« DONG Energy、イングランド沖で世界最大3.6MW×102基、合計367MWの洋上ウインドファーム Walney wind farm の稼働を開始 | トップページ | アメリカエネルギー省、洋上風力発電プロジェクトに6年間で1億8000万ドル、約150億円の補助金を発表 »

デザーテック DESERTEC、2016年にチェニジアの2GW集光型太陽熱発電(CSP)で発電し、高圧直流送電線(HVDC)でイタリアに送電する計画を発表

 北アフリカの地中海沿岸国で再生可能エネルギーを使って発電した電力を、高い効率の送電網も整備し、ヨーロッパに電力を送ろうとする壮大な計画を推進するデザーテック DESERTEC Foundation が具体的なタイムスケジュールを発表しました。

デザーテック DESERTEC がヨーロッパでいよいよ始動。エネルギーは、北は洋上風車から、南は地中海を超えて砂漠からやってくる!-----ソフトエネルギー、2010/01/28

 デザーテック DESERTEC Foundationが最初に選んだ国は、チェニジア Tunisia。地中海に面し、西でアルジェリア、東にリビアと接する、昨年のジャスミン革命で世界から注目された国です。そして、選ばれた技術は、ここ数年で大きく進歩と実績を積んだ集光型太陽熱発電 Concentrating Solar Power(CSP)と効率良く長距離を送電することができるとされる高圧直流送電線(HVDC)です。集光型太陽熱発電(CSP)は、825,000枚の太陽を自動追尾し集光する鏡(ヘリオスタット)で中央のタワーに太陽のエネルギーを集めるもので、出力は2GWだということです。このプロジェクト名「TuNur」は、2014年から開始され、2016年からヨーロッパの700,000の家庭に電力を供給する計画だということです。

 この遠大な計画の成功を占うもうひとつの要素は、おそらくこの計画により、チェニジアの国民が受け取ることが計画されている、新しい産業、新しい仕事、賃金が実際に同国の国民を潤し、計画が歓迎されるものとなるかということです。これを成功させ、さらに北アフリカの他の国や地域へと再生可能エネルギーの発電ネットワークを広げていきたいと考えるデザーテック DESERTEC Foundationにとっては、最大の課題といえるかもしれません。

プレスリリース / DESERTEC Foundation,24Jun.2012
Tunisian Sun Will Light European Homes by 2016

Desertec2012slide03
-----image : 同リリースより「As part of the project, a new High-Voltage Direct Current (HVDC) low loss transmission line is to be laid across the Mediterranean seabed, linking North Africa to Europe. Electricity will be carried from Tunisia to Italy and onwards into Europe, enabling TuNur to deliver electricity to power up to 700 000 European homes on demand day and night.- Image source: DESERTEC Foundation」

" In the sands of North Africa, the DESERTEC Foundation’s vision for a future where the world's deserts supply clean and sustainable energy to the whole of humankind is beginning to take shape. That future begins in the Saharan deserts of Tunisia with a project called "TuNur".

Using thousands of mirrors to track the Tunisian sun to use its heat to generate electricity, the TuNur Concentrating Solar-thermal Power (CSP) plants will ultimately produce 2 Gigawatts of electricity, roughly double the average nuclear power plant. Project developer Nur Energie and its Tunisian partners, led by Top Oilfield Services, plan to construct the project in several phases. The first phase is expected to begin in 2014 and the first electricity exports are set to reach Europe by 2016 via a new low-loss transmission line to Italy. The project has been designed to reduce water requirements to a bare minimum by using a dry, air-based cooling system.

The DESERTEC Foundation is endorsing TuNur and believes that it can serve as a blueprint for the development of further wind and solar projects in the Sahara. The reasons for this are:

The project will focus on maximizing local value creation in Tunisia. It provides the country with the opportunity to begin building a new industrial sector, bringing investment, jobs, and thus economic development. Investment will mainly benefit the southern and interior parts of the country, which look set to become a priority area for development for the Tunisian government. The number of jobs created directly and indirectly over the project’s construction and operational period will come to around 20,000. As well as relying on local partners and management for project development and local engineering firms, the project will also create new manufacturing industries. For example, around 825,000 flat plate mirrors and steel structures known as heliostats will be needed for the 2 Gigawatt project and can be manufactured locally.

TuNur demonstrates DESERTEC’s conviction that investing in renewables where those energy sources are most abundant is the most effective way of protecting the climate. In Tunisia, space is more abundant and the solar radiation is up to three times that of Central Europe. Plants built in such optimal locations produce more electricity and have the potential to replace more conventional, carbon-intensive forms of power. TuNur can provide predictable power production to electricity grids with fluctuating energy sources such as photovoltaic and wind power. Using heat storage tanks, TuNur can produce electricity on demand day and night, delivering enough clean electricity to power 700 000 European homes. TuNur could also supply Tunisians with electricity in the future and is open to discussions about feeding electricity from the TuNur project into the Tunisian grid. At the moment, Tunisian law prevents any company other than state electricity supplier from selling electricity in the country.

