« キューデン・エコソル、ソーラーフロンティアの50kWp太陽光発電システムをリース方式で宮崎空港ターミナルビルへ提供 | トップページ | 福島県沖の浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業の2015年までの内容と実施体制が発表されました »

ソフトバンクグループのSBエナジー、京都市2.1MW×2基、群馬県榛東村2.4MW、徳島県2.8MW×2基メガソーラー建設計画を発表

 ソフトバンクグループで自然エネルギー事業などを行うSBエナジーは、京都市2.1MW×2基合計4.2MWp、群馬県榛東村約2.4MWp、徳島県約2.8MWpのメガソーラー建設計画を行うと発表しました。

 京都市のプロジェクトは、いずれも同市の所有する土地2箇所でそれぞれ2.1MWpのメガソーラー計画を京セラの太陽電池を使って行い、4月中に施工を開始し、半分が2012年7月1日(日)、残りが2012 年 9 月 1 日(土)の運転開始を目指すということです。
 群馬県榛東村のプロジェクトでも、榛東村の所有地で、約 2.4MWpのメガソーラー計画をシャープの太陽電池を使い、同じく4月中に施工を開始し、2012年7月1日(日)の運転開始を目指すということです。

 さらに、詳細がこれから決まるとされる徳島県のプロジェクトでは、徳島県内の徳島空港臨空用地に約2.8MWp、徳島小松島港赤石地区において約 2.8MWpの大規模太陽光発電所を建設し、再生可能エネルギーの全量買取制度が開始される 2012年7月1日(日)以降のできるだけ早いタイミングでの運転を開始したいということです。

 同じタイミングで、進められるソフトバンクグループのSBエナジーのメガーソーラー計画、その姿が具体的になるにつれ、さらに注目を集めそうです。具体的に成功していくことで、計画発表から、完成まで約3ヶ月。工期の速さが太陽光発電の大きなメリットと認識されることになりそうです。

SBエナジー ニュース / 2012年3月5日 大規模太陽光発電所(メガソーラー)の建設について更新しました

" 大規模太陽光発電所(メガソーラー)

全国に複数拠点、合計200MW以上の規模で建設に向けて検討中。
進捗はこちらで報告致します。

京都市でのメガソーラー発電所の建設について こちら (PDF,2012/3/5 更新)
”京都市でのメガソーラー発電所の建設について

 ソフトバンクグループで自然エネルギー事業などを行う SB エナジー株式会社(略)は、2012年3月5日(月)、京都市による京都市水垂埋立処分場における大規模太陽光(メガソーラー)発電所設置事業者の公募案件において、発電事業者に決定しました。SB エナジーでは 2012 年 4 月中にメガソーラー発電所建設の施工を開始し、再生可能エネルギーの全量買取制度が開始される 2012 年7月1日(日)のメガソーラー発電所運転開始を目指します。
 今回 SB エナジーは、京都市で出力規模約 2.1MW のメガソーラー発電所を 2 基(合計:約 4.2MW)建設します。発電所建設の設計・調達・建設を担う EPC※1 として参加する京セラグループの株式会社京セラソーラーコーポレーション(本略)と施工業者の京セラコミュニケーションシステム株式会社(略)の協力のもと、京都市と連携して2012年4月中に施工を開始し、2012年7月1日(日)の運転開始※2 を目指します。

※1 Engineering, Procurement and Construction の略で、建設において設計・調達・建設を行う事業者を指す呼称として用いられます。
※2 第 1 基の運転開始を 2012年7月1日(日)に予定しており、第2基の運転開始は2012年9月1日(土)を予定しています。
SB エナジーは今後も自然エネルギーの普及・拡大を目指し、メガソーラーをはじめとする自然エネルギー発電所の建設と運営を推進します。
 今回建設予定のメガソーラー発電所概要は以下の通りです。

(仮称)京都市水垂埋立処分場メガソーラー発電所
所在地
 京都府京都市伏見区淀水垂町および淀樋爪町地内の京都市所有地
敷地面積 最大 89,800 ㎡(調整中)
出力規模 約 2.1MW(約 2,100kW)×2 基 計約 4.2MW(約 4,200kW)
年間予想発電量 約 420 万 kWh/年
一般家庭約 1,000 世帯分の年間電力消費量に相当
EPC 株式会社京セラソーラーコーポレーション
施工 京セラコミュニケーションシステム株式会社
運転開始予定
第 1 基:2012 年 7 月 1 日(日)
第 2 基:2012 年 9 月 1 日(土)
.......... ”

