術を活用した仮想型太陽光発電所の実証検証を開始します。

 これは、2社が共同で申請した「ICT技術を活用した仮想型太陽光発電所の実証検証」が、一般社団法人太陽光発電協会の「平成24年度住宅用太陽光発電高度普及促進復興対策事業(福島実証モデル事業)」(注1)として採択されたことにより実施するものです。

 本実証の成果を足掛かりに、太陽光発電の普及を推進するとともに、事業を通じて福島県の復興に貢献できるよう努めてまいります。

本実証検証について
1.目的
 「ICT技術を活用した仮想型太陽光発電所の実証検証」を通して本モデルが太陽光発電の普及に有効なモデルであることを実証検証し事業化を検討します。また、本事業を通し太陽光発電の普及、および、福島県の復興に貢献します。

2.実証概要
 レオパレス21が展開する賃貸事業スキーム(一括借上げ方式)を活用し、新たな屋根貸し太陽光発電事業モデルの構築および検証を行い、富士通が点在する太陽光発電システムをICT技術の活用によって仮想的に束ね大規模な仮想発電所を実現するための事業検討を行います。

61a

-----image : 同リリースより

 さらに、本事業で設置した太陽光発電システムの発電情報を可視化し、地域住民に情報公開することにより、太陽光発電普及活動の促進を後押しするポータルサイトの開発を実施します。

61b

-----image : 同リリースより

3.プロジェクト概要
実証地域 福島県全域
実証規模 福島県全域出力合計1メガワット 規模の仮想発電所
(レオパレス21 アパート60棟相当)
実証期間 2012年9月から2014年2月末まで
..........
注釈

注1 平成24年度住宅用太陽光発電高度普及促進復興対策事業(福島実証モデル事業):
「再生可能エネルギーの先駆けの地」の実現を目指す福島県において、太陽光発電の新たな普及モデルとなり得る先進的な事業を実施し、その有効性を検証することにより、自律的に太陽光発電の普及が促される仕組みづくりを進めていくことを目的とした事業。
.......... ”

関連
富士通とレオパレス21、福島県で仮想型太陽光発電所の実証事業を開始-----レオパレス21、平成24年9月6日

福島実証モデル事業の公募(第2次)について-----福島県

"..........
6 応募期間

 平成24年9月13日(木)~平成24年10月22日(月) 17時00分(必着)
.........."

追加情報
67棟で1.2MW、約400世帯分の電力供給 ~福島県で仮想型太陽光発電所の実証事業本格始動~-----レオパレス21、平成25年1月31日


参考エントリー
盛ってますね、太陽電池! セキスイの”10kWp超”太陽光発電付き賃貸住宅-----再生可能エネルギー GreenPost、2012/7/25

JX日鉱日石エネルギー、築45年の社宅を燃料電池+太陽光発電+蓄電池に省エネ快適プラン、そしてHEMSを導入し再価値化-----ソフトエネルギー、2012/07/23

街のあちこちに生まれる太陽光発電所 再生可能エネルギーまめ知識 / p2 - ■集合住宅、アパートが太陽光発電所になる!

おすすめエントリー
GreenPost 39号 - しなやかな技術研究会 2012/9/10-日版

GreenPost38号[再生可能エネルギーニュース] 2012/9/3-7日版-----再生可能エネルギー GreenPost、2012/9/9

GreenPost39号[再生可能エネルギーニュース] 2012/9/10-日版-----しなやかな技術研究会




ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« 三菱重工、メキシコの50MW ロス・アスフレスLos Azufres 3 地熱発電プラントを受注 | トップページ | 三井化学、ジャパンブルーエナジーら4社、出雲市のプラントで下水汚泥から水素ガスを製造する実証試験に着手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士通とレオパレス21、福島県でアパート約60棟を結ぶ仮想型太陽光発電所の実証事業を開始:

« 三菱重工、メキシコの50MW ロス・アスフレスLos Azufres 3 地熱発電プラントを受注 | トップページ | 三井化学、ジャパンブルーエナジーら4社、出雲市のプラントで下水汚泥から水素ガスを製造する実証試験に着手 »