Desertech2012slide06
-----image : 同リリースより「The TuNur project will transmit clean and inexhaustible energy from the heart of the desert to European homes whilst, at the same time, bringing jobs, economic development, and export
revenue to Tunisia. TuNur is going to be the blueprint for projects to come. - Image source: BrightSource」
.......... "

関連
・Wikipadia : チェニジア-----ジャスミン革命

DESERTEC Foundation: The TuNur Project -- Tunisian sun will light European homes by 2016

(DESERTECChannel,2012/01/24)

PROSOL and Desertec Seek Green Energy Future for Tunisia-----Tunisia Live,08 November 2011

"..........
DESERTEC, the world’s most ambitious solar power project, will start building its first power plant next year, a 500-megawatt (MW) facility in Morocco costing up to 2 billion euros ($2.8 billion). The first phase of the 12-square-kilometre Moroccan complex will be a 150-MW facility costing up to 600 million euros that will take two to four years to build.

Tunisian has joined the DESERTEC project. According to Bernd Utz, the head of the Project Desertec Initiative of the Renewable Energy Division within Siemens, Tunisia is the leader among the countries bordering the Sahara to take advantage of the project and will provide significant contributions in terms of skills.
.......... "

Desertec: Tunisia or Morocco? Foundation or Dii?-----solarnovus.com,13 FEBRUARY 2012-----(参考- April 2011 Masen (Moroccan Agency for Solar Energy) and the industrial consortium Dii agree on a co-operation project)

追加情報
Asian Super Grid For Renewable Energies Desertec Foundation Signs Memorandum Of Understanding-----DESERTEC Foundation,10 March 2012

ソフトバンク、モンゴルで風力発電 韓国公社などと-----日本経済新聞、2012/3/10

"..ソフトバンクは10日、モンゴルで風力発電事業を開始するため、モンゴルの投資会社ニューコムや韓国電力公社と建設事業の推進で基本合意したと発表.."

コメント続き

この巨大な2GWの集光型太陽熱発電(CSP)は、原発2基分の働きが期待されています。これまでヨーロッパやアメリカで建設されたものが数百MWクラスであったことを考えるといかに壮大な計画であるかがわかります。さらに、本格的な高圧直流送電線(HVDC)網の構築への足がかりを得るという大切な計画も含まれます。そして、チェニジアとヨーロッパの良好な関係の構築。課題が多そうです。
 ”エネルギーは、北は洋上風車から、南は地中海を超えて砂漠からやってくる!”という国や地域の枠を超えた再生可能エネルギーネットワークの構築の今後から目が離せなくなりました。今後の展開をできるだけまめにチェックするつもりです。

 このデザーテック、アジアとも関係があるようで、最近日本でも、ソフトバンクの孫さんが提唱しているゴビテックとも情報交換があるようです。今日、午後になって、日本語のサイトも見つけました。今回とりあげたチェニジアのプロジェクトの成功いかんでは、将来アジアにも波及しそうなプロジェクトに育つのかもしれませんね。(2t)

The Focus Region Greater East Asia(JP)

" グレーター・イーストアジアが持続可能な未来に向けて世界をリード
.....デザーテック構想は世界中で実現可能..... "

参考
Gobitec
/ Benefit for Japan
Gobitecsite
-----image : 上記サイト

韓国、台湾など周辺国と国際電力網構築 再生可能エネルギーの利用拡大も目指す-----J-Cast News,2011/10/28

" 前岩手県知事で元総務相の増田寛也氏を座長とする有識者や経済人らのグループ「日本創成会議」..... 「アジア大洋州電力網(エネルギー版TPP)構想」を発表.....欧州を視察した増田座長によれば、海底ケーブルによる送電線の敷設コストは「1キロメートル当たり1億円ちょっと」だという。このため、「韓国までなら200億円から300億円くらいで実現できる」という。
.......... "

集光型太陽熱発電 Concentrating Solar Power(CSP) / 自然エネルギーの世界-----自然エネルギー、2011/01/29



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村ランキング参加中。クリックお願いします!
上のバナーをクリックしていただくだけで当サイトの- 評価 -の向上になります。ご協力ありがとうございます。





greenpost(@greenpost) - Twilog-----twitter : greenpost
---しなやかな技術研究会のGoogleマップ2

[PR]

|

« DONG Energy、イングランド沖で世界最大3.6MW×102基、合計367MWの洋上ウインドファーム Walney wind farm の稼働を開始 | トップページ | アメリカエネルギー省、洋上風力発電プロジェクトに6年間で1億8000万ドル、約150億円の補助金を発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デザーテック DESERTEC、2016年にチェニジアの2GW集光型太陽熱発電(CSP)で発電し、高圧直流送電線(HVDC)でイタリアに送電する計画を発表:

« DONG Energy、イングランド沖で世界最大3.6MW×102基、合計367MWの洋上ウインドファーム Walney wind farm の稼働を開始 | トップページ | アメリカエネルギー省、洋上風力発電プロジェクトに6年間で1億8000万ドル、約150億円の補助金を発表 »