群馬県榛東村でのメガソーラー発電所の建設について こちら (PDF,2012/3/5 更新)
”群馬県榛東村でのメガソーラー発電所の建設について

ソフトバンクグループで自然エネルギー事業などを行う SB エナジー株式会社(略)は、2012年3月5日(月)、群馬県北群馬郡榛東村(以下「榛東村」)にて大規模太陽光(メガソーラー)発電所建設用地を選定し、メガソーラー発電所建設について榛東村と合意しました。SB エナジーでは 2012年4月中にメガソーラー発電所建設の施工を開始し、再生可能エネルギーの全量買取制度が開始される 2012年7月1日(日)のメガソーラー発電所運転開始を目指します。
 今回 SB エナジーは、榛東村にて出力規模約 2.4MW のメガソーラー発電所を建設します。EPC※のシャープ株式会社(略)と、土木関連施工を行う株式会社佐藤建設工業(略)の協力のもと、榛東村と連携し、2012年4月中に施工を開始し、2012 年 7月1日(日)の運転開始を目指します。
..........
今回建設予定のメガソーラー発電所概要は以下の通りです。
(仮称)群馬県北群馬郡榛東村メガソーラー発電所
所在地 群馬県北群馬郡榛東村八州高原内の榛東村所有地
敷地面積 最大 49,300 ㎡(調整中)
出力規模 約 2.4MW(約 2,400kW)
年間予想発電量約 268 万 kWh/年
一般家庭約 640 世帯分の年間電力消費量に相当
EPC シャープ株式会社
施工 株式会社佐藤建設工業 (土木施工)
運転開始予定 2012 年 7 月 1 日(日)
.......... ”

徳島県でのメガソーラー発電所の建設について こちら (PDF,2012/3/5 更新)
”ソフトバンクグループで自然エネルギー事業などを行う SB エナジー株式会社(略)は、2012年3月5日(月)、徳島県の空港臨空地区、赤石地区における大規模太陽光(メガソーラー)発電所設置事業者の公募案件において、発電事業者に決定しました。
 今回 SB エナジーは、徳島県内の徳島空港臨空用地において出力規模約 2.8MW、敷地面積 33,209 ㎡、徳島小松島港赤石地区において出力規模約 2.8MW、敷地面積 35,000 ㎡のメガソーラー発電所を建設いたします。今後、発電所建設の設計・調達・建設を担う EPC※を選定し、再生可能エネルギーの全量買取制度が開始される 2012年7月1日(日)以降、早期の運転開始を目指してまいります。
.......... ”

.......... "

関連
京都初のメガソーラー発電所に、京セラ製太陽光発電システム採用-----京セラ、2012年03月05日

" ソフトバンクグループのSBエナジーと共同で7月1日運転開始を目指して 京都府内最大容量の合計4.2MW "

追加情報
ソフトバンクと三井物産が鳥取にメガソーラー建設へ-----スポーツ報知、2012年3月8日

" .....総事業費は100億円程度.....鳥取県米子市の崎津地区。約50ヘクタールを利用.....3万キロワットの電力需要をまかなう。..... "

追加情報
ハンファの太陽電池モジュール ソフトバンクに供給へ-中央日報、2012年05月03日

"韓国財閥、ハンファグループの太陽電池事業を手掛けるハンファソーラーワンは3日、ソフトバンクの自然エネルギー事業会社SBエナジーから太陽電池モジュールの供給企業に選定されたと明らかにした。"

参考エントリー
イベント 3/6 自然エネルギー財団国際シンポジウム ドイツでは固定価格買取制度をいかに構想し実現したのか-----ソフトエネルギー、2012/02/28

SBエナジー、北海道の太陽光発電試験場データをリアルタイム公開-----自然エネルギー、2012/02/03



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2

[PR]

|

« キューデン・エコソル、ソーラーフロンティアの50kWp太陽光発電システムをリース方式で宮崎空港ターミナルビルへ提供 | トップページ | 福島県沖の浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業の2015年までの内容と実施体制が発表されました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソフトバンクグループのSBエナジー、京都市2.1MW×2基、群馬県榛東村2.4MW、徳島県2.8MW×2基メガソーラー建設計画を発表:

« キューデン・エコソル、ソーラーフロンティアの50kWp太陽光発電システムをリース方式で宮崎空港ターミナルビルへ提供 | トップページ | 福島県沖の浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業の2015年までの内容と実施体制が発表されました »