« おすすめエントリー ”あ、ここ大事です。” | トップページ | Q-cells 堕つ! ドイツの太陽電池大手のQセルズが経営破綻 »

NEDO、太陽光発電の発電量把握のための日射量データベースなどをバージョンアップ。Web版も公開

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、太陽光発電の発電量把握のための日射量データベース、および閲覧ツールを公開しました。今回公開されたバージョンは、データベースの統計期間を更新、また地点、方位、傾斜角等を選択すれば、日射量データをより容易に表示することが可能になりました。さらに、これまでのダウンロード版に加えWEB版も公開され、より簡単に情報を得ることができるようになりました。

 太陽電池の取り付け地点での、方位、傾斜角については、最大の日射量を受ける内容を把握できるなど、太陽光発電を設置する際のおおよその日射量を把握することができるので便利です。ただし、実際の発電量については、太陽電池の実発電量のデータにより補正したり、公開されている発電効率からおおよその発電量を別途計算する必要があります。簡易でもいいので、計算式を公開していただきたかったです。

 
プレスリリース / 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、2012年3月30日
日本各地の太陽光発電量推定をより正確・容易に 日射量データベースをリニューアル

Nedopvpowera
-----image : 日射量データベース閲覧システム WEB版サイトより。上下とも-----
Nedopvradmap

" NEDOは、ホームページで公開している「日射量データベース(※)」を3月30日付でリニューアルしました。  このデータベースは、日本の800以上の地点における任意の角度、方位での月別、時間別の日射量を把握することができるものです。(1)太陽光発電システムの設置・施工事業者がパネルを取り付ける場合の発電量を推定するためのツール、(2)学生などが自分の住む場所や日本全体の日射量を学習する手段などとして広く活用されています。  今回のリニューアルでは、日射量のデータを最新のものに更新したことで、最近の気候を反映したより実態に即した発電量を推定することができるようになりました。また、より操作・利用しやすいように表示方法を変更しました。さらに、これまではデータベースを利用するためには一旦ダウンロードする必要がありましたが、今回のリニューアルではWEB上でも直接容易に使えるようになりました。

日射量データベース閲覧システムのサイト

本データベースは、一般財団法人日本気象協会に委託した事業の成果です。

1.日射量データベースのリニューアル内容
(1)データベースの統計期間の更新
 統計期間を最近のものに更新しました。これにより、より実態に即した日射量を把握することができるようになりました。
年間月別日射量データベース(MONSOLA-11) 1961年~1990年 ⇒ 1981年~2009年
年間時別日射量データベース(METPV-11) 1990年~2003年 ⇒ 1990年~2009年
(2) 表示方法の変更
 これまでは、年間月別日射量データベース(MONSOLA-11)と年間時別日射量データベース(METPV-11)は、全く別のデータベースとなっていましたが、今回のリニューアルにより、どちらかのデータベースで地点、方位、傾斜角等を選択すれば、そのままもう一方のデータベースでも同地点、同条件の日射量データを容易に表示することが可能になりました。

(3)WEB機能の追加
 これまでは、本データベースを利用するためには、一旦、ダウンロードを行う必要がありましたが、インターネット上で直接データベースを操作することが可能な機能(WEB機能)を追加し、より使いやすくなりました。

(4)データ収録地点の増加
 データ収録地点数を増やし、よりきめ細かい地点の表示ができるようにしました。

年間月別日射量データベース(MONSOLA-11) 801地点 ⇒ 837地点
年間時別日射量データベース(METPV-11) 836地点 ⇒ 837地点

2.データベースの詳細について
(1) 年間月別日射量データベース(MONSOLA-11)(統計期間:1981年~2009年)
 年間、月間通して得られる日射量を把握するためのデータベースです。これを用いることにより、太陽光発電モジュールへの方位角別、傾斜角別の月間総日射量を表示でき、年間・月間発電量を推計するのに役立ちます。

100485104
-----image(”年間月別日射量データベース(MONSOLA-11)の画面表示例”) : 同リリースより

 また、本データベースの日射量データを日本地図上にマップ化したものを表示することができ、月別及び年平均の日射量の地理的分布を把握することができます。

100485115
-----image(”年間月別日射量データベース(MONSOLA-11)の画面表示例”) : 同リリースより

100485112

-----image(”全国日射量マップの画面表示例”) : 同リリースより

(2) 年間時別日射量データベース(METPV-11)(統計期間:1990年~2009年)
 1日における時間別の日射量を把握するためのデータベースです。これを用いることにより、各時間の方位角別、傾斜角別の日射量が算出でき、方位別・傾斜別の発電量の推計に役立ちます。その他、降水量や気温等も把握することができます。

100485111
-----image(”年間時別日射量データベース(METPV-11)の画面表示例”) : 同リリースより

3.日射量データベース閲覧システムの利用案内

 本データベースはWEB版とダウンロード版があります。詳細については以下のサイトをご覧ください。
"http://www.nedo.go.jp/library/nissharyou.html"target="_blank">日射量データベース
.......... "

関連
日射量データベース
- 日射量データベース閲覧システム WEB版

コメント続き
 設置する太陽電池の日発電量は、以下の式でおおよそ計算できます。あくまでも目安です。

 太陽電池モジュール発電量[kWh/日]=太陽光発電システム定格出力[kW(p)]*傾斜面日射量[kWh/m2・日]*k[総合補正係数]

 計算例 3 kW(p)/日 * 3.3 kWh/m2・日 * 0.8 = 7.92 kWh/日
(総合補正係数は、0.65~0.8程度)

*日射量単位変換   [MJ/m2]÷3.6=[kWh/m2]

おすすめエントリー
シーメンス Siemensが海洋エネルギーへの取り組みを強化。SeaGen 潮流発電プロジェクト-----再生可能エネルギー GreenPost,2012-04-02

台風1号 パカー PAKHARが発生し93時間の寿命をまっとう、カンボジア付近で消滅-----しなやかな技術研究会、2012/04/02


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします! 上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。


greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost ---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2

[PR]

|

« おすすめエントリー ”あ、ここ大事です。” | トップページ | Q-cells 堕つ! ドイツの太陽電池大手のQセルズが経営破綻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27110/54369570

この記事へのトラックバック一覧です: NEDO、太陽光発電の発電量把握のための日射量データベースなどをバージョンアップ。Web版も公開:

« おすすめエントリー ”あ、ここ大事です。” | トップページ | Q-cells 堕つ! ドイツの太陽電池大手のQセルズが経営破綻 »