« 共同通信、主要企業109社「エネルギー政策と景気に関するアンケート」を実施。原発に代わる電力源として全体の30%余りが再エネを | トップページ | 東京都、「長寿命環境配慮住宅モデル事業」の府中市のモデルハウスを9月より公開 »

イギリス、スコットランド、2020年までに1.6GW規模の海洋エネルギー開発を行うプロジェクトを正式にスタート

 イギリスのエネルギー・気候変動省 Department of Energy & Climate Change(DECC)は、世界の海洋エネルギー開発をリードするEuropean Marine Energy Centre (EMEC)もある海域に、2020年までに1.6GW規模の海洋エネルギー開発を行うプロジェクトを正式にスタートしました。プロジェクト名は、Pentland Firth and Orkney Waters Marine Energy Parkです。

 欧州海洋エネルギーセンター European Marine Energy Centre(EMEC)については、過去何度も紹介した記事を掲載してきました。以下にインデックスがあります。よろしければご覧ください。

欧州海洋エネルギーセンター European Marine Energy Centre(EMEC) / 情報のまとめ-----ソフトエネルギー、2012/03/14


 さて、ペントランド海峡&オークニー水道海洋エネルギーパーク Pentland Firth and Orkney Waters Marine Energy Parkは、イギリス政府およびスコットランド政府、そして地元(オークニー諸島、HI-energy開発公社)の合意のもとに、この地域において強力に波力・潮力による海洋発電の開発を促進することを目的としたもので、EMECで得られた知見などをより実際的なプロジェクトで展開することを目的としています。HI-energy開発公社のサイトで公開されているプロジェクトマップには、すでに具体的な波力、および潮流発電に関するプロジェクトの検討が行われてきたことが示されています。

 イギリスは、波力や潮力などの海洋エネルギーの利用による発電により、2050年には、石炭発電所8基に相当する27GW分の発電規模を見込んでいます。さらに、これらの同地域のプロジェクトは、世界の海洋エネルギー開発センターの役割も担っています。エネルギーの自給による自治により、地域のエネルギーの独立を強く志向するスコットランドには、海洋エネルギー以外にも風力発電に適した地域も多く、その自立の実現性はに向けての強いリーダシップに世界中の目が集まっているといえます。


プレスリリース / Department of Energy & Climate Change(DECC),30 JULY 2012
THE PENTLAND FIRTH AND ORKNEY WATERS GET ON BOARD WITH MARINE POWER

Greg Barker at Scrabster Harbour
-----image(”Greg Barker MP at Scrabster Harbour, 30 July 2012.”) : Flickr DECCgovuk's photostreamより

"The Pentland Firth and Orkney Waters in the North of Scotland will today confirm their place on the global marine energy map with the launch of the area as a Marine Energy Park. Energy and Climate Change Minister Greg Barker will welcome the launch of the marine park during a visit to Thurso in Caithness, where he is set to address key players from across the marine renewable energy industry.
The Pentland Firth and Orkney Waters Marine Energy Park will incorporate the world-leading European Marine Energy Centre (EMEC) which attracts developers from across the world and where testing of a wide range of wave and tidal energy devices is already under way.
The purpose of the park is to heighten the international profile of the region and its reputation as a world leader in marine energy. The park will build on collaborative partnerships in the region between government on the main land and the Orkney Islands, Highlands and Islands Enterprise(HIE), plus a cluster of local expertise and renewable resource in the area, to help speed up progress of marine power development.
Energy from waves or tides has the potential to generate 27GW of power in the UK alone by 2050, equivalent to the power generated from eight coal fired power stations. A move to marine power can also help cut emissions and tackle climate change.

.......... "

関連
HI-energy / HI-marine Energy Park

Pentland_firth_and_orkney_waters_ma
-----image(”Pentland Firth and Orkney Waters Round 1 Development Sites”) : 上記サイト「HI-marine Energy Park Brochure.pdf(1.30 MB)」より

"HI-marine Energy Park
Scotland’s First Marine Energy Park
The Pentland Firth and Orkney Waters around the North of Scotland are home to some of the world’s best wave and tidal energy resources and is already the location of choice for wave and tidal energy developers from throughout the world.
..........
Mission statement for The Pentland Firth and Orkney Waters Leadership Forum
“Working together to lead the effective and timely delivery of up to 1.6GW of wave and tidal energy in the Pentland Firth and Orkney Waters by 2020, and in doing so, supporting the creation of a new, commercial scale marine energy industry and secure maximum economic and social benefit for Caithness, Orkney, the wider Highlands and Islands, and Scotland”.
.......... "

- 30 July 2012 The Pentland Firth and Orkney waters get on board with marine power

Marine Energy Park launched for seas around Orkney-----Orkney Islands Council,30 July 2012

イギリス、ペントランド海峡・オークニー海域を海洋エネルギーパークに認定-----EICニュース、2012.07.30

コメント続き

 スコットランドは、世界の海洋エネルギー開発のセンターになっています。中国、日本、アメリカ、カナダ、ニュージーランドと研究開発における協定を結び、最近では、今回のプロジェクトでも中心的な役割を果たす、HI-energy開発公社が韓国とも協定を、つい先日結びました。

Orkney energy experts hook up with South Korea-----HI-energy,17 August 2012

関連動画
HI-energy Promo - May 2012

(HIenergyScotland,2012/05/23)

£18 million marine energy fund

(scottishgovernment,2012/05/23)
- scottishgovernment,2008/11/30 : Marine Energy Facts

参考エントリー
スコットランドの自然エネルギー-----自然エネルギー、2011/01/04

海洋エネルギー資源利用推進機構、イギリス EMEC のアドバイスを受けながら海洋エネルギー開発のための実証実験場を整備-----ソフトエネルギー、2012/03/13

[ カテゴリー : 潮汐力・海流など海洋エネルギー ]


おすすめエントリー
GreenPost - しなやかな技術研究会 2012/8/21-日版

いすゞ自動車、大型路線バス「エルガハイブリッド」を発表-----しなやかな技術研究会、2012/08/20

共同通信、主要企業109社「エネルギー政策と景気に関するアンケート」を実施。原発に代わる電力源として全体の30%余りが再エネを-----ソフトエネルギー、2012/08/20

三重と愛知県、木曽岬干拓地メガソーラー(30~35メガワット程度)に係る事業者の公募を開始-----自然エネルギー、2012/08/03

京セラら、鹿児島に70MWpの太陽光発電事業を行う事業会社を設立。完成は2013年秋の予定-----再生可能エネルギー GreenPost、2012/8/1




ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« 共同通信、主要企業109社「エネルギー政策と景気に関するアンケート」を実施。原発に代わる電力源として全体の30%余りが再エネを | トップページ | 東京都、「長寿命環境配慮住宅モデル事業」の府中市のモデルハウスを9月より公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イギリス、スコットランド、2020年までに1.6GW規模の海洋エネルギー開発を行うプロジェクトを正式にスタート:

« 共同通信、主要企業109社「エネルギー政策と景気に関するアンケート」を実施。原発に代わる電力源として全体の30%余りが再エネを | トップページ | 東京都、「長寿命環境配慮住宅モデル事業」の府中市のモデルハウスを9月より公開 »