« イベント9/14-30 ソーラーデカスロン・ヨーロッパ Solar Decathlon Europe 2012 | トップページ | プラネットソーラー PLANETSOLAR、世界初の大型ソーラー船による世界一周の旅を達成 »

本・資料「自然エネルギー白書2012」環境エネルギー政策研究所(ISEP)

  環境エネルギー政策研究所(ISEP)は、日本国内を中心とした自然エネルギー政策の状況や様々な自然エネルギーについて、3.11後の最新動向をまとめた「自然エネルギー白書2012」を昨年に引き続き、編纂したと発表しました。
 2011年版は自然エネルギー政策プラットフォームのサイトにPDF版で公開されています。日本の、そして世界の再生可能エネルギー、自然エネルギーの現状を伝える貴重な資料として重宝させていただいています。

 そして、今回の自然エネルギー白書2012は、2011年の発行版がA4版並製(世界白書版)だったのに対して、A5判並製で272ページの単行本版となり、七つ森書館より発行されました。価格は1,600円(税別)で全国の書店にて販売されます。

 ちなみにISEPからだと100円引きの特別価格1,500円(税込)で購入できるそうです。税考えると結構お得です!


プレスリリース / 環境エネルギー政策研究所(ISEP)、2012/05/01
最新版「自然エネルギー白書2012」を発刊

Jsr2012_cover
-----image : 同書案内よりカバー

" 認定NPO法人  環境エネルギー政策研究所(ISEP)は、日本国内を中心とした自然エネルギー政策の状況や様々な自然エネルギーについて、3.11後の最新動向をまとめた「自然エネルギー白書2012」を昨年に引き続き編纂しました。この「自然エネルギー白書2012」は七つ森書館より本日5月1日に発刊され、全国の書店で販売されると共に、当研究所でも特別価格で販売を行います。

3.11後の自然エネルギー革命へ。本書では、世界で急成長する自然エネルギーについて日本の現況と本格導入への見通しを分析しています。太陽光、風力、地熱、小水力、バイオマス、太陽熱など、自然エネルギー政策の具体的課題から、地域別ポテンシャルや事業化モデル、中長期シナリオまで、それぞれの専門家が紹介し、実現に向けた提言をしています。まさに日本の自然エネルギーの姿がこの白書には凝縮されています。

この歴史的な転換期にあって、これまでも、そして今後とも、原発にも化石燃料にも依存しない、民主的で地域自立型の持続可能なエネルギー社会を実現してゆくことは、ますます重要になっています。この自然エネルギー白書が、日本社会にそうした道筋を指し示す道しるべになることを願っています。

編集:認定NPO法人
協力:自然エネルギー政策プラットフォーム(JREPP)ほか
発行:七つ森書館
発行日:2012年5月1日
定価: 1,600円(税別) 全国の書店にて販売
特別価格:1,500円(税込)ISEPより販売
..........
”主な内容:
本書では、世界で急成長する自然エネルギーについて日本の現況と本格導入への見通しを分析しています。太陽光、風力、地熱、小水力、バイオマス、太陽熱など、自然エネルギー政策の具体的課題から、地域別ポテンシャルや事業化モデル、中長期シナリオまで、それぞれの専門家が紹介し、実現に向けた提言をしています。

第1章: 国内外の自然エネルギーの概況
世界と日本の自然エネルギー政策/世界と日本の自然エネルギー・トレンド……

第2章: 国内の自然エネルギー政策
3.11後のエネルギー政策/東北復興エネルギー戦略/
固定価格買取制度(FIT)のゆくえ/電力自由化と系統接続の課題/
エネルギーシフトへの市民運動/世界と日本の自治体の自然エネルギー政策……

第3章: 自然エネルギーのトレンドと現況
太陽光発電/風力発電/小水力発電/地熱発電/バイオマス発電/
海洋エネルギーによる発電/太陽熱発電/地熱直接利用および地中熱/
バイオマス熱利用……

第4章: 自然エネルギー長期シナリオ
3.11後の中長期シナリオ/世界シナリオ/ヨーロッパのシナリオ/
自然エネルギーの将来展望Global Futures Report/
自然エネルギー導入シナリオ……

第5章: 地域における導入状況とポテンシャル
地域での取り組みとその可能性/地域別の導入状況/
地域別の導入ポテンシャル……

第6章: 自然エネルギー政策への提言
自然エネルギー政策への提言/おわりに”
-----プレスリリース本文(Web)より
.......... "

関連
環境エネルギー政策研究所(ISEP) : 自然エネルギー白書2012

七つ森書館 : 自然エネルギー白書2012

" 3.11は世界を大きく変えた。本書は、世界で急成長する自然エネルギーについて日本の現況と本格導入への見通しを分析する。太陽光、風力、地熱、小水力、バイオマス、太陽熱などーーそれぞれの導入量から事業化モデル、風力ポテンシャル・マップなどを90点の図表で具体的に提示。自然エネルギー政策の具体的課題から中長期シナリオまで、それぞれの専門家が実現に向けて提言します。 "

自然エネルギー政策プラットフォーム : 自然エネルギー白書2011 / 自然エネルギー白書2011*左記ページでPDF版が公開されています。

関連エントリー
ISEP、自然エネルギー世界白書2011 日本語版を公開、配布開始-----ソフトエネルギー、2012/02/03

ISEP、待望の自然エネルギー白書2010 全文をPDFで公開-----ソフトエネルギー、2011/02/25

おすすめエントリー

日本最大のメガソーラー 扇島太陽光発電所(川崎市) 13MWp-----再生可能エネルギー GreenPost、2012-05-04

環境省、再生可能エネルギー等導入推進基金の交付先、13都道府県、2指定都市を発表-----自然エネルギー、2012/05/04



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2-----しなやかな技術研究会 まとめ

[PR]

|

« イベント9/14-30 ソーラーデカスロン・ヨーロッパ Solar Decathlon Europe 2012 | トップページ | プラネットソーラー PLANETSOLAR、世界初の大型ソーラー船による世界一周の旅を達成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本・資料「自然エネルギー白書2012」環境エネルギー政策研究所(ISEP):

« イベント9/14-30 ソーラーデカスロン・ヨーロッパ Solar Decathlon Europe 2012 | トップページ | プラネットソーラー PLANETSOLAR、世界初の大型ソーラー船による世界一周の旅を達成